【予想通り…】高浜原発の運転差し止め訴訟、大阪高裁が関電の抗告審を認め、再稼動を認める決定!

Pocket

どんなにゅーす?

・福井県の高浜原発の再稼動差し止めを求めて滋賀県民が起こしていた訴訟について、運転差し止めを認めた大津地裁の判決を不服として関電が起こしていた抗告審において、2017年3月28日、大阪高裁(山下郁夫裁判長)は関電の主張を認め、再稼動を認める決定を出した。

スポンサーリンク

高浜原発再稼働、大阪高裁認める 仮処分覆り関電1年ぶり運転手続きへ

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を不服とし、関電が申し立てた抗告審で、大阪高裁(山下郁夫裁判長)は28日、再稼働を認める決定を出した。大津地裁決定から1年以上、法的に運転できない状態だった2基について、関電は早期に再稼働への手続きを進めるとみられる。

敗訴した滋賀県住民らは決定直後、大阪高裁前で「不当決定」と書かれた垂れ幕を掲げた。今後は、憲法違反や憲法解釈の誤りなどを理由にした「特別抗告」か、重要な判例違反などを理由にした「許可抗告」を最高裁に申し立てるか検討する。抗告しない場合は本訴で争う可能性もあるという。

【Yahoo!ニュース(福井新聞) 2017.3.28.】

出典:ウィキペディア
スポンサーリンク

スポンサーリンク

北朝鮮のミサイルの脅威が高まっている中、原発の再稼動に迷わず突き進む安倍政権

予想通りではありましたが、大阪高裁が大津地裁で出された高浜原発の運転差し止めの仮処分を覆す決定を出しました。

上に行けば行くほど、国家権力や巨大企業体に有利な判決が出ることを改めて強く印象付ける結果となりましたね。

そうだね。
高浜原発は、すぐ近くの若狭湾沿岸で「津波の跡」と見られる砂層を福井大学などの研究チームが発見するなど、津波や活断層の議論などが色々と行なわれてきた原発でもあるんだ。

審査合格の高浜原発そばに津波痕跡 福井大学など確認、関電は影響否定

原子力規制委員会の審査で、2月に「合格」と認められた関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)そばの若狭湾沿岸で、14~16世紀に起きた津波の痕跡とみられる砂層を福井大学などのチームが21日までに確認した。

津波の規模は不明で関電は「津波評価や対策に影響を与えるものではない」としている。一方、規制委は取材に対し「安全を脅かす方向につながる情報かどうか留意して、結論ありきではなく検討したい」と関電に調査を促す考えを示した。

若狭湾沿岸では、1586年の天正地震に伴う大津波で大きな被害が出たとの説がある。関電も数年前に調査を行い「痕跡はなかった」としたが、今回の発表地点は調査していなかった。

福井大の山本博文教授(地質学)らは、高浜町内の海に流れ込む川沿いの低地を掘削。深さ1メートルより浅い地中で、貝殻などが混じった厚さ1~20センチの砂層を確認した。砂層は海岸から500メートル以上、内陸側にあった。高浜原発からは南東に6~7キロの地点。

【福井新聞 2015.6.22.】

大飯・高浜の周辺断層、連動めぐりなお溝 規制委と関電【日経新聞 2013.10.2.】

日本各地で「未知の活断層」が多く存在していることが指摘されていることからも、高浜原発に限らず、全ての原発において地震や津波のリスクが付きまとうし、何より北朝鮮などからミサイル攻撃を受ける危険性が存在することも忘れてはならない。
(国際法上、原発にミサイルを打ち込むことは禁止されているけど、「誤爆」ということにされてしまうとどうしようもない上に、国際法を破って攻撃を受ける可能性だってもちろんあるからね。)

日本が原発攻撃なら最悪1万8000人被ばく死、外務省。ミサイルで原発攻撃すれば日本消し去れる

この辺の軍事・防衛的なリスクも全く考慮せず、ただ単に経済的な理由だけで原発稼動の決定を下しているのも強い違和感を感じるけど…これは言い換えれば「北からはミサイル攻撃を受けることはない」という、一定の自信や根拠があるってことなのかな?

北朝鮮という「強い脅威」がすぐ近くに存在しているものの、それにもかかわらず日本の至る所に原発をせっせと造り、積極的に稼動してきた自民党はとても不思議だし、最近頻繁にミサイルを発射している中、本当に北と敵対しているのなら、絶対にこんな危ない政策など出来るわけがないように思えるんだけどね。

とにかく、「キムジョンウンがいつ暴走してもおかしくない」などと派手に北の脅威を煽る一方で、より軍事攻撃のリスクを高める原発再稼動に突き進んでいる日本の姿は実に奇妙だと言えるだろう。

やはりこれも…安倍総理の祖父の岸信介氏の時代より、統一教会の教祖・文鮮明やアメリカCIAと一体化して、日米朝が政治的・軍事的に繋がっていることを印象付けるような事象ですよね。

そうだね。
この、世界でも類を見ないようなおびただしいほどの原発に囲まれている”実情”日本のある種の地政学的な「特殊性」を示しているように感じられるし、これもアメリカやイギリス、イスラエルを中心とする軍産複合体や世界支配層の軍事的な戦略と原発が緊密に結びついているのを暗に示しているといえるだろう。

現在の、CIAや欧米の軍産複合体と直結している自民党が政権に座っている限り、原発が次々稼動されていってしまうのは避けられないかと思うけど、こうした自民党に日本を任せておく限り、いずれ日本に重大な「破滅」や「破綻」がもたらされる可能性は非常に高いといえるだろう。

とにかく、自然災害だけでなく、軍事面や防衛面でも重大なリスクを伴う原発がここまで乱立していること自体が「未曾有の異常事態」だと心から認識することが、まず私たち日本人にとって必要なことなのかもしれません。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket