トランプ氏の大統領就任式が迫るも、メディアのトランプバッシングは頂点に!ISは暗殺予告、反トランプ派による暴動の恐れも!

Pocket

どんなにゅーす?

・トランプ氏の大統領就任式が目前に迫り、アメリカではかつてないまでの緊張状態に達している。

IS(イスラム国)はトランプに暗殺予告を出しており、日米などの西側メディアはトランプ批判をより加熱させ、選挙時以上のかつてないバッシングキャンペーンに発展。

反トランプ派(オバマ・ヒラリー派)による抗議行動も激化することが予想され、暴動や銃撃などによるケガ人や死者も懸念されているという。

スポンサーリンク

アングル:不人気トランプ大統領、就任式盛り上げ役はデモ隊か

[ワシントン 17日 ロイター] – 豪華なホテルやドラマチックなリアリティー番組で名をはせたドナルド・トランプ氏だが、第45代米国大統領に就任する20日の式典は、芸能界の大物らも出席せず、地味なものになりそうだ。

これまでの歴代大統領のように、トランプ氏も米連邦議会議事堂前で宣誓し、ペンシルベニア通りでパレードを行うが、就任を祝う舞踏会や、新大統領を迎える芸能人の数も少なく、華やかさに欠けるとみられている。

~省略~

ギャラップが1月4─8日に実施した世論調査によると、トランプ氏を支持すると答えた人が40%だった一方、支持しないとする回答者は55%だった。

一方、2009年にオバマ大統領が就任する前の、ほぼ同時期に実施された調査では、支持率は78%だった。同様に、2001年のジョージ・W・ブッシュ元大統領の場合は62%だった。

「トランプ氏の大統領就任式の特徴は抗議デモの多さだ」と、米国の歴史を伝えるラジオ番組の共同司会者であるブライアン・バログ氏は指摘する。

米国立公園局は27団体にデモの許可を与えている。ワシントン中心部にある国立公園ナショナル・モールでは就任式翌日の21日、トランプ氏に抗議する「女性の行進」が予定されているが、主催団体によれば、約20万人が参加する見通しだという。

【ロイター 2017.1.19.】

FBIら8000人配備 警戒強まる就任式“トランプ暗殺”実行予告

今月20日の就任式を目前に控え、トランプに敵対心を抱くISは米国内にいるIS支持者に対して暗殺を呼びかけている。首都ワシントンのラジオ局WTOPが、連邦政府職員からの情報として伝えた。

トランプ暗殺の脅威は、昨年11月の当選以来、増えている。ISは昨年12月にもトランプ暗殺を呼びかけるビデオを公表したほどだ。ネット上でもトランプの暗殺予告は出回っており、就任式が実行日だという。

【日刊ゲンダイ 2017.1.17.】

スポンサーリンク

テレビはオバマと比較しつつ「史上最低支持率」「有名スターが次々抗議メッセージ」など、これでもかとトランプ下げ報道を繰り返す”異常事態”に

トランプ(ツイッター)

出典:Twitter

せなちゃん素ssaaかなりの波乱が予想されているアメリカの大統領就任式が近づいてきたけど、日本のテレビがかつてなかったくらいにまでデタラメと歪みきった報道を繰り返しているわ。

トランプさんの「支持率40%&不支持率55%」といった、何で当選できたのかよく分からないような数字を報道しているし、ハリウッドスターや人気歌手といった、いわゆるお金持ちのセレブたちによるトランプ批判を繰り返し流すことで、トランプ批判をなかば「CM化」させて視聴者に強く刷り込むキャンペーンを展開しているわ。

こういうのを見ても、トランプ批判の裏には広告代理店とかの強大な資本勢力が動いていることが考えられるわね。

管理人ボクも、ここまでテレビが徹底的にデタラメを流しまくっている状態は見たことがなく、まさに全米や世界がかつてないまでの「異常事態」になっていることを強く感じている。

「アメリカの雇用や経済状態は非常に良くなっている」などと言いながらトランプの経済政策が「的外れ」と批判したり、若干怪しげな人権団体やキング牧師を持ち出して、トランプが下品なレイシストで差別主義者であることを強調したりと…まあ何でもありの展開となっている。

それから、「ISが暗殺予告を出している」という話も見逃せないことで、本気でISが嫌っているような人物をマスコミが一緒になって叩いているというところも抑えておくのがいいだろう。

 

トランプ次期大統領と徹底的に対立しているCIAの「正体」

管理人このような状況に、トランプ本人も自身の命の危険を感じているみたいで、プーチンに心境を綴った手紙を出したという情報も出ているけど、こうした状況の中でも特に頭に入れておくべきポイントは、「トランプがCIAと徹底的に対立している」という事態だろう。

トランプ次期大統領: CIAを縮小する

米CIA長官、トランプ氏に苦言 対ロ融和姿勢めぐり

CIAのならずもの分子が次期大統領トランプに反対して行動している

管理人このようにトランプとCIAが激しく対立しているのは、トランプ本人が9.11の真相を究明していく考えを示していることや、ISがCIA(とその傀儡政治家のオバマやヒラリー)によって創設されたものだと暴露していること、CIAが展開してきた、中東をはじめとする敵役テロリストを使った「偽旗作戦」によるでっち上げの戦争を批判してきたことなどが背景にあると見られており、トランプはCIAそのものが「アメリカ国家」のための組織ではなく、アメリカに寄生しているネオコン戦争屋のグローバリストの私物であることを知っていて、これを改めようとしている動きが見られることがネオコンたちの怒りを買っているものと考えられる。

ロシアのサイバー攻撃に関する情報も、CIAが一方的に出している一方で、FBIやその他の国家機関では懐疑的に見ていることもCIAの「特異性」を表わしており、さらにいえば、トランプに関する米国内のネガティブキャンペーンや反トランプデモなどもCIAが主導していることも考えられるだろう。

このように見ると、獰猛で好戦的な戦争屋勢力が特にトランプを嫌っていることが考えられ、この辺の勢力が震源となって、マスコミやヒラリー支持者などにトランプへのバッシングキャンペーンを指示している可能性が考えられるかと思う。

このような背景を繋ぎ合わせていくと、CIAこそ、世界の混沌や第三次世界大戦を熱望している勢力による組織であり、ヒラリーはこれらの忠実な傀儡なのに対して、プーチンやトランプは、これに反対して世界の破滅やこれらの勢力による国境の概念を排除した「新世界秩序」を阻止すべく、CIAと戦い続けていることが見えてくる。

そして、日米のマスコミが、こうした戦争屋に徹底的にコントロールされている状況であることがこの事態を通じて見えてくるし、大手マスコミがここまであらゆる手法を用いてトランプを徹底的にバッシングする報道を繰り返している「理由」が浮かび上がってくるね。

せなちゃん素ssaa逆に言えば、オバマさんやヒラリーさんは、まさしくこうした戦争屋CIAの忠実な使用人だったからこそ、マスコミ徹底的に保護されて、オバマさんなどは神のごとく賛辞されているってことね。

さてさて、すでにトランプさんの命の危険があることも含めて、彼が大統領としてまともに仕事が出来る状況なのか、全く混沌としている状況だけど、これから先どうなっちゃうのかしらね。

管理人こればかりはボクも、なってみないと全く分からないよ。

確かに、トランプ一人だけじゃ、いきなり世界をこうしたグローバリストの支配から変えていくにも、ほとんど不可能に近いような状況だし、そういう意味で、一部でウォール街の関係者を採用したり親イスラエルを掲げているのも理解できる部分もある

とにかく、はっきりしているのは、CIAに支配された大手マスコミがトランプを狂ったようにバッシングして、世界の人々にトランプに対する敵意を植え付けようと壮大なキャンペーンを行なっているという事実だ。

これをどのように捉えるかということと、トランプがCIAと激しく対立していることなど、いくつかのチェックポイントを参考しながら、彼の立ち位置ととアメリカや世界の未来を予測していくことになりそうだね。
いずれにしても、彼が暗殺されるなんていう事態になることだけは、どうにかして避けてもらいたいと思っているよ。

せなちゃん素ssaaトランプさんは確かにちょっと不可解な要素もあるけど、今まで強い政治家が誰も言ってこなかったような「世界の闇」を世界の人たちに暴いてきたことはゆるぎない事実だし、かつてないまでに富裕層や強い人たちにバッシングされ続けてきたことも確かね。

そういう意味では私は応援しているところもあるし、淡い期待を持っているところもあるわ。
どこまで世界の闇に切り込めるのかは分からないけど、プーチンさんと協力しながら、なんとか第三次世界大戦やグローバリストの新世界秩序を阻止する方向で頑張ってほしいわ。

管理人そうだな。
どうなるかは分からないけど、ひとまずはボクも、ここまでマスコミがいじめまくっているトランプには期待しておくことにしよう。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

2 Comments on トランプ氏の大統領就任式が迫るも、メディアのトランプバッシングは頂点に!ISは暗殺予告、反トランプ派による暴動の恐れも!

  1. 腹が立つ!大嘘付きトランプ!!!

    トランプが掲げている政策

    ●法人税減税(税率を35%から15%に引き下げ)
    ●個人所得税の減税(現行の7段階の累進税率を12%、25%、33%に引き下げ)
    ●キャピタルゲイン並びに配当に対する減税延長(現行の0%、15%、20%の税率を維持)
    ●相続税の撤廃
    ●TPP撤廃発言のすぐ後で、国内キーストンパイプライン開始(超環境破壊)と二国間貿易協定開始。
    ●自分は全く税金を払っていないくせに国民の税金を利用してメキシコへ壁を作って国民を借金漬けにする
    ●共和党への大口献金メンバーの非人道主義者たちを自分のキャビネットに据える金権政治
    ●自分は全く税金を払わず、国民が飢え、医療費に苦しんでいるにもかかわらず国民皆保険制度を敷くことをしない。
    ●自分たちが散々戦争を作っておきながら軍滞在費用を他国へ要請する。

    どう見ても金持ちの、金持ちによる、金持ちのための姑息な優遇政策。
    トランプは散々、ワシントンの「一部の金持ちと権力者」にだけ恩恵をもたらす政策の政権を非難しながら、実は、そういう最低で姑息な権力者を見逃すだけでなく、さらに、減税して儲けさせてあげるという政策なのですが。

    大丈夫ですか?!このブログ!!
    ヒラリー・クリントンが決して良いなどとは口が裂けてもいいませんが、バーニー・サンダース率いるプログレッシブ議員たちが存在している民主党はまだマシです。
    共和党こそが国民皆保険に反対し、議員全員がイラク戦争へ賛成し、公共福祉予算を削り、金持ち脱税ルールへと偏向し、金持ち優遇税金制度へと変えてきた悪の大玉ですが。
    その親玉となったトランプが労働者への発言をひるがえして、オーナーと金持ちに恩恵を与える政策へと早速切り替えていますが?
    彼のキャビネットは国民皆保険を圧力で潰して金持ち優遇を支持してきた共和党のボスであるミッチ・マコネルの妻であり、共和党大口献金者デボスであり、ウォール街バンカーですが。

    • アメリカ在住者さま

      コメントいただきありがとうございます。
      ・・・というか、かなりお怒りのようで…(^^;
      まずは冷静になられるのが良いかと思います。

      あなた様もご指摘されていますが、トランプがいくつかの矛盾を抱えていることは確かですし、ボクも別の記事で書いていますが、彼を積極的に支持しているわけでもないですし、批判的に見ている部分も多々あります。
      ボクは、「第三次世界大戦をひとまずは回避させる」の一点が決定打となってトランプを選んでいるだけですし、すでにあなた様が怒っているような変節も見られているかと思いますが、結果が出る前の段階では断定的に書かず、様子を見ながら複数の視点で物事を捉えていくのがこのサイトのスタンスです。

      また、(失礼ながら)文章を拝見したところ、多少極端に(情緒的に)物事を解釈しすぎるような部分や、幾分「善と悪」の二元論に凝り固まっているようなふしがあるのが気になりますが、あなたの論じ方を用いると、共和党も民主党もどちらも「悪の大玉」になるのではと思います。
      そもそもアメリカは二大政党制ではあるものの、その境界や政策の差は明確ではなく、どちらの政権でも軍産のための戦争を繰り広げてきましたし、ブッシュもヒラリーも全く同じ軍産複合体の傀儡であり、民主党のオバマによって貧富の格差がかつてないまでに広がり、そうした民衆の強いストレスが原動力となってトランプが当選しました。

      それにバーニー・サンダースも、ヒラリーを応援していた時点で幾分怪しい部分がありますし、ボクは彼も信用していません。

      トランプもヒラリーと同じ側の勢力に操られている可能性も見ていますし、まずは腰を落ち着けないと何も論じることは出来ませんので、ゆっくり息を整えつつ、(こんなサイトでよろしければ)また気が向けばコメントくださいませ。

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA