安倍政権が2018年度の社会保障費を1300億円削減の方針!海外バラマキ&お友達には税金を横流しする一方で、国民に対しては容赦なし!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が2018年度の社会保障費を1300億円削減する方針を発表した。

・安倍政権は、2015年に高齢化などに伴う社会保障費の自然増を5000億円に抑える閣議決定を行なっており、2018年度は診療報酬の改定などを通じて、社会保障費の増加を1300億円ほどにまで削減する方針だという。

スポンサーリンク

社保費
1300億円削減へ 薬価下げなどで圧縮

政府は、2018年度の社会保障費を1300億円削減する検討に入った。高齢化などに伴う自然増が6300億円に上る見通しで、政府目標の「自然増5000億円」を超える部分を抑制する。政府は、薬価引き下げなどで18年度の診療報酬改定をマイナスとし、削減分の大半を賄う考えだ。

政府は15年6月に、16~18年度の自然増を計1兆5000億円に抑える「目安」を閣議決定。各年度で5000億円に抑えるため、16年度は診療報酬改定で1700億円削減。17年度は、医療・介護保険制度改革で1400億円を削った。

【毎日新聞 2017.7.14.】

スポンサーリンク

「税金の無駄遣い」が一向に改善されない状況の中、国民に対しては容赦なしに社会保障費削減!

安倍政権が2018年度の社会保障についても1300億円規模の削減を行なう方針のようです。
安倍政権は、2015年に16年~18年の社会保障費の自然増を5000億円に抑える閣議決定をしておりますが、この先ますます少子高齢化が進むにつれて、このままではかなり日本は大変なことになってしまうかもしれません

もうすでに、この先の日本で待っている少子高齢化は、かつてないまでにあちこちで深刻な影響を及ぼすことがはっきりと見えてきているし、そんな中でも、どうにか国民が飢え死にせずに最低限の医療を受けられるようにするためにも、徹底的な税金の無駄を削減し、一部のお金持ちばかりに富が一方的に偏ってしまう状況を是正させた上で、社会保障に多くの国費を充てなければならないのが本来やるべき状況であるはずだ。

ところが安倍政権は、海外への(合わせて)数十兆円規模バラマキを強行したり、加計疑獄に代表されるように、特区制度を悪用して「腹心の友」たちに税金を大量に横流ししたり、「アベノミクスが上手く行っている」との名目で公務員給与のアップなどを行なっている中で、社会保障費については容赦なく削減し続けていくのだから、批判が殺到するのも当然なのではないだろうか。

ちなみに、薬価の引き下げなどによる「診療報酬の改定」というのは、病院などの医療機関に支払われる保険診療の報酬が事実上削られることを意味し、これはすなわち国民の保険診療の負担分が増加することに繋がってしまう。

りのクンの言うとおり、このような税金の使い方をしている状況で、この先高齢化が進んでいけば、冗談抜きで、病院にも行けずに自宅で死んでしまう人が増えたり、かつてないまでに貧富の差が広がっている中で、貧しい側の日本国民の健康で安心な生活が大きく脅かされてしまう事態がかなり心配される。

もっと真剣に、社会保障に充てるお金の配分や、税金の使い方など、国民レベルで考えていく必要があるのと、今以上に政権与党における税金の使い道について、厳しくチェックしていくことが重要なのではと思うよ。

特に(なぜか)国民からの人気の高い小泉進次郎さんなどは、ますます厳しい社会保障の削減や国民の負担を主張していますからね。
こんなことも平気で発言されているだけに、自民党に政治を任せている限りは、ますます大変な世界に変わってしまうかもしれません…

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket