【酷い】天皇陛下、2015年秋に生前退位の意向を安倍政権に伝えていたことが判明!官邸はこれを握り潰し発表せず!

Pocket

どんなにゅーす?

・毎日新聞の報道によると、天皇陛下の生前退位について、2015年の秋の時点で、今年(2016年9月)安倍政権に更迭された風岡典之宮内庁長官によって安倍官邸に伝えられていたことが分かったという。

「摂政制では対応できない」と、摂政制は行ないたくない天皇陛下からの希望も伝えていたものの、官邸はこれらの天皇陛下の生前退位の意向を握りつぶし、公に発表しなかったという

スポンサーリンク

憲法と歩む/1(その1) 宮内庁長官 おことば案、昨秋官邸に 昨年末公表見送り

天皇陛下の退位の意向について、風岡典之・宮内庁長官(当時)が2015年秋、官邸に対して正式に伝えていたことが明らかになった。陛下のおことば原案を文書で示し、同年12月の天皇誕生日に合わせた記者会見での公表を打診したが、官邸との調整がつかず、公表が見送られた。

原案は公表を前提とした文章形式になっており、象徴としての公務をどのように考えるかが記され、そうした公務は天皇しかできないため公務ができなくなれば退位するという内容。「摂政では対応できない」とする意向も盛り込まれていた。宮内庁は15年4月の参与らの集まる会議でおことば原案を提示しているが、この時は箇条書きで要点を記したものだった。宮内庁はこの時点では官邸に正式には伝えていないという。

【毎日新聞 2016.12.24.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

天皇陛下の生前退位が「ゲリラ報道的」に行なわれた理由が判明、2015年の時点で天皇陛下は安倍政権に正式に伝えていた!

皇居イメージ

出典:ウィキペディア

りのちゃん怒りssaまたしても、天皇陛下と安倍政権との激しい対立を示す非常に大きな情報が出てきました。

なんと、すでに2015年秋の時点で、天皇陛下は宮内庁長官の風岡さんを通じて安倍政権に正式に生前退位の意向を伝えていたということです。
この時点で摂政制を取らず、皇室典範改正を含んだ永続的な退位制度を伝えられていたようですので、これが本当なら、天皇陛下側は正当なやり方で安倍政権に伝えていたものの、これを安倍政権に一方的に握りつぶされたことを受けて、「苦肉の策」として、天皇陛下が独自のルートを通じてNHKにスクープさせたということになりそうですね。

管理人いやはや、これでもかというほどに、安倍政権の反天皇ぶりというか、朝敵具合が明るみ出てきている状況だけど、天皇陛下がこういう安倍政権のやり方に激怒して「最後の手段」として、NHKによるスクープと「お気持ち表明」のビデオメッセージに至ったということだね。

あのビデオメッセージ直後の安倍総理の表情が、唇を震わせながら怒り心頭に発しているようにボクには見えたけど、やはりそういうことだったか。

おまけに、この報道が出た後にも「陛下はそんなこと言っていない、ガセだ!」という報道もかなり出回ったわけで、こうした動きも相当悪質と言わざるを得ない。

※過去参考記事:【生前退位】ある政府関係者「陛下は元気いっぱい、まだまだ今のペースで公務に臨むとおっしゃっている」

前も書いたけど、非常に面白いのが、山本太郎議員が手紙を渡しただけであんなにこぞって発狂していた自称「愛国者」の安倍総理のネット支持者が、ここまでの安倍政権による天皇陛下の侮辱&蹂躙行為に対して、(激怒するどころか)一切無視している点であり、この時点で、彼らネット支持者たちは、山本議員を貶めるだけのために天皇陛下を利用し、日本を破壊し続ける安倍総理を「愛国者」と錯覚させるためだけに存在している、ただの「ネット詐欺集団」であるということが完全に炙り出されてきている、いうことになるね。

それにしても、「日本を取り戻す」と言いながら、外資勢力に日本を次々売り渡し、「天皇陛下万歳!」と叫びながら、天皇陛下の意向をとことん潰し、さらには勝手に「神」に祀り上げた上で死ぬまで働かせようとしてる安倍政権は、史上類を見ない「逆賊詐欺集団」といってもいいね。

りのちゃん困り3ssa全く持って恐ろしいことです。
そして何よりも、こんな虚構に満ちた安倍政権が日本で太刀打ちできないほどの強大な権力を持っていることが、日本の最大の不幸ですね。

管理人まったくだ。
こんなに安倍政権の「詐欺性」がすでにこんなに分かりやすく表に出てきているんだから、いい加減に国民はマスコミ洗脳から脱して、こんな恐ろしい詐欺政権を国民の手で終了させなきゃいけない段階にきていると思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket