【おかしい】都内の小学校でも北朝鮮からのミサイル訓練を開催!一方で安倍総理は「圧力」連呼で北を挑発し、ミサイル攻撃の脅威を高め続ける!

Pocket

どんなにゅーす?

・日本各地で北朝鮮のミサイル攻撃に備えた訓練が開かれている中、都内の小学校でもミサイル攻撃に備えた訓練が開催された。

・その一方で安倍総理は、北朝鮮に対して「異次元の圧力をかける」などと最上級の挑発発言を繰り返しており、主要各国が対話や外交を呼びかけている中で、日本国民がミサイル攻撃を受ける危険性を高めるような行動を取り続けている

スポンサーリンク

北のミサイル発射警戒 都内の小学校で訓練

北朝鮮によるミサイル発射に警戒が続く中、8日朝、東京・千代田区の小学校では弾道ミサイル発射のJアラートがあった際、児童が身を守るための訓練が行われた。

8日午前8時25分、弾道ミサイルが発射されたという校内放送があると、児童250人が一斉に廊下へ出て、低くかがんで頭をかかえた。4分後に「安全が確認された」とアナウンスされると教室へ戻った。

この小学校では9日の北朝鮮の建国記念日を前に訓練を行ったということで、千代田区では今後も、学校側の要望に応じて実施するという。

【日テレNEWS24 2017.9.8.】

スポンサーリンク

ついに東京の小学校でも、こんな風にミサイル訓練が行なわれる事態になってしまいました。
その一方で、当の安倍総理はと言うと、どうにかして北朝鮮からのミサイル攻撃を受ける事態を回避するような行動を取るどころか「異次元の圧力を」などと言いながら、ますます北への挑発を強めている始末で、逆に日本へのミサイル攻撃を促しているようにも見える状況です。

子供たちは本当に素直なので、されるがままにこのような訓練を受けているけど、俯瞰して見ると、おかしな点がいくつも見られるね。
ミサイル攻撃を受けないように懸命な外交努力や調整を行なっている上で、万一に備えてこのような訓練を行なうのならまだしも…森友・加計疑獄などの政権の不祥事から国民の目を逸らさせる思惑があることで、安倍総理は「圧力圧力」と繰り返しながら、一生懸命に北朝鮮の金正恩を怒らせるような行動を繰り返しているようにしか見えない

こうしたミサイル攻撃に備えた訓練を子供たちにやらせたりしているのも、真にミサイル攻撃に備えた訓練というよりも、北の脅威を国民間に植え付けつつ、その上で政権の不祥事を隠し、さらには自らの元締めである米軍産の高価な兵器を買うことを国民に同意させる目的でやっているようにしか見えないんだよね。

もしそうだとすれば、純粋な子供たちをも利用した非常に悪質な世論誘導・洗脳工作であり、もっと大人たちは安倍総理のこうしたおかしな点に着目し、様々な疑いの目を持った方がいいのではと思うよ。

私たちが、思考停止の「なすがまま」になってしまうと、ますますこうした軍産勢力の騙しや世論誘導に引っかかり、兵器産業をますます潤わせるだけでなく、いずれは本当の戦争に発展する事態をも誘発してしまいます。
安倍総理は、(こうした背景から)「北朝鮮は絶対に日本にミサイルを撃ち込んでこない」と知っている(思い込んでいる)上でやっているのかもしれませんが、いつこの均衡が崩れてしまうかも分かりませんし、このような危険かつ悪質なパフォーマンスや世論誘導は一刻も早くやめるべきです。

そうだね。
とにかく、ボクたち大人が、もっと本質を見極める目と様々なことに疑問を持つ探究心を持つことが大切だし、こうした「どこからどう見てもおかしな安倍総理の行動」に対して、もっと怒りの声を上げる必要があるんじゃないかな。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket