【酷い】警視庁高井戸署の警察官が無実の中学生2人を長時間激しく脅迫し、自白を強要!「てめえ地獄を見せてやるよ!ああ!?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2015年12月、中学生の少年2人が、警視庁高井戸署の複数の警察官に万引き強要の疑惑をかけられた上に、人権侵害の激しい脅迫が含まれた事情聴取を受けたとして、東京弁護士会が署に対して警告を行なった。

・この事件に対して、2人の少年の父親が会見を行ない、脅迫を受けた少年が録音した音声を公開「地獄を見せてやる」などの常軌を逸した脅迫の数々にネット上では批判が殺到している。

・警視庁は、最終的に万引き強要の事実が確認できなかったとして、脅迫を行なった2人の警察官を注意処分を行なうと発表し、少年2人の父親に謝罪日本の警察の人権侵害の聴取の実態が改めて浮き彫りになっている。

スポンサーリンク

「地獄見せてやるよ、おお?」 警官の暴言、録音公開

警視庁高井戸署員が2015年、当時中学3年の少年2人の任意聴取中に「高校に行けなくしてやる」と脅したとして、2人の父親が10日、都内で会見し、少年1人が録音した聴取時のやりとりを公開した。聴取は同級生に万引きを強要したとして行われたが、警視庁は同日、不適切な聴取を認め、万引きの強要は確認できなかったと説明した。

~省略~

2015年12月19日、少年が署で録音した署員の発言は以下の通り。少年の発言は特定を避けるために省略されている。

「悪いけどいまな、ごめんなさいって言えるチャンスをあげてるだけなんだぞ。いいか。ごめんなさいと言うチャンスをあげてるだけなんだ。お前の、そのな、発言次第じゃ、俺はお前の首を取るぞお。悪いけど。てめえ、高校なんか行かせねえぞ、オラ。学校じゃねえんだ、ここは。オラ。高校なんか行かせねえよ、お前。お前の言い方次第じゃ、お前、やってやんぞ。とことんやってやんぞ、おめえ」

【朝日新聞 2017.8.10.】

「地獄みせてやる」警官が“無実”中学生に

■少年Bの父親は―

少年から申し立てを受けた東京弁護士会は10日、人権侵害があったとして、高井戸署に警告。そして、少年2人の父親が会見にのぞんだ。ICレコーダーを録音していた少年Bの父親は―

「取り調べが終わったあとに、そのとき私も総括みたいなことで呼ばれて、警察の方と3者で話をした時に、息子が謝るんですね、私に。『すみませんでした、やってました』って」

しかし、警察署を出て、父親と2人きりになると―

「息子がボイスレコーダーのところをしきりに指して、『ここに入ってる。俺やってない』と言葉にならない声で指さしていたということを本当に今でも鮮明に覚えています」「こういったボイスレコーダーがなければ、本当にこういった話は泣き寝入りするしかなかったんだろうなと思うと、やっぱり、いたたまれない」

■少年Aの父親は―

「うちの息子の方も同等というか、これよりも大きな声で怒鳴られたと。かなり高圧的な態度で2時間問い詰められて、これは“やっていなくてもやったと言わなきゃいけないんだ”と。ここでそれしか答えはないんだということで、あきらめたと言っていました」

「認めざるを得ない2時間という時間を味わった子供の気持ちを考えると、どんな気持ちだったのかと思います。息子もそのあと2日ぐらいは、やはり悔しくて眠れないという状況が、ちょうど12月で受験の追い込みの時期だったんですけど」

【日テレNEWS24 2017.8.10.】


スポンサーリンク

 

「人権軽視」の指摘も多い日本の警察による常軌を逸した事情聴取の実態が発覚!

な、なんなんですかぁこれはぁ~!
ほとんど警察官というよりも、まるで暴力団みたいな話しぶりですぅ…。

これはまた、日本の警察の恐ろしい実態が浮き彫りになっているね。
ネットで見かけた情報によると、特に、少年に対してこうした脅迫めいた事情聴取が行なわれる傾向が強いみたいで、このケース以外にも、日常的に警察の中で一般市民への人権侵害が行なわれていると見るのが良さそうだ。

世界の先進国と比べても、特に日本では人権意識が非常に立ち遅れている傾向が強い上に、日本の警察による暴力や脅迫についても世界で度々問題視されたり、冤罪によって一度きりの人生をメチャクチャにされてしまったケースも相次いでいることから、「取調べの可視化」などの事態の改善を求める声も出てきているものの、近年共謀罪が強行採決されるなどして、最近またこうした動きと逆行し始めている印象がある。

さらに、安倍政権と密着した警察官僚が特別な栄転を受けるようなケースも見られることから、今後ますます政治と結びつきながら警察が強権化していく可能性があり、今後は従来以上にボクたち国民が、警察が暴走していかないよう厳しく監視していく必要があるかと思う。

どちらにしても今回の一件は、閉鎖的な警察の内部で、身内への対応の甘さや市民への人権軽視が常態化している実態が明らかになった、非常に由々しきニュースだといえるだろう。

中にはきちんとした人もいるのかもしれませんけど、これじゃあ、ますます日本の警察のイメージが悪くなってしまいますですぅ
簡単な注意だけで済んでしまえば、根本的な改善に向かうのかどうか疑わしいですし、私たちもいつあらぬ冤罪をかけられるかも分からないだけに、もっと私たち自身が真剣に色々なことを考えていかなければいけないような気がしますですぅ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket