【都知事選】宇都宮健児氏は出馬を取り下げず!与党に続き、野党も見事に分裂!増田氏に断然有利な展開に!

Pocket

宇都宮氏の出馬により、強固な組織票を持っている自民・増田寛也氏にとって願ったりの展開に…!

1

出典:YouTube
スポンサーリンク

宇都宮氏、出馬辞退せず…知名度頼みの選挙批判

東京都知事選(31日投開票)の告示が14日に迫る中、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が12日に野党4党の統一候補として出馬することになり、去就が注目されていた元日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏(69)は13日午前、報道陣の取材に応じ、「基本的な姿勢は変わっていない」と述べ、出馬を辞退しないことを明言した。

【読売新聞2016.7.13.】

管理人これは…野党側に一気に暗雲が垂れ込める状況となってきた
昨日は立候補を取り下げることにも含みを持たせていた宇都宮さんだけど、今日になって立候補を取り下げないことを明言

これにより、野党側も票が真っ二つに割れることがほぼ確実となったぞ。

りのちゃん困り3ssaこれは…。。。
やはり結果としては、早くから立候補を明言していた宇都宮さんを早々に野党4党が推薦していれば、こんなことにならなかったといった感じですね…。

スポンサーリンク

主張にも正当性がある宇都宮氏の決断を責めることは困難

管理人ボクも、以前から宇都宮さんを野党共闘候補として擁立すればいいのではと、ここでも何度か言ってきたけど、最もマズイ展開となってしまったね。

ただ、宇都宮さんの主張は基本的に全てもっともで、彼からしてみれば、最後に鳥越氏が突如名乗りを上げたかと思ったら、民進も共産も素早く彼の支持に回っちゃったからね…。
宇都宮さんは過去に複数回都知事選に立候補している身で、おまけにあと一歩の所まで票を集めたキャリアも持っているから、これに対して「はあ?」ってなるのは当然だと思う。

野党が万全の体制で戦うには宇都宮さんが降りてくれるのが一番だったんだけど、立候補を取り下げなかった彼のことはちょっとボクも責められないな。

ただ、皮肉にも、これで一気に自民党側の候補、とりわけ増田氏が圧倒的優位に立ったことは間違いないだろう。
小池百合子氏にとっても有利になったとは思うけど、なんせ増田氏は公明党とさらに各業界の組織票を始めから手にしている状況だ。

小池氏は日本会議の国会議員懇談会の副会長だから、その影響で日本会議に参加している新興宗教団体の票が入るかもしれないけど、オリンピック利権筆頭の”既得権益層”は、どうやら増田氏が都知事になるのを望んでいるみたいだからね。

りのちゃん困り2ssa・・・ということは、これでますます増田氏が当選する可能性が高まったということでしょうか。

管理人これはガチで選挙をやっても増田氏が勝つかもしれないね。
ボクは、もし自民党が推す人物の当選が難しい場合には不正が行なわれる可能性も見ていたけど、もし増田氏が勝てない展開になっても、それぞれが綺麗に票が分かれる可能性が出てきたので、僅かな票の移動などの不正がやりやすい展開にはなったかと思う。

ただし、ボクは「小池氏当選の可能性」も完全には捨ててはいない
これは、まだ、本当に小池氏は自民党内でガチで排除されているのかどうかの確証が取れていないからだ。(つまり、ケンカをしているフリをしている可能性があるということ)
もし、増田氏の当選工作がどうしても上手くいかないと踏んだ時には、小池さんを「Bプラン」として当選させることで、結果オーライにしようとしている(つまり小池氏を保険にしている)可能性もなくはないと見ているよ。

いずれにしても、今の状況だと、(投票率も大きなポイントになってくるけど)投票率が従来どおりに低い場合には、増田氏が当選する確率がぐっと高まってきたということだ。
そして、残念ながら、今のままでは鳥越氏も宇都宮氏も、共倒れによって当選はちょっと難しいかと思う。

りのちゃん困り3ssaなんていうか…一時は「自民党が自滅の道へ…!」などと騒がれましたが、回りまわって結局は、またまた自民党の既得権側の思い通りの展開になってしまいましたね…。

管理人宇都宮さんを早くに擁立しなかったこともそうだけど、民進党は「果たして真剣に都知事に勝とうとしていたのか?」という気はしてくるな。
それと、野党側は、あまりに選挙に勝つための戦略がなさ過ぎる感がある。

鳥越さんについても言えるけど、「どうにかしたい」という思いはよく伝わるけど、それがちょっと空回りしてしまっている感じは否めないんだよね…。
それが結局完全に裏目に出たりして、相当損をしているように傍から見ていて思うよ。

りのちゃん困り2ssaやはり選挙に勝つには、万全の準備と頭を使った戦略が一番必要なんですね。

管理人もちろん、政治に対する熱い情熱や、人望や人柄もとても大事だけど、巨大な資金力と組織力を持っている自民党と対等に戦うには、人の心を掴む心理学的なテクニックと、入念な準備、頭脳的な戦略がないと勝てないことが、最近の例を見ても痛感されるね。

なんせ自民党の支持率なんてたかだか3割台程度なんだから、残りの7割を掘り起こせば充分に勝機はあるはずなんだ。
それすらもなかなか出来ない野党側は、無関心層の人々に政治についての関心を持ってもらうためにも、根本的な宣伝(営業)戦略の見直しをした方がいいと思うよ。

りのちゃん怒りssa私も同感です…。
結局、都知事選は与野党共に分裂選挙となることが決まってしまいましたが、今後の展開と選挙結果に引き続き注目していきたいと思います。

※追記:宇都宮健児氏がその後立候補の取り下げを決断。野党分裂は土壇場で避けられる事態に。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA