【山口・周南市川崎】1歳になる次女をひも状のもので絞めて死亡させる!母親の熊井佳津子容疑者(39)を逮捕

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月16日午前11時半頃、山口県周南市川崎のアパートにて、1歳になる次女の熊井りかちゃんの首をひものような物で絞めて死亡させた疑いで無職・熊井佳津子容疑者(39)が逮捕された。

・この日は熊井容疑者が体調が良くなく、夫が心配して電話をしたところ、「首を絞めた」と話したことで事件が発覚。熊井容疑者は容疑を認めているという。

スポンサーリンク

1歳女児“ひも”で首絞め…死亡 母親逮捕

1

2

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは周南市川崎の無職・熊井佳津子容疑者。警察の調べによると、熊井容疑者は16日午前11時半頃、自宅で二女のりかちゃんの首をひものようなもので絞めて殺害しようとした疑い。りかちゃんは病院に運ばれたが、その後、死亡が確認された。

【日テレNEWS24 2017.1.16.】

スポンサーリンク

 

あおいちゃんかなり困りssaなんだか、家族同士の殺人や親が小さい子を殺める事件が続いているけど、(上のツイートでも言っている人がいるけど)いくらなんでもあまりにもこういう事件が多すぎる気がするわっ。
一体この世の中はどうなっているのよっ?

管理人この事件も、母親が経済的なものか何かの理由で精神が病んでしまい、それらのストレスが原因で突発的な感情で我が子の首を絞めてしまった可能性があるし、あおいちゃんの言う通り、最近特にあまりにこういう事件が多すぎる
(あまりに頻発しすぎて半ば感覚が麻痺しかかっているけど、これはかなりの異常事態だとボクは思う。)

それだけストレスが極限まで溜まり、精神が深く病んでいる親が多いということだと思うし、ボクも元々決して裕福な家庭ではなかったので、経済的に苦しいと子育てにも強いストレスが溜まったり、夫婦間の関係もあまり良くなくなったりして、家族間が険悪な雰囲気になることが増えるのもよく分かる。

前にも何度も書いてきたけど、やはりこういう事件がとても増えているのも、昨今の政治によって貧富の格差がより酷くなってきているのと無関係ではないと思うし、仕事が大変な割に家計が苦しかったり、将来が全く見えないことで強いストレスや絶望感を感じ、子育てにも疲れきって自暴自棄になってしまうようなケースが多くあるのではないだろうか

そして、テレビやマスメディア、インターネットなどに無防備にどっぷり浸かってきた影響で、本来人間が備わっているはずの脳機能が破壊されつつある人が多いように感じるのも、日頃から気になっている。
どうか、社会的に弱い人でもある程度の希望や人生設計が出来るような社会が日本に一日も早くやってくるよう、心より祈っているよ。

あおいちゃんかなり困りssa私も、今の日本の社会弱者の親御さんたちの子育ての厳しさや冷血さは、あまりに異常すぎるように思えるわ。
その影響で、子供を産みたくても産めない人や、あまりに現実の厳しさに絶望して精神を病んでしまう人も多くいるかと思うし、どうにかして、日本がもう少しかつての優しさや温もりのある社会に変わっていくことを強く願っているわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket