「日本サプリメント」の商品がトクホ取り消し!そもそも「特定保健用食品」はかなり怪しい制度!


「ぺプチド茶」「ペプチドエースつぶタイプ」など、届け出た成分が含まれていないことが分かり、消費者庁が認可取り消し

スポンサーリンク

トクホ 初の許可取り消し 届け出の成分含まれず

「血圧が高めの方に適している」という内容で、国の許可を得てトクホ=特定保健用食品と表示して大阪の会社が販売していた粉末飲料などの商品に、実際には届け出られた成分が含まれていないことがわかり、消費者庁はトクホの許可を取り消す処分を行いました。トクホの許可が取り消されるのはこれが初めてです。

消費者庁がトクホ=特定保健用食品としての表示の許可を取り消したのは、大阪の会社「日本サプリメント」が販売していた、「ぺプチド茶」「ペプチドストレート」「ペプチドスープEX」「ペプチドエースつぶタイプ」、「食前茶」、「豆鼓エキスつぶタイプ」の、合わせて6つの商品です。
【NHK NEWS WEB 2016.9.24.】

管理人報道によると、日本サプリメントが販売している6商品が、国に届け出ていた成分が含まれていなかったということで、認定されていた特定保健用食品(トクホ)の取り消しが行なわれたということだ。

まあ、届け出ていた成分が実際に含まていないというのは、普通に考えても消費者を騙しているような行為に当たる上、この事実を認識してから2年以上も放置していた会社側の対応はかなり酷いと思うので、取り消しになるのは至極当然だと思えるだろう。

りのちゃん困り2ssa確かに、この会社の対応はかなりずさんでひどいものですが、そもそも、「特定保健用食品(トクホ)自体がかなり怪しいものなのでは?」という声もたくさん出ているのも事実かと思います。

管理人その通り。
どうやら、調べれば調べるほど、このトクホというものはかなり怪しいもので、「本当に効果があるのか?」という疑いの声も多く出ているのも事実だ。

なので、今回はこういうニュースが出回ったのを機に、この特定保健用食品について、その概要と実態について見てみようかと思う。

スポンサーリンク

特定保健用食品(トクホ)とは?

管理人トクホとは、消費者庁長官が認可している(以前は厚労省が認可していた)もので、建前上はこのようなものらしい。

からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中 のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするの に役立つ、などの特定の保健の用途に資する旨を表示するものをいいます。

【消費者庁】

確かに、実際にこういう効果が見込まれるようなものなのであれば、トクホというのも有用なものかと思われるね。

ところが、様々な情報を集めてみると、この制度には色々な問題点があるようだ。

 

トクホの問題点その1:天下り組織に認可をお願いする

管理人巷に流通している商品をトクホに認可するかどうかの権限は、「日本健康・栄養食品協会」という公益財団法人などいくつかの機関が握っているようだ。
実は、これらの組織は実質厚労省の天下り機関となっており、これらの機関に認可をもらうために、業界内で金銭的な癒着が指摘されているのが現状だ。

トクホの利権が絡み合う実は危険な「人工甘味料」トクホ飲料

つまり、トクホに認定されるのかどうかは、実際に指定された成分を含み、なおかつこれら組織に気に入られるかどうかにかかっており、実際にトクホが高めの値段で売られている理由も、こうした「諸経費」が上乗せされている可能性もあるということになるだろう。

 

トクホの問題点その2:普通に身体に悪い成分が多く含まれている

管理人驚くことに、コーラまでもがトクホに認定されているけど、これらには人口甘味料のアステルパームなどの成分が普通に含まれている
アステルパームは、昔からその人体への悪影響について色々な意見が出ており、摂取をなるべく控えたい物質であることは変わりない。

また一部のお茶などに含まれている高濃度カテキンも、「脂肪燃焼を促す」という効果も疑問視されているどころか、肝機能障害などの副作用すらも報告されており、これも、自然のお茶に含まれているカテキンとは全く異なるものであると認識したほうが良さそうだ。

つまり、簡単に言ってしまうと、トクホを摂取し続けることで身体が健康になるというのは、全くのデタラメで、逆に他の清涼飲料などと同じで、多量に摂取すると逆に健康を害する恐れがあるということがいえるだろう。

 

結論:トクホとは、役所と業界が癒着し、儲けるために作られた制度である可能性が高い

りのちゃん困り3ssaな、なるほど…。
つまり、トクホというのは、真剣に国民の健康を促進するために作られたものではなく、ただ単に、厚労省や消費者庁のお役人とメーカーが結託して、お互いがより儲けようという狙いで作られたものである可能性が高い…ということですね。

管理人まあ、いつものパターンというべきか、上級国民というか、既得権勢力の利権が絡み、自分たちがオイシイ思いをするために、「ブランド」が大好きな国民を巧みに騙して高価な商品を売りつけている、というのがぶっちゃけた実情みたいだね。

つまり、トクホを無防備に信用してしまって、これらを懸命に毎日摂取し続けるというのは、結構危険なことだとボクは思うよ。

この度は、悪徳な会社が正しい含有成分を報告せずに、「認可取り消し」ということになったわけだけど、そもそもトクホ自体も「怪しいもの」として、ボクたちは認識しておくのが良さそうだね。

りのちゃん困り2ssaやはり、日本の食品の安全基準は、ゆがんだ利権構造が邪魔をして、かなり立ち遅れていると見るのが良さそうです。
こういう”裏事情”を認識した上で、私たちはしっかりと情報収集と商品を見極め、自分自身で健康管理を徹底させていくしかなさそうですね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA