TBSの世論調査、安倍政権の支持率が8.9ポイント下落の54.4%!不支持率は9.3ポイント上昇の44.1%!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年6月3日・4日に行なわれたTBSの世論調査によると、安倍政権の支持率が8.9ポイント下落し54.4%に、不支持率は9.3ポイント上昇し44.1%になったという。

・また、加計学園疑獄について、「安倍政権の説明に納得していない」人が72%に上った他、「総理からの圧力」文書の説明について、「前川前事務次官の説明を信じる」と答えた人が58%に上ったという(「安倍政権の説明を信じる」と答えた人は19%)。

スポンサーリンク

加計問題での政府説明「納得できない」72%、JNN調査

調査は6月3日と4日に行いました。

安倍内閣の支持率は前回の調査より8.9ポイントと大幅に下がり54.4%となりました。一方、不支持率は9.3ポイント増えて、44.1%でした。

安倍総理の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部の新設をめぐり、政府は「適切に手続きを進めている」などと説明していますが、こうした説明に「納得できる」と答えた人は16%で「納得できない」と答えた人が72%に上りました。

また「総理のご意向」などと書かれた文書をめぐり、文科省の前川前事務次官が「本物だ」と主張し、政府が「確認できなかった」として説明が食い違ったことについて、どちらの説明を信じるか尋ねたところ「前川氏の説明」と答えた人が58%でした。

【TBS News 2017.6.5.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

政権支持率の大幅下落の結果でも、相変わらずの「過半数超え」に首を傾げる人が続出

TBSによる世論調査が発表されましたが、当初の予想通り、安倍政権の支持率は大きく下落し、9ポイント近く下がりました
ただし、その一方で、いまだに過半数は超えており、今でも安倍政権支持者が多く存在しているという結果が出ています。

9ポイント近く下落してもまだ54%以上あるとは、いかに、元々の支持率が異常に高かったのかがよく分かるね。

確かに今回の下落幅は大きかったけど、安倍政権としてはむしろ「この程度しか下がらなかった」と、ますます共謀罪の強行採決に向けて自信を持ったんじゃないかな?
ネット上でもこの結果に首を強く傾げている人が多いけど、今までの現政権以前の政権運営と支持率の関係性の感覚で言うと、ざっと見積もって30%を下回っているくらいなんじゃないだろうか

少し前の北海道新聞(地方メディア)では支持率41%、不支持率57%という数字が出ているけど、やはり予想通りに全国メディアの支持率はこれよりも相当高い結果が出たし、この結果を見ても、海の向こうの支配層(グローバリスト・ネオコン軍産)が現在も安倍政権を強くサポートしており、共謀罪についても、これらの海外勢力が安倍政権に強く圧力をかけているものと見ているよ。

こうなると、最近にわかに出てきた加計学園などの安倍政権に不都合なネタは、この連中とは違った勢力が仕掛けている可能性が高く、思いつくところでは、トランプに近しい反グローバリズム勢力か、(トランプに近い)ロシア・中国などと関連がある勢力(経済界を含む)が関与している可能性を見ているよ。
(これを補う情報として、田中龍作氏は、加計疑獄は自民党の(旧来の)保守本流勢力がリークしているとの情報を出している。)

つまり、特に小泉政権や安倍政権下で日本を強く操ってきたグローバリスト(シオニスト系)が今でも安倍政権を強固にサポート&コントロールしていることで、安倍政権は延命出来ている可能性が高く、共謀罪も憲法改正も(さらには日本会議も)これらが背後に控えている可能性があるということですね。

日本会議の内部でもシオニストの宗教団体が強い影響力を持っていることからも、ボクは安倍政権の背後にはアメリカ・イスラエル系の(過激派の)軍産勢力が控えており、これらが政権のバックアップをしていると見ているよ。

特に大メディアが出す世論調査というのは、(政権支持率の高低など)世論の情勢を国民を錯覚させ、国民の意識を誘導するためにもとても有効な、格好の洗脳ツールだ。
なので、ボクたちは、大手メディアが巨大な海外系金融資本にコントロールされている実態を知り、出された数字を鵜呑みにすることなく、むしろ「なぜこのような数字が出たのか?」という、その背景や理由について色々と考えていくことが大事なんじゃないかと思っているよ。

このような大手の企業メディアが出す数字を、そのまま何の疑いもなく鵜呑みにしてしまうことこそが「最も危ういこと」であり、逆に私たちは巨大メディアが出す情報には常に一定の距離感や疑いを持ち、その背景や実情を考え、想像していくことが大事なのですね。

その通りだ。
すでにアメリカや欧州ではそのような見方でメディアと向き合う市民が増えているみたいなので、日本でも是非ともそのような人々が増えていくことを願っているよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket