加計氏や前川氏の証人喚問を(総理と一緒に)拒み続けていた竹下国対委員長も加計とズブズブ!親族経営の福田組が千葉科学大を建設!

Pocket

どんなにゅーす?

・加計理事長や前川氏の国会招致をひたすら拒否し続けている竹下亘国対委員長が、加計学園とズブズブの利害関係にあることが判明。ネット上で批判が集まっている。

・竹下氏の一族が経営している建設会社「福田組」が、銚子市を財政破綻の危機に追い込んだ千葉科学大の建設を担当していたことが判明。以前より、竹下氏は安倍総理とともに加計疑獄のキーマンの証人喚問などを全力で拒否してきた経緯があり、その背景にこのような実態があったことが浮かび上がっている。

スポンサーリンク

↓竹下氏の親族が経営する福田組のHPの「工事作品集」より。(魚拓

出典:FUKUDA

出典:Twitter(@info_9)
スポンサーリンク

スポンサーリンク

加計学園と自民党を結ぶ「切っても切れない」深い関係…前川氏や加計理事長の証人喚問を全力拒否する竹下国対委員長も、安倍総理&加計氏と一心同体!

出典:Twitter(@kininaru2014111)

自民党の国対委員長を務めている竹下亘議員も、加計学園と非常に深いお金の繋がりがあったことが判明しました!
なんと、竹下氏の親族が経営する「福田組」が、加計学園系列の千葉科学大の建設を担当していたことが発覚。

これは、現在獣医学部新設で揺れている今治のケースとほとんど同じで、こちらは自民党の逢沢一郎衆院議員の親族が経営している「アイサワ工業」や、維新の片山虎之助氏が献金を受けている「大本組」が建設を担当しており、加計学園が学部を新設するたびに、自民党議員やその親族が大きくお金儲けできる”構図”が出来上がっていることが分かります。

こうなれば、ほとんど、「加計学園は自民党そのものである」というのは誇張でもなんでもないことが分かるし、有力な自民党議員が”一致団結”しながら加計学園疑獄を全力隠蔽しようとしている理由がよく分かるというものだ。

文科省内閣府経産省などの役人、最高裁判事、そして、数多くの自民党の政治家まで、Fランクの私立教育機関がここまで国家組織と一心同体に繋がっているなんて、世界にも例がないほどの異常すぎる構図だし、返す返すも、この「加計学園」とは一体何なんだ?

国民が知らない間に、ここまで凄まじい利権ネットワークが作り上げられていたというのは、まさに「驚愕」の一言だし、もはや国民がかなり能動的に真相究明に動かない限り、この疑獄の解明は相当な困難を要するだろう。

すでに、韓国のパククネ氏をめぐる疑惑よりも、よほど凄まじい規模の大疑獄”の様相を呈してきていますね。
今や海外のメディアでもこの問題が多く報じられ始めているみたいですが、もはや世界のメディアの協力を得ながら本格的な調査を行なわない限り、完全な実態解明はなかなか難しい状況かもしれません。

これというのも、やはり安倍政権の自民党に国民がここまで強大な権力を与えてしまったばかりに、ここまで収拾のつかない惨状を生み出してしまったからね。
まさに、国民の税金がとことん自民党に横流しされる構図が”ここ”にあるし、ここまで腐敗しきった政治を是正していくには、国民による相当強い意思と決意が必要になるのは間違いないだろう。

そういう意味でも、一刻も早くに自民党による腐った利権政治を終わらせるべく、野党の再編と強化を急いで取り組んでいくことも重要ですね!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket