【これは酷い】自民・谷川弥一議員がカジノ法案の国会審議中に般若心経を延々と語る!ネット上では怒りの声が殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・「カジノ法案」の質疑中に時間が余ったとして、自民党の谷川弥一議員が般若心経の話を延々としたことが話題になり、多くの批判が噴出している。

谷川氏の話は、般若心経から夏目漱石の話にまで及び、さらに維新の浦野靖人議員も般若心経の話に応じ、議場に笑いが起こるなど、軽薄で緊張感のない国会運営にネット上では怒りの声が。

スポンサーリンク

カジノ法案の衆院通過 審議6時間弱 「時間余った」質疑で般若心経

衆院を通過したカジノ解禁法案。提出者の自民党の西村康稔筆頭副幹事長は六日の記者会見で「審議時間は確かに短かったが、論点が出され、しっかり議論した」と強調した。しかし、審議は六時間弱と短かっただけでなく、内容も不十分との指摘が出ている。

「あまりにも時間が余っている。地元のことと最後に私見を述べて終わる」

法案が衆院内閣委で審議入りした十一月三十日。自民党の谷川弥一氏は前置きすると、四十分の質問時間のうち二十八分を過ぎたあたりから般若心経の一部を唱え、さらに「夏目漱石が好きだ」と文学論を展開した。「法案の『負の部分』に対する私の心構えだ。反対、反対と言うのは芸がない」と発言し、時間を余して質問を終えた。

日本維新の会の浦野靖人氏も「私は高校で毎日般若心経を唱えていた」と応じ、質問時間を残して席に座った。ギャンブル依存症への懸念が広がる中、質疑では時折、笑いが起きた。

【東京新聞 2016.12.7.】

2

出典:FNN

3

出典:FNN

スポンサーリンク
スポンサーリンク

煩悩とカジノ利権にまみれた自民議員が、重要審議中に般若心経を自慢げに披露

別に禅宗を信じていようが何であろうが個人の自由ですが、多くの国民が不安に感じているカジノ法案の審議中にこの行動はありえないです!

あらかじめ決めておいた質問や話以外、カジノ法案について何も話すことが出来ないというのもかなりの問題ですし、国民の貴重な税金で運営されている国会の中で、ここまで緊張感に欠けた議会運営がなされていることに、開いた口が塞がりません

管理人この谷川弥一という議員、長崎出身みたいで、(おなじみ)神道政治連盟とみんなで靖国神社に参拝する国会議員の会、さらには(おぞましい実態を過去に紹介した)創生「日本」のメンバーらしい。

●過去参考記事:安倍総理が会長の”創生「日本」”の集会が怖すぎ!長勢元法務相「国民主権、基本的人権、平和主義をなくさないと本当の自主憲法ではない」

つまり、やはり安倍総理と同じく、日本の民主主義を否定し、海外の軍産勢力の利益誘導と国家破壊にまい進している、どうしようもない売国議員であるといえるね。

さすがに今回の谷川氏による(国民を馬鹿にしまくった)行動に対しては、ネット上でも怒りの声が殺到しているけど、この件も含めて徹底的に昨今の安倍政権の国会運営に対して追及していく必要がありそうだ。

 

安倍政権の勢力拡大と国民による権力監視を怠った「成れの果て」が、現在の政治の腐敗と驕慢化

このサイトでも以前より、国民主体の「民主主義政治」の実現のためには、ある程度のバランスの取れた与野党の勢力図が必要であることを綴ってきましたが、まさしく、安倍政権の「一強化」により、いよいよ心配していた方向に向かいつつありますね

管理人どんなに野党が頼りなくとも、権力の暴走を防いでいくためには、一定程度の「勢力バランス」を取っていく必要があるし、実は何よりも「これ」が大事だったりする。

ところが日本の場合、多くの国民が「この重要さ」をよく理解できていない上に、マスコミの影響を非常に受けやすいことで、どうも、世論がどちらかの方向に一方的に流れていきやすいように感じている。

もう少し野党勢力が多めに議席を取っているのなら、自民党もここまで驕り高ぶった行動にはなかなか出づらいはずなんだけど、(ここまで悪い方向に向かいつつあるのに)いまだに一向に投票率が上がってこないのが大きな問題かと思う。

つまり、「どの候補者や政党に投票しても同じ」という理由で、選挙に行かないというのは完全に「間違った思考」であり、今の政治に不安や不満があるのなら、どんなに頼りなくとも野党候補者に投票すれば、少なくとも、政権交代には至らないにしても、少しは国民に気を遣った政治が行われていくはずなんだよ。

したがって、多くの(特に無党派層の)日本国民が、まずはこうした「誤った認識」から脱することが何より大事かと思うよ。

りのちゃん困り2ssaやはり、現在のこのような政治の傲慢化や腐敗も、回りまわって私たち国民の責任も大きいということですね。

既存マスコミに惑わされることなく、本来の人間が持っているはずの想像力や感性を多くの国民が一刻も早く取り戻すことが、何より大切なことなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

2 Comments on 【これは酷い】自民・谷川弥一議員がカジノ法案の国会審議中に般若心経を延々と語る!ネット上では怒りの声が殺到!

  1. いまさら、この爺さんの是非を論ずるのも分かりきった事で野暮な感じもするのですが。
    たとえばです。  ゆるねとさんの、このブログに誰かがコメント欄に全く記事と関係ないことを書く・・・・般若心経とかアブラカタブラの呪いの文句とか。  さらに、どこかのエロサイトの小説をコピペして張り付ける。
    これは立派な営業妨害です。
    先ず、そこのブログに立ち寄る人も引いてしまい人が集まらなくなる。
    こういうのは「アラシ」とよばれ、ちょっとした軽犯罪です。
    そこのブログを軽視した、おちょくったと、あるいは営業妨害。
    こんなことした奴はネット倫理委員会に訴えられるか、そこのブログ立ち入り禁止です。
    あのジジイはそれと同じことをした。
    国会軽視、カジノ法案を審議すること自体を馬鹿にしてる。
    ジジイはもちろん、それを注意しない委員長も同罪です。
    こんな無駄なことにも国会運営の時間はとられてるんです。 
    税金です。  野党はアクションを起こさないのか?
    国会侮辱罪とか?
    自民が多数握っていようが、こんな舐めた真似して・・・・民主党が与党のときとこういうこと起こせるでしょうか?  読売、産経あたりがハッスルしてボコボコですよ。
    だから結局マスコミになる、、、、愛もかわらず小池とパククネの話ばかり。  
    マスコミもグルの犯罪国家日本です。
    明日あたりのワイドショー、、、おそらく無視でしょう。
    代わりにパククネ、小池、パククネ、小池。  マスコミ!シね!です。

    • 樽見京一郎さん

      もう、全く京一郎さんのおっしゃる通りで、何も言うことはありません。
      本来であれば、貴重な国会の間でこんなことが行なわれた時点で、徹底的にメディアが糾弾しなければいけない事態ですよね。

      それなのに、メディアの軽すぎる扱いといったら…。

      国会や政治が腐敗するところまで腐敗してしまっているなら、これを厳しく追及しないメディアも同じくらいに腐敗しきっているようです。。。

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA