特別防衛監察の結果が出るも、稲田氏の関与は不透明なまま!「大臣へ報告があったことを否定できず」「大臣の方針決定や了承はなかった」

Pocket

どんなにゅーす?

自衛隊の日報隠蔽問題において、稲田防衛相が特別防衛監察の結果を発表したものの、稲田氏本人の関与があったのかどうかはあいまいなままの報告となった。

・報道では、複数の関係者が「稲田大臣に日報が存在していたことを報告している」と証言しているものの、特別監察では、「(稲田大臣に対して)何らかの報告があった可能性は否定できない」とした一方で、会議において「(大臣自身が)隠蔽の方針決定や了承をしたことはなかった」としており、辞任を発表した稲田氏本人も、重ねて隠蔽の了承を否定した。

スポンサーリンク

日報データ非公表、稲田氏の関与認定せず 特別監察結果

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた陸上自衛隊の日報問題で、稲田朋美防衛相は28日、特別防衛監察の結果を公表した。日報の電子データが陸自に保管されていたことを非公表にした経緯に、稲田氏が関与したかが焦点だったが、稲田氏が出席した幹部会議で「方針決定や了承はなかった」と結論づけた。会議でデータの存在が稲田氏に報告されていたかについては、「何らかの発言があった可能性は否定できない」とあいまいな指摘にとどめた。

【朝日新聞 2017.7.28.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ほとんど矛盾するような曖昧な監察結果に批判が殺到!さらに、当初「破棄された」としていた日報が実際には数多く保存されていた実態も判明!

出典:Twitter(@tohohodan)

↓日報の保有状況を示した文書。共産党高橋千鶴子議員のツイッターより。

出典:Twitter(@chiduko916)

本日、防衛省による特別防衛監察の結果が発表されましたが、予想通りというべきか、やはり、稲田大臣の関与を決定付ける文言は盛り込まれず、非常にあいまいな内容だったことにネット上でも批判が多く集まっています。

「(稲田大臣に対して)日報が存在していたことを報告した可能性を否定できない」としながらも、「稲田大臣が隠蔽を了承した事実はなかった」なんて、ほとんど矛盾するような内容だからね。
そもそも特別防衛監察とは、防衛大臣が指示することで行なわれる”内部調査”なので、結局は稲田氏や安倍政権側の意向が多く入り込んでしまうのは避けることが出来ないだろう。

それよりも、この問題の最大の本質は、「日報の存在について、当初”破棄した”と、事実を違うことを発表し、情報開示請求に応じなかったことで、南スーダンでの危険な状況が隠蔽。これが結果として、安倍政権がやろうとしていた自衛隊の危険任務の決定を後押しさせたこと」だろう。

その後に、日報が実際には存在していたことが分かり、これを「公表するかどうか」の話し合いが幹部の間で行なわれたとされているけど、これは果たして本当なのか?

ボクもこの問題が発覚した当初から、意図的に日報を隠した可能性を疑ってきたけど、やはり、現地の危険な様子が記されていた日報が長らく隠されていたことを考えると、安倍政権本体の関与を疑わざるを得なくなってくる

これ以上この問題を掘り下げられると、いよいよ「疑惑の本体」に行き着くことを感じた安倍政権が、稲田大臣と防衛幹部、陸自のトップを辞めさせることで一気に幕引きを図り始めた可能性もあるかもしれませんね。

実際にここまで日報が多く保存されていた現状が分かった以上、この問題は想像以上に根が深いもののように感じる。
これも、安倍政権による徹底的な”官僚支配”の強権的な政治がもたらしたものである可能性もあるし、稲田氏一人だけでこれら一連の判断を行なったことも考えづらい
どちらにしても、この稲田大臣の辞任だけでおしまいにせず、国民は今後も徹底的な真相の究明を求めて、声を上げ続けていく必要がありそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket