台風10号の被害まとめ!小本川の氾濫で岩手県の久慈市や岩泉町が水没し、11人が死亡!北海道でも日勝峠などで橋が流出!

Pocket

異例の岩手県上陸にともない、東北&北海道で甚大な被害が続出

スポンサーリンク

記録的大雨被害 岩手県で11人死亡 北海道で3人行方不明

台風10号に伴う記録的な大雨の影響で、岩手県岩泉町の浸水被害が起きている高齢者グループホームで9人の遺体が見つかるなど、これまでに岩手県で合わせて11人の死亡が確認され、北海道では3人の行方が分からなくなっています。

31日午前10時ごろ、岩手県岩泉町乙茂地区で、台風10号の浸水被害を調べていた警察官が、高齢者グループホーム「楽ん楽ん」で9人の遺体を見つけました。警察によりますと、遺体はいずれも高齢者で、警察は、入所者ではないかとみて確認を進めています。
また、警察などによりますと、岩泉町内を流れる小本川の川岸で31日午前10時ごろ、お年寄りの男性1人の遺体が見つかったということで、警察が詳しい状況を調べています。
久慈市山根町では30日午後10時すぎ、川の水があふれて近くの住宅に流れ込み、この家の中で高齢の女性が遺体で見つかりました。警察は、この家に住む女性とみて確認を進めています。

【NHK NEWS WEB 2016.8.31.】

岩手 岩泉町 中心部が広範囲で冠水

岩手県岩泉町にある岩泉病院の職員によりますと、町の中心部が広い範囲で冠水し、国道の一部も資材などで塞がれ、車が通れない状態だということです。職員は「川沿いの住宅は床上まで水につかり、泥が入り込んだと聞いている。道路の至る所でがれきが流れて、どこまで被害が出ているかわからない状況だ」と話していました。

【NHK NEWS WEB 2016.8.31.】

北海道 空知川と札内川で堤防の一部が決壊

31日朝早く、北海道南富良野町を流れる空知川と、帯広市などを流れる札内川で堤防の一部が決壊し、南富良野町では広い範囲で住宅や避難所などが水につかる被害が出ています。

国土交通省の北海道開発局によりますと、空知川は、午前4時40分、南富良野町の幾寅地区の太平橋の上流で、およそ100メートルにわたって堤防が決壊しました。また、開発局のドローンによる調査では、さらに数百メートル上流でもう1か所、およそ250メートルにわたって決壊した場所が確認されているということです。

【NHK NEWS WEB 2016.8.31.】

スポンサーリンク

管理人ルートから何から何まで、従来の概念をくつがえした台風10号だけど、異例といえる岩手県の上陸により、東北や北海道で甚大な被害が出ているようだ。

報道によると、記録的な豪雨の影響で岩手県を流れる小本川が氾濫
岩泉町や久慈市が大きな被害を受け、高齢者グループホーム「楽ん楽ん」で9人の遺体を発見
岩手県内で合計11人の死亡が確認されている他、北海道でも南富良野町を流れる空知川や帯広市を流れる札内川など、複数の河川が氾濫
これにより3人が行方不明になっているとのことだ。

また、北海道では交通の要所である日勝峠にかかる橋が流出
JR根室線の橋も流されたことで、特急も運休が相次ぎ、道路・鉄道ともに甚大な被害が出ている模様

この記事にも書いたように、やはり強風よりも集中豪雨が各地で発生したことで、洪水や浸水などの水の被害が多く出ている状況となっているようだ。

りのちゃん困り3ssa11人が死亡ですか…。
ついこの前関東地方で大きな被害が出たばかりなのに…やはり最近、豪雨による被害が非常に多くなっていますね

管理人最近の気象現象の特徴は、局地的に猛烈な雨が降ることで、一瞬のうちに川が増水、一気に堤防が決壊するなどしてあっという間に市街地に水が流れ込んでくることで、今回も同じような事態が各地で起こったようだ。

11人もの人が亡くなったのも辛い事態だけど、経済的な損失もかなりの額に上るだろう。
特に岩手県は3.11で大きな津波被害を受けているだけに、せっかく復興しかかっていたところでのこの台風直撃は、非常に痛い事態となってしまったね。

どうも最近、世界中で例を見ない異常気象が増えているみたいなので、今後も日本全国で特に豪雨に対する警戒を強めておくのが良さそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket