【やっぱり】TPPは11月4日に承認へ!民進党が自民党に歩み寄り!2日の衆院特別委での採決を経て本会議で可決の見通し!


どんなにゅーす?

・TPP承認法案は11月4日に採決されることがほぼ決定される。

・民進党・山井和則国対委員長が自民党・竹下亘議員と会談し、2日の衆院特別委で採決したのち、4日の本会議で採決することで合意。

スポンサーリンク

TPP承認案、4日衆院採決で合意 自民・民進

自民党の竹下亘、民進党の山井和則両国会対策委員長が1日、国会内で会談し、環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案について、2日の衆院TPP特別委員会で採決したのち、4日の衆院本会議で採決することで合意した。承認案と関連法案は与党などの賛成多数で可決される見通しで、今国会での成立が濃厚となった。

【朝日新聞2016.11.1.】

スポンサーリンク

民進党は自民党をサポートするためだけに存在する「サンドバッグ役」と化した

りのちゃん怒りssaいよいよ、TPP承認案が今国会で採決される可能性が濃厚になってきました。

これまで、自民党が強行採決を行なう見立てが大きかったですが、国民の反発を想定してか、民進党と合意をする形で採決…という手法を取ってきましたね。

つまりはこれも、自民党に向かうはずの怒りや批判の矛先を、全て民進党に向けさせるための、巧みな「世論工作」と思われます。

管理人この一件で、完全に今の民進党は、自民党をサポートする目的にだけ存在している「敵役政党」であることがはっきりと分かったね。

つまり、民進党は、国民の批判を自民党から民進党に向けさせる「サンドバッグ役」になっているということであり、完全なる「やらせ」「プロレス」が日本の政治で展開されているということだ。

これは実に巧みな世論誘導であり、いよいよ、野田氏や蓮舫氏など、彼らは国民の支持を徹底的に失おうと当選できる”特別な環境”を持っている可能性が出てきたとも言えるだろう。
つまり、現在民進党で主流派となっている松下政経塾の出身者も、日本会議と関係がある自民党の政治家同様に、CIAのバックアップがあることが考えられ、彼らは日本国内において、特別な地位が保障されていることが考えられる

したがって、彼らは不正選挙で当選できている可能性もあり、だからこそ、徹底的に国民に対する背信行為を思い切って出来ているものと考えているよ。
(そして、TPPを強力に推進している経団連も、今や純粋な日本企業のための組織ではないことも認識しておくのがいいだろう。)

 

日本が世界中で唯一ここまでTPPに突き進んでいる理由

りのちゃん困り2ssaアメリカですらも、国民や議員の反対でTPPがストップしている状況にも関わらず、なぜ世界で日本だけがTPPにたった一人で突き進み続けているのでしょうか?

管理人本来であれば、アメリカでも、日本と動きを共にしながらTPPを推進しようとしていたはずだけど、これは、途中でアメリカ国民が「TPPの実態」に気がつき、反対が多数を占めてきたところが大きい

こうなると、不正選挙でもない限り、TPPに賛同する議員が当選するのが難しくなり、結果、庶民から末端議員の間で反対が広がり、オバマ以外の多くの議員が反対に回ったことで、TPPがストップしている状況だ。

アメリカ国民が薄々気づき始めている通り、TPPとは、国家間の条約ではなく、実質、国家を支配しているロスチャイルドやロックフェラーら、強大な金融資本勢力のための「国家を私物化するための制度」だ。

アメリカ国民も徐々にこれらの「影の支配勢力」の存在を知り始めており、今まで散々連中に騙されて無意味な戦争にお金を費やされてきたことも勘付き始めている状況だ。

そしてTPPについても、連中に富を徹底的に吸い上げられ、ますます貧乏化が進んでいくのが分かってきたために、次々反対に回り始めたのであって、同じような現象が他のTPP加盟国の間でも起こっている

なので、このような状況に焦った金融資本マフィアが、マスコミの影響を受けやすい日本国民に狙いを付け、民進党や自民党の政治家に強烈な圧力を加えながら、マスコミを使って国民を徹底的にコントロールし、日本を中心としてTPPの流れを世界的に作っていく工作を展開していると見るのがいいだろう。

つまり、情けないことに、海の向こうの支配層によって、日本は完全に足元を見られてしまっているのが現状で、国民が政治に無関心で、日々のブラック労働などに疲弊しているのをいいことに、自由自在に日本全体をコントロールし、世界に先駆けて、日本を一足先にTPPの世界に引き摺り込もうという魂胆が働いているものとボクは見ているよ。

 

まとめ

りのちゃん困り3ssaいよいよ、日本がTPPに引きずり込まれてしまうのが時間の問題となってきました。
一刻も早く、日本国民が他の国同様に目覚めないと、大変なことになりそうですね…。

管理人確かに多くの人は覚醒しつつあるけど、残念ながらまだまだ大多数の日本国民は気がついていない状況といえる。
一日も早く、国家の上に存在している強大な資本勢力の存在、これらが世界の戦争を引き起こしていること、そしてTPPがこうした影の資本勢力の利益のためだけの条約だということを分かってくれればいいんだけど…。

何とか、日本がこのまま破滅に突き進んでいかないように、ボクもこれからも引き続き、色々な情報を発信していこうと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

2 Comments on 【やっぱり】TPPは11月4日に承認へ!民進党が自民党に歩み寄り!2日の衆院特別委での採決を経て本会議で可決の見通し!

  1. もう、この国は腐りきってますよ。
    TPPが決まりそうなのに、毎日毎日小池小池  隣の国の不祥事に熱心
    我国の、白紙領収書やTPPの危険性は完全無視。
    こないだの水道まで外資に乗っ取られるという話はぶったまげました。
    こんなこともほとんどの人が知らないでしょうね、、、マスコミが腐ってるから。
    水資源までのっとられるって、『007 慰めの報酬』で、やってたけど我国で起こりつつあるなんて・・・
    水資源のために中国は海洋進出、、、それに比べ周りは海に囲まれ日本はいいな!って話だったけど、、、、何を好き好んで外国に売り渡すかな~~~?
    すいません、、、私、ゆるねとにゅーす さんほど人間が出来てなくて、、、短気なもんで。
    こんな腐った国は、とことんひどい目をみないと分からないと思ってます。
    政治家、マスコミ、無関心な国民・・・・何を考えているのやら?

    • 樽見京一郎さん

      こんばんは!(^^)

      >すいません、、、私、ゆるねとにゅーす さんほど人間が出来てなくて、、、短気なもんで。
      >こんな腐った国は、とことんひどい目をみないと分からないと思ってます。
      >政治家、マスコミ、無関心な国民・・・・何を考えているのやら?

      ボクや京一郎さん、そして当サイトに定期的に来てくださっている読者の方々のように、日本や世界の情勢や政治に興味を持ち、自らで考える「感性」を持つ人が、せめて半数ぐらいになれば日本も変わると思うのですが…。
      残念ながら、今のままでは行くところまで行ってしまう様相になってきました。

      それでも、理性を失い取り乱してしまうと、情報発信者であるボクは足元をすくわれてしまうので、出来る限り理論的に現在の政治の腐敗を追及し続けていこうと思います。

      そして、水道も結構マズイ展開です…。
      人間が生きるのに必要な水は、絶対に得体の知れない民間や外資に売り渡してはならないのです。

      【危ない】安倍政権が水道民営化への動きを加速か!?2017年に法改正!TPPで最後は外資に乗っ取られるシナリオも!

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA