【生前退位】ある政府関係者「陛下は元気いっぱい、まだまだ今のペースで公務に臨むとおっしゃっている」

Pocket

海外でも大々的に天皇陛下の生前退位が報道されている中、”こんな報道”が飛び出す

スポンサーリンク

天皇陛下、早期退位想定せず 公務「このペースで臨む」

天皇陛下が皇太子さまに皇位を譲る生前退位に向けた法改正を政府が検討していることを巡り、天皇陛下自身は早期退位の希望を持たれていないことが15日、政府関係者への取材で分かった。

陛下は例年、年明けと夏に定期健康診断を受けているが、現在は目立った不安は見つかっていない。最近も宮内庁側と公務の負担軽減が話題になった際、陛下は「まだまだこのままのペースで臨む」と明言。側近らにも、退位という文言や時期を明示したことはないという。

【共同通信2016.7.16.】

↓海外でもトップニュースで報道している様子

「生前退位」のご意向 海外のメディアも速報

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることについて、海外のメディアは、NHKの報道を引用して速報で伝えています。

【NHK NEWS WEB 2016.7.13.】

管理人このサイトでも重点的に話題にしてきた天皇陛下の生前退位の報道だけど、NHKの第一報以後、全世界で興味を持って大々的に報道されている中、共同通信が先のような報道を出してきたぞ。

これによると、天皇陛下は今も元気いっぱいで「まだまだこれからも今までのペースで公務をこなしていく」と言っていて、生前退位など口にしたこともないとのことだ。

あおいちゃんかなりビックリssaはあ!?一体どうなっているの!?
宮内庁の次長も「陛下はそんなことはおっしゃっていない」って言ってるし、その一方で極秘に一部の関係者で生前退位の準備をしていたとか、訳が分からなくなってきたわぁ~!

管理人今回の発言をしているのは”政府関係者”ということだけど、少し前(15日)の報道では、”政府関係者”が「陛下の生前退位は今の憲法上無理だ!」と言っているとの報道があったことは記憶に新しい。
(この件に関する報道は全て”政府関係者”の呼称ばかりで、官僚なのか政治家なのか、立場や身分が全く隠されているのも非常に気になるね。)

この報道の順序から、とにかく「天皇陛下はそんなことを言っていない」のごり押し報道で何とか押し切って、天皇陛下の生前退位の意向をどうにかして潰そうとしている動きがあるように思えるな。
その理由はただ一つ、「安倍政権の憲法改正に支障が出てしまう」からだ。

つまり、安倍政権側も、「天皇陛下が自分たちの憲法改正を阻止する目的で生前退位の意向を出してきた」ことを承知の上で、これをどうにかして潰そうとしている「せめぎ合い」が行なわれていると見るのが良さそうだ。

とにかくも、天皇陛下自身が言っている証拠映像や音声がない中で、「言った」「言わない」の状態に陥っていて、どちらかが「嘘をついている」ということは間違いない。
大手メディアが大きな嘘を報道しているという時点で、かなり異常な事態になっていることは明らかだ。

スポンサーリンク

地下で”大きな戦い”が繰り広げられていることは明らか

あおいちゃんかなり困りssaもし、天皇陛下が生前退位を希望しているのなら、本人の意向を尊重するのが一番だと思うし、多くの国民もそう感じていると思うけど…
それでもこんな報道が出てきているってことは、安倍政権は天皇陛下には死ぬまで働かせて、自由を奪った上でがんじがらめにさせようとしているってことなの?

管理人安倍政権は憲法改正で「天皇を国家元首にする」と掲げているけど、これは、ようやく人間らしい生活を送れるようになってきた天皇家を再び”神格化”させて、国民の崇拝の対象にさせようとしているってことだ。

これはすなわち、天皇陛下は大日本帝国時代と同じように、人間らしさを排除して「神として振舞え」と言っているようなもので、天皇にとってもこれは酷いムチャ振りなんだよ
つまり安倍政権は、天皇家を自らの日本支配の「道具」として利用しようとしているってことで、心の奥では天皇家を敬う心なんて欠片も持っていないんだよ。

天皇家と安倍政権は今までも「護憲」と「改憲」でずっと意見が対立してきたけど、まさに天皇派と反天皇派の”激しい戦い”が地下で繰り広げられている最中であることがうかがえるね。

なるほど、それが「言った」「言わない」の応酬となって表に出てきているのね。

・・・ってことは、この状況下では天皇陛下の”抵抗”は、安倍政権に強引に押し切られて、生前退位の報道はいずれ「完全に立ち消えになってしまう」っていう可能性があるってことかしら?

管理人残念ながら、その可能性は結構あるかと思う。

なにしろ、もし生前退位を行なうのであれば、「皇室典範の改正」という大きなイベントを経なくてはならなくなる。
ボク個人の推測だけど、天皇陛下自身はもしかして、こんな生前退位の意向が跳ね除けられてしまうことを充分に想定した上で、「国民にメッセージを送る」目的だけで、こんな行動に出たのではないかな?
安倍政権が企む憲法改正がかなりの危険性をはらんでいるものであることを、まだ多くの国民が気づいていない中で、「陛下が出したメッセージ」を、果たしてどれだけの国民が汲み取ることが出来るのか。

だからこの問題は、単に天皇陛下本人の問題だけではなく、国民全体が深く真剣に考える必要のある、非常に大きなテーマなのではないかとボクは思っているよ。

あおいちゃんかなり困りssaそっか…まだほとんどの国民が眠りから覚めていない中、天皇陛下が出来る限りの中で懸命に発した「憲法改正に対する国民への警鐘」の可能性があるってことね。

このままだと、生前退位の話自体が潰されて、憲法改正にもまっしぐらに突き進んでいく上に、天皇陛下も倒れるまで働かされるかもしれないなんて…ちょっとあんまり過ぎるわ。

管理人このまま「陛下はそんなこと言っていない、あれはデマだ!」のまま報道が消えていった時には、天皇家側の敗北、安倍政権側の勝利ということになるだろう。

見たところ、安倍政権側が優勢に向かっているようにも見受けられるけど、やはり天皇家は現行憲法では「象徴」に過ぎず、政治に参加できないというのが不利な状況になっているかもしれない。

あとは、この天皇陛下の「メッセージ」にどれだけの国民が気づくことが出来るか…どうか、「天皇の生前退位」のテーマをきっかけに、国民の意見と議論を盛り上げていくことで、憲法改正の流れに一石を投じる流れに繋がることを期待しているよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket