立花孝志氏が森友疑獄を徹底解説!8億円値引きの黒幕の中心は藤原工業と維新!?土木業者の謎の死についても検証!

Pocket

どんなにゅーす?

・「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が、森友疑獄についての詳しい解説や背後関係についてネット番組で紹介した。

・立花氏は、籠池前理事長や息子の佳茂氏への聞き取りを始め、多くの事情を知る維新の議員らから話を聞くことで事実関係の解明を試みており、メディアが一切報じない、ゴミの偽装に関わったとされる土木業者社長の謎の死についても、関係者への聞き取りや取材結果を元に、その背景や理由について大胆に推測を行なっている。

スポンサーリンク

↓興味深い内容が並ぶ、立花孝志氏による森友疑獄の解説動画(約52分)。

出典:YouTube
スポンサーリンク

「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が命懸けで森友問題の深部を追及!

あの、「NHKをぶっ壊す」でお馴染みの立花孝志さんが、ここまで森友問題を必死に追いかけていたなんて知らなかったわ。
この動画では、大手マスコミが一切報じようともしない、ゴミの偽装に関わったとされている土木業者(田中造園の秋山肇社長)の謎の自殺についても積極的に取り上げて、今回の謎の8億円割引の真相について、仮説を交えて分かりやすく解説してくれたわ。

ボクもこれをじっくりと観させてもらったけど、これはかなり核心に近づいているすごい内容のように感じたよ。
(この動画が配信された後に、立花氏の仮説どおりに、実際に2回目のゴミ発見は”偽装”だったことを裏付けるメールが籠池氏から示された。)

知り合いの摂津市議から「これ以上嗅ぎ回ると大阪公安委員会や山口組にやられる」との警告を受けたとの話も生々しいし、やはり、最も不可解なのは、ゴミを埋め戻したことを関係業者の一人が告発した直後にこの問題の核心を知っていた土木業者の社長が突然死亡しているという事実だ。

この社長の死因についても、奥さん(心筋梗塞と主張)と警察・消防(自殺)で食い違っている部分も気になるし、この話を聞けば聞くほど、大阪府や維新、そして維新と深い繋がりを持っていた藤原工業が、ゴミの偽装と8億円の値引き(不正な利益捻出)に何らかの申し合わせをしていた可能性がぼんやりと見えてくるし、これに地元の警察や公安も関与していたことすらも感じさせる。

とにかく、ここでは書ききれないくらいに、興味深い話を数多く披露してくれているので、興味があったら是非とも観てもらえたらと思うよ。

朝堂院大覚さんは見た目はちょっとヤバメだけど、言ってることは結構まともだし、この立花さんの回はかなり秀逸だから、なかなかおススメよ。

ボクも、この動画のお陰で結構見えてきた部分があるので、今回出された仮説を元に、独自の推論を加えつつ今後記事にしていこうかと思っているよ。

立花氏は、かなり危険を顧みずにひたむきに真実を追いかけ続けている様子だけど、くれぐれも自らの命を守りつつ取材を続けて欲しいし、今後もさらなる重大情報の暴露に期待したいと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket