安倍総理と田原総一朗氏が首相官邸で”謎の会談”!田原氏「『政治生命をかけた冒険をしないか』と話した。(内容は)そのうちに分かる。」

Pocket

どんなにゅーす?

ジャーナリストの田原総一朗氏が、2107年7月28日に首相官邸で安倍総理とおよそ1時間会談し、昼食を共にしたことを明かした。

・田原氏は、安倍総理に「政治生命をかけた冒険をしないか。安倍さんが今やるべきことだ」などと話したことを明かし、その内容については「そのうちに分かると思う。そんなに遠くもたないじゃない、安倍内閣は」などと話し、含みを持たせた。

スポンサーリンク

田原総一朗氏、首相に面会 内容「そのうち分かる」

ジャーナリストの田原総一朗さんが28日、首相官邸で安倍晋三首相と約1時間面会した。田原さんは面会後、記者団に「首相に『政治生命をかけた冒険をしないか。安倍さんが今やるべきことだ』と言った」と説明。「冒険」の具体的な内容については明かさなかったが、「そのうちに分かると思う。そんなに遠くもたないじゃない、安倍内閣は」などと語った。

この日の面会は、田原氏が首相周辺に対し、「冒険」の具体的内容について話をしたところ、それを聞いた首相から田原氏に「会いたい」と求め、設定されたという。

【朝日新聞 2017.7.28.】

出典:YouTube
スポンサーリンク

 

首相官邸で急遽執り行われた、”怪しげな二人”の「謎の会談」が話題になっているけど、どうやら、安倍総理が田原さんを招待したことで実現したみたいね。

ネットでも色々言われているけど、まったく、安倍政権をケチョンケチョンにこき下ろしたと思ったら、その一方で官邸で一緒に「謎の悪巧み会談」を行なったりと…ジャーナリストの”肩書き”を掲げておきながらも、実に気味の悪い爺さんだね。
田原氏が一体何を安倍総理に吹き込んだのかは分からないけど、ネットでもすでに言われているように、主に解散総選挙に関するアドバイスをしたと考えるのがいいのかな?

確かに、多くの識者が指摘しているように、「改憲勢力の確保」そのものにこだわらないとするならば、まさに解散を行なうタイミングは「今しかない」とも言える。
すでに支持率がかつてないまでに下がり続けている中、肝心の野党側の団結と共闘が上手く進んでない上に、民進党が代表選挙などでバタバタしている今、「出来る限り大負けしない」ことを主眼に置けば、このタイミングで解散を打ち出すのは最も無難な選択ともいえる。

そういう意味で「ポジティブな解散風ではない」ものの、自民党側からしてみれば、解散を打ち出すのに多くの条件が揃っているのではないかな?

でも、安倍総理の憲法改正へのこだわりは異常を通り越して、病的なレベルだし、そんな改憲への欲望が強ければ強いほど、解散の決断が出し辛くなってくるのも事実よね。

そういう意味で、田原氏は「冒険」という表現を使ったのかもしれないね。
まったくもって、田原氏は安倍総理に余計なことを吹き込んでいる感じだけど、果たして安倍総理は彼のアドバイスを素直に受けるのかな?
とにかく、今後の動きを注意深く見ていくとしよう。

追記:田原氏は「冒険」の中身について、解散総選挙や改憲、北朝鮮関連ではないことをその後に明言。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket