【選挙対策?】政府が返済不要の奨学金の導入を検討!2年後の導入を目指すとのこと

Pocket

繰り返し話が出るもすぐに立ち消えていた「返済不要の奨学金の導入」を馳大臣が言及

スポンサーリンク

返済必要ない「奨学金」2年後の導入目指し検討開始

文部科学省で4日開かれた会議には、有識者や自治体の教育長など15人が参加し、馳文部科学大臣が「経済的な事情で進学を諦めざるをえない子どもたちに希望を与えられるよう、専門的な立場から議論してほしい」と述べて、給付型の奨学金制度の導入に意欲を示しました。

【NHK NEWS WEB 2016.7.4.】

管理人今まで何度も議論され、導入の要望も多かった「返済不要の奨学金」だけど、安倍政権は何度も取り組もうとするポーズだけ見せるも、真面目に導入しようとしている様子が見られなかったのに…このタイミングで突如、馳文科大臣が導入に向けて踏み込んだ発言をしたようだ。

ボクなんかは、このタイミング的に「若い人向けの選挙対策のリップサービス」に思えてしまうんだけど、どうなのかな?

あおいちゃん驚きssa私もこの先大学に進学したいし、もし返済不要の奨学金があったらとっても助かるんだけど・・・確か、安倍政権はこれに一定の理解は示していたものの、「財源が無い」とかの理由でずっと見送りになっていたのよね。

管理人財源なんて、あれだけ海外にばら撒きまくっているんだから、ちょっと捻出すれば充分あると思うんだけどな。
とにかく、欧米なんかは奨学金は返済しないのがスタンダードだし、実質ローン(借金)と同じ日本の奨学金制度は、世界的に見ても”異常”とも言えるような状態だ。
おまけに、そのせいで返済が滞ってブラックリストに載ったり、返済不能で債務整理をする事態になる人が続出するなど、とんでもないことになってしまっている。

それだけに、なるべく早くにこの問題を改善することは急務なんだよ。

スポンサーリンク

優秀な人材を国から輩出するためにも、国家が教育にお金をかけるのは当たり前

管理人特に完全に独立している国家は、国力を維持し、国を豊かにするためにも、自国の人材育成に大きな力を注ぐのは当然のことだ。
事実、アメリカやロシア、ヨーロッパの主要国も、学費などを国が積極的に支援する制度が充実していて、小学校から大学までタダ同然で通える国もあるくらいなんだよ。
その理由は、研究者や開発者、政治家など、優秀な人材を国や自国企業に送り出すことで、経済や技術力などの国力を豊かにした上で、それを国民に還元させるためだ。

ところが日本の場合は、世界的に見ても教育費が非常に高い上に、そのほとんどを一般国民(親)が負担しなければならないのが現状だ。
その理由は簡単で、国や自治体がそれだけ教育に予算を注ぎ込んでいないからなんだ。

なぜここまで日本は自国の子供の教育に冷たいのか?ということだけど、ボクはこれこそが日本が独立した国家でない(アメリカの属国である)ことの証だと思っている
アメリカも、日本が今以上に人材を充実させて国力を持つことを嫌っているし、日本政府自体もアメリカに深く依存している分、自国で人材を育てて自分たちだけで何とかしようという意識が欠けているわけだ。

あおいちゃんかなり困りssaな、なるほど。
そういう背景もあって、日本は教育関連にやけに冷たい部分があるのね。
ようやく返済の要らない奨学金の検討が始まるってことだけど、これって実現の可能性はあるのかしら?

管理人うーん、自民党はいつも選挙前に耳障りのいいことを言っておいて、いざ選挙に勝ったらそれを反故にすることも多いからね。
今回もなんだかそういう予感もするし…ただし、若い人はこの話に反応して、自民党に入れる人も多いかもしれないね。

確かに、もしもこれが実現すれば大きな一歩にはなるけど、その分、今まで返済を強いられてきた人から不満が出てくるのは間違いないだろう。
こういう人たちをどうするのかという意味も含めて、果たしてこれがきちんと行なわれるのかどうか、よく見ていかなければいけないね。
(検討なんていう「逃げ道」を作った言い方をしているので、少々疑わしい気もしているよ。)

 

まとめ

管理人本来「奨学金」というのは、返済が必要ないもの(あるいは僅かな額の返済で済むもの)を指す言葉で、(金利は低めなものの)実質ローンと同等のものを「奨学金」と呼ぶ日本の制度は、かなりオカシナものだ。
他の国を見渡しても、人材育成を国の根幹と考え、教育に多くのお金をかけている中、日本も一刻も早く、この問題のあるシステムを見直していく必要がある

果たして安倍政権がこれを真剣に取り組む気があるのか?かなり疑わしいけど、どの政権にしろ、まずは返済不要の奨学金制度を確立するべく、尽力してもらうことを願っているよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA