【真相は?】高畑裕太の事件、フライデーが高畑の知人の証言を紹介!「被害を通報した被害女性の知人男性は暴力団関係者」

Pocket

フライデーで、高畑裕太の事件に関する驚きの”新情報”が!?

出典:Asagei plus

独走スクープ! 高畑裕太強姦致傷事件 「示談交渉を仕切った 暴力団関係者」

事件の核心を知る、高畑の知人・Y氏が証言する。

「これまで、40代の被害女性Aさんの『知人男性』と報じられてきたX氏という人物。Aさんとの示談交渉は、Aさん側の弁護士、裕太の所属事務所の弁護士、高畑家の弁護士の三者がそれぞれ連絡をとりあい、まとめたものです。この交渉で大きな役割を果たしたのがX氏だったんです。このX氏の素性を調べたところ、広域指定暴力団の関係者であることが判明したのです」

X氏は地元では「広域指定暴力団の組員」として知られた存在であり、本誌が調査したところ、X氏は金融機関のデータベースでは暴力団関係者と認定されていた。

【Yahoo!ニュース(FRIDAY)2016.9.16.】

スポンサーリンク

管理人世間に大きな衝撃を与えた俳優・高畑裕太の一連の事件だけど、どうやらフライデーの最新号において、今までとは全く違った情報が報道されたようだ。

これは、高畑裕太の「知人」と称する人物が話した内容のようで、果たしてどこまで本当かは分からないし、実際にこれを聞いても謎や不可解な部分は残る
それらを踏まえた上で、今回の報道で新たに出てきた内容を一通りまとめてみようかと思う。

 

女性の被害を通報した「知人男性」は暴力団関係者だった!?

管理人フライデーの報道によると、高畑が性的暴行を行なった女性の被害を通報したのは、フライデーが調べてみたところ、金融機関のデータから暴力団関係者であったことが分かったとのこと

警視庁もこの人物の素性はある程度把握していたらしく、これらを総合すると、警察に通報したと言われている「被害女性の知人」と言われる男性は、結構やばい系の人物だったと、フライデーは報じているみたいだね。

 

調書には「歯ブラシを持ってくるように」との記述が書かれていない

管理人フライデーによると、当初大手メディアが繰り返し報道していた「歯ブラシを持っているように」と高畑裕太がフロントに電話をしたという話は、警察の調書には書かれておらず、「2人でエレベーターに乗って部屋に向かった」と記されているのだとか。

これが、高畑裕太の弁護士側が「合意の上だった」としている根拠らしく、今回のフライデーの報道は、明らかに今まで報道されている話と食い違っていることになる。

スポンサーリンク

これらの新情報に対して、いくつかの”不可解な点”も

管理人これら話を総合すると、高畑裕太が「完全にはめられてしまった」という説も浮上するとは思うけど、これらについて不可解な点もいくつかある

まずは、「実際に女性が怪我を負っている」という点
報道によると、被害を受けた女性は、右手の親指と、手首の関節に、全治1週間の怪我を負ったという。(※Asagei plus
もし合意の上での行為であれば、このような怪我を女性が負うということは、まず考えられないだろう。

それから、もし被害者側が「最初から彼を嵌めるつもり」であれば、警察に通報することは少しばかり考えられづらい
通常、最初から計画されている”美人局”の場合は、「警察に通報すること」をネタに脅した上で、示談を提案、その上で多額のお金を巻き上げようとするのが、常套的な手段だ。
なぜなら、警察に実際に通報することで、男性側が”騙された”ことを主張し、実際に詳細な現場検証などが行なわれれば、首謀者側の作為的な部分が明るみに出てしまう可能性があるからだ。

よって、通常の(一方的に嵌められてしまう)美人局の犯行の場合は、警察に通報されるということはなかなか考えられづらい。

また、逮捕当時、高畑裕太は「性欲を抑えられなかった、計画性はなかった」と犯行を認めている点もある。
この情報を見る限り、高畑裕太本人も「まずいことをしてしまった」という罪の意識が少なからずあった可能性もあることが推測される。

これらの情報を総合すると、フライデーの報道内容を加味したとしても、少なからず様々な部分で疑問が残るのではないだろうか。

 

まとめ

あおいちゃん驚きssaええええ!?
こ、これ、被害女性の知人男性が暴力団関係者だったって、この話って本当なの!?

だとしたら、あの釈放された時の彼の表情は、何か”別の思い”がこめられていた可能性もあるってこと!?

管理人このフライデーの報道もどこまで裏が取れているものなのか、よく分からないし、おまけにこれらはとてもデリケートな問題であるだけに、さらなる確定的な情報が出てこない限り、これ以上のことはあれこれ論じるのは控えておくとしよう

どちらにしても、真相はいまだに闇の中だ。

(参考:Light and Shade
スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket