【激おこ】政府&東電が福島原発事故の廃炉・賠償費用8兆円以上を国民に負担させる計画!

Pocket

「原発は安い」という説はまさに大嘘の状態に…

スポンサーリンク

“国民負担”8兆円超を検討 原発の廃炉・賠償で

1

2

3

4

政府は、原発の廃炉費用などのために新たに8兆円余りという莫大(ばくだい)な費用を利用者に負担させる形で調整に入ったことが分かりました。そのうち、福島第一原発の廃炉に4兆円、賠償に3兆円。また、今後、原発の廃炉費用が足りなくなるとして1.3兆円を充てるとしています。

~省略~

経済産業省内でも国民への付け回し策であり、事実上の東電救済に国民の理解が得られないとの声が上がっています。「原発が安いというのは嘘だった」という批判は避けられそうにありません。

【Yahoo!ニュース(テレ朝news)2016.9.16.】

あおいちゃんキレ1ssaはああ!?なんなのこれは~!
散々「原発は安い」って宣伝しまくっていたくせに、蓋を開けてみれば、とんでもないことになってるじゃない!

おまけに今も東電の幹部とかは高い給料もらっているくせに、原発事故のツケや他の原発の廃炉費用まで、無制限に全国民の電気代に上乗せするつもりみたいだけど…!

管理人なんだか、すごく久々に大手メディア(テレ朝)がメディアらしい報道をしてくれた感じがするね。

本当にこの記事の言うとおりで、原発事故の後処理や他原発の廃炉費用をざっと換算してもここまで莫大な費用がかかり、しかもこれをちゃっかりと国民に負担させるというのは、今までの「原発はコストが安い」という言説と完全に矛盾していると言えるだろう。

つい最近廃炉の方向がようやく決まったもんじゅだって、年間維持費が200億円以上かかってたし、まさしく、今回の事例が示しているように、原発というのは、何より一度事故を起こしてしまうと、天文学的な事故処理の費用が掛かってきてしまう

事故処理を請け負う業者にとっちゃ嬉しいのかも知れないけど、国民にとっては事故の後始末に巨額の費用を徹底的に払わされるなんて、まさに最悪の状況だ。

今まで政府や電力会社、御用学者などがボクたち国民をさんざん騙してきたこと、そして、事故を起こした責任を取るどころか、国民にそのツケを覆い被せようとしている政府と東電に、国民はもっと怒る必要があるのではと思うよ。

スポンサーリンク

巨額の事故処理費用を発生させた福島原発事故を引き起こした”本当の元凶”は安倍総理だった!?

もう一度言う、福島原発事故の主犯は安倍晋三だ! 第一次政権時に地震対策拒否、事故後もメディア恫喝で隠蔽…

 だが、福島原発の事故に関して安倍首相はきわめて直接的な責任を負っている。第一次政権で今と同じ内閣総理大臣の椅子に座っていた2006年、安倍首相は国会で福島原発事故と同じ事態が起きる可能性を指摘されながら、「日本の原発でそういう事態は考えられない」として、対策を拒否していたのだ。

~省略~

まず、吉井議員は「原発からの高圧送電鉄塔が倒壊すると、原発の負荷電力ゼロになって原子炉停止(スクラムがかかる)だけでなく、停止した原発の機器冷却系を作動させるための外部電源が得られなくなるのではないか。」という質問を投げかけていたのだが、安倍首相はこんな答弁をしている。

「外部電源から電力の供給を受けられなくなった場合でも、非常用所内電源からの電力により、停止した原子炉の冷却が可能である。」

吉井議員はこうした回答を予測していたのか、次に「現実には、自家発電機(ディーゼル発電機)の事故で原子炉が停止するなど、バックアップ機能が働かない原発事故があったのではないか。」とたたみかける。

しかし、これについても、安倍首相は「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない。」と一蹴。

これに対して、吉井議員はスウェーデンのフォルスマルク原発で、4系列あったバックアップ電源のうち2系列が事故にあって機能しなくなった事実を指摘。「日本の原発の約六割はバックアップ電源が二系列ではないのか。仮に、フォルクスマルク原発1号事故と同じように、二系列で事故が発生すると、機器冷却系の電源が全く取れなくなるのではないか。」と糾した。

すると、安倍首相はこの質問に対して、こう言い切ったのである。

「我が国の原子炉施設は、フォルスマルク発電所一号炉とは異なる設計となっていることなどから、同発電所一号炉の事案と同様の事態が発生するとは考えられない。」

【リテラ2016.3.11.】

管理人リテラでとても詳しく報じられているけど、福島原発事故が発生してしまった原因の一つとして、2006年の第一次安倍政権で、当時の共産党議員だった吉井英勝衆院議員から、原発の安全対策について質されたものの、安倍総理がこれをほとんど相手にせずに、適当な答弁で一蹴してしまったという”一件”がある。

その際には、福島原発事故で水素爆発を起こした原因として言われている「全電源喪失」の危険性も指摘されており、この際に吉井議員の指摘どおりに、今一度安全対策を見直しておけば、あのような大惨事を防げたかもしれなかったんだよ。

あおいちゃん驚きssaえええ!?
そ、そんなことがあったなんて、全然知らなかったわ!
それじゃあ、その時に安倍総理が吉井議員の話をまともに聞いて、しっかりと原発の安全対策を見直しておけば、ああいう事態にはならなかった可能性があったってこと!?

管理人ああ。あの原発事故は、原子炉を冷却するための電源装置が津波の水を被ってしまったせいで故障してしまったのが”一番の原因”と言われているから、電源装置を水が被らない場所に設置するなど、バックアップを何重にも施すことが出来ていれば、そもそも原子炉は爆発せずに、放射性物質が飛散することもなかったかもしれないんだ。

だから、「全く想定できなかった事故だった」というのは実は間違いで、ああいう事故の可能性を指摘していた人も実際にはいたし、事故を防ぐためのチャンスは過去に確かにあって、その中でもこの記事に書かれている吉井議員と安倍総理の国会でのやり取りが、その最大のチャンスだったかもしれないんだよ。

 

日本を大きく傾かせた原発事故を引き起こした”張本人”が絶対的な権力を手にし、この国を完全支配している「奇妙さ」

管理人現在、豊洲市場の問題で石原慎太郎氏が”元凶”として叩かれ始めてきているけど、そういう意味では、安倍総理も福島原発事故を引き起こした”元凶”として、石原氏と似たようなものではないだろうか。

しかし、そんな当の安倍総理は、当時の菅総理のことを「海水注入を止めさせて爆発を起こさせた張本人」などというデマの情報を流しては、民主党の崩壊後、ちゃっかりと総理大臣に復帰
さらには「アンダーコントロール」と世界に向けて堂々とうそぶいては、今現在も圧倒的な支持率を手にし、ますます権力を強化させている現状だ。

こういう風に過去の歴史を辿ってみると、現在安倍総理がここまで、過去類を見ないほどに圧倒的な力を手にしているのも、なんだか奇妙だし、こういう人間がこれからも日本を支配していくことを思うと、なんともいえない気分になるね。

あおいちゃんかなり困りssaつまりは、ここまで国民が莫大な事故処理費用を負担させられるハメになっているのも、当時の安倍総理が、共産党議員の指摘をまともに聞き入れようともしなかったのが原因になった可能性もあるってことよね。

それでも、ここまで圧倒的に支持されているって言うのも、かなり変な話だし、これって結構不幸なことだと思うわ…。

管理人国民も「こういう話」を知らない人が多いのかもしれないね。
ボクはこういう安倍氏の人柄や過去の行ないを知っていたからこそ、いつも厳しく批判し続けているんだけどね。

こういう話を聞いたり、ここまで国民が福島原発事故の後始末をさせられる現状でも、国民は安倍政権をなんとなく支持し続けるのかな
なんにしても、(久々にナイスな報道のお陰もあって)今回の一件については結構批判の声が出始めているみたいだし、国民はもっと明らかに理不尽なことについては自己主張していかないとダメなのではと思っているよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket