台風13号が日本列島に接近!九州から北海道まで非常に激しい雨に注意!

Pocket

全国的に大気の状態が不安定になるため、局地的な激しい雨に警戒

スポンサーリンク

台風13号と前線影響 広範囲で非常に激しい雨のおそれ

台風13号は、鹿児島県の種子島の東の海上を東寄りに進んでいます。台風と前線の影響で、沖縄から北日本にかけての広い範囲で局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

【NHK NEWS WEB 2016.9.7.】

管理人この前去ったばかりなのに、また台風が日本列島に近づいてきているようだ。

台風13号は、太平洋上に日本列島に沿って進み、8日の朝には温帯低気圧に変わる見込みであるものの、本州付近に伸びる前線の影響と重なって、日本列島の幅広い範囲で大雨が降る可能性があるとのこと。
すでに熊本などの九州では激しい雨を一部で観測しているほか、西日本や関東、東北や北海道で、8日から9日ごろにかけて局地的に雷を伴った激しい雨の危険性があるとのこと。

これまでの台風の影響で、すでに地盤が緩んでいる場所も多くあるかと思うので、河川の氾濫に加えて、土砂崩れなどにも警戒するのが良さそうだ

りのちゃん困り2ssaまた台風ですか…。
このところ、やけに間隔を置かずに立て続けに来ていますね。

まだ北海道や岩手などでは、前の台風の爪痕も手付かずのまま残っている場所も多いので、少し心配ですね…。

管理人そうだな。
この記事でも紹介したように、特に北海道は、前の台風で道内全域にわたって非常に激しいダメージを受けている

気象庁でも警戒を呼びかけているけど、どうか少しでも今回の予想が外れることを祈りたい気分だ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA