苫米地英人氏が仰天解説!ロシアとの北方領土進展の背景にアメリカとの「裏取引」!?引き換えにTPP大幅譲歩&強行採決!


NSAから予算をもらっていたという苫米地氏の大胆予言

スポンサーリンク

↓苫米地氏の仰天解説は23:40くらいから。

出典:YouTube

2

出典:YouTube
スポンサーリンク

管理人10月20日に放送された、東京MXの「バラいろダンディ」で、おなじみ苫米地英人氏が、スタジオが騒然とするほどの仰天解説を行なったので紹介しようと思う。

苫米地氏は「かつてNSAから予算をもらっていた」「後輩のスノーデン君同様に明日から姿を消すので…」と前置きした上で、驚きの日本の裏事情や近未来を予言

「日本がロシアとここまで北方領土問題などで関係の進展に向かっている背景には、辞任直前のオバマ大統領との密約がある」と語り、「日本がロシアと関係を深めるのをアメリカが黙認する引き換えに、安倍政権はTPPを大幅譲歩して10月中に強行採決する」と断言。

さらには、欧州版TPPともいえる「日EU EPA」についてもすでに秘密裏にEUと交渉を進めており、「12月にはユンケル委員長と電撃合意に至る」と語り、これらの材料を引っさげて「安倍政権は2016年12月中に衆院解散総選挙を行ない、大勝利を収める」と予言

あまりに、突拍子も無い仰天暴露ばかりで、どこまで本当なのか?という気はするけど、特にロシアとの関係改善のくだりについては、ボクは妙に納得してしまったんだよね。

 

日露の関係進展に、アメリカが関与していないはずは無い

りのちゃん怒りssaそういえば、管理人さんは以前から、ロシアと安倍政権が急速に距離を縮めて、北方領土問題で進展する雰囲気になっているのを見て、「手放しで喜んでいいものか」「何か落とし穴があるのでは?」と疑って掛かっていましたよね。

管理人

ボクは、ついこの前にも書いたけど、ここまでロシアと日本が「平和条約の締結」も含めて急速に距離を縮めてきているにもかかわらず、アメリカが異常なまでに静かであることが非常に不可解で、実に不気味に感じてきていた

しかし、確かに苫米地氏の言うように、TPPの大幅譲歩&強行採決を引き換えに、ロシアとの関係進展を黙認されたというのであれば、全て合点がいく。
苫米地氏も言っているけど、過去を見てみても、北方領土問題改善のために暗躍していた鈴木宗男氏が逮捕されており、これもアメリカ側の圧力であると見る声も多い

ボクも、こうした鈴木宗男氏や、中国と独自ルートを作ろうとして失脚させられた田中角栄氏と異なり、安倍総理が安泰でいることが非常に不思議に感じていたけど…こういう「裏事情」があったのなら全ての辻褄が合うね。

 

苫米地氏の予言どおりにNHKが日EU EPA交渉の加速を報道

EU 日本とのEPA 年内の政治合意へ交渉加速支持

EU=ヨーロッパ連合の首脳会議は2日目、貿易に関する協議を行い、日本とのEPA=経済連携協定について年内の政治合意に向けて交渉の加速を支持することなどで一致し、閉幕しました。

ベルギーの首都ブリュッセルで開かれていたEUの首脳会議は、21日、貿易に関する協議を行って2日間の日程を終了しました。

このうちEUと日本の間の貿易やサービスの自由化を目指すEPA=経済連携協定について各国は、年内の政治合意に向けて交渉を加速させる方針を支持することで全会一致しました。
【NHK NEWS WEB 2016.10.22.】

りのちゃん怒りssa苫米地さんが「安倍総理が日EU EPA交渉の電撃合意に向けて裏でこっそり進めている」と話したことにスタジオがざわついていましたが、これを裏付けるかのように放送の2日後にNHKが報道を出してきましたね

管理人このニュースはかなり重要なもので、TPPだけに注目しがちだけど、(意図的に隠されてきた可能性がある)こっちに対してもかなり警戒をしておくのが良さそうだね。
しかも、こちらは圧倒的に知名度が低いせいか、これらについて詳しく解説した日本語の解説サイトもあまりない

実際これらがどういった内容なのか、なるべく早くに分析をする必要があるし、日本にとってどれだけ不利な内容が盛り込まれているか、詳しく精査していかなければならないかと思うし、ボクたち国民が全く知らない中で、日本の国の仕組みが大きく変わっていく貿易制度がどんどんと進められていっているということは知っておかなければならないだろう。

 

まとめ

りのちゃん怒りssa今回の苫米地さんの話、上記の話以外にも気になることが色々含まれていましたね。

管理人蓮舫氏が、近日中に大手週刊誌にいくつかの大スキャンダルを報道されて、民進党が崩壊するという話もインパクト大だったね。
ボクも、(色々と爆弾を抱えていそうな)蓮舫氏が民進党の代表に就任したことに、一抹の不安や懸念を持っていたけど、これについても注意をしてみておくのが良さそうだ。

どちらにしても、これらは全て近い未来の話なので、(NSAの工作員だったと自ら語る)苫米地氏の予言が当たるのか、是非とも注目をしていきたいと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA