【悲劇】スズメバチの駆除で家が爆発&焼失!「ハチオブミッション8」に4700万円の賠償命令!

Pocket

どんなにゅーす?

・平成26年10月、京都府に住む70代の夫婦ら4人が暮らす家にスズメバチの巣が作られ、ペットの犬がハチに刺されて死亡した他、長男も刺される被害を受けたために、夫婦はハチの駆除を業者に依頼することに。

・夫婦は、ハチ駆除業者の「ハチオブミッション8」に駆除を依頼。ところが、やってきた二人の業者が、殺虫スプレーが充満したかやぶきの中に発煙装置を投げ入れたために、家に引火し、爆発そのまま家は焼失したという。

・これを受けて、70代の夫婦はこの業者を大阪地裁に提訴。この業者に対して4700万円の賠償命令が言い渡されたとのこと。

スポンサーリンク

スズメバチ駆除で爆発、自宅炎上 「どこがスペシャリストやねん!」家族怒り心頭、法廷闘争の行方

爆発、炎上…命からがらの避難

次の日の夕刻、作業員2人が山田家に臨場した。

だが、スペシャリストであるはずの2人の行動は、素人目にもどこかおかしかった。

かやぶきのどこに巣があるのか特定しないまま作業をスタートさせ、いきなり薬剤のスプレーを散布したのだという。

スプレー攻撃を受けたスズメバチは当然、逆襲を仕掛けてくる。どこからともなく飛来したハチにおびえたのか、2人は頭上のかやぶきの中に発煙装置をほうり込み、煙幕を張った。

これが災難の引き金となった。

散布したスプレーのガスが充満しているところに、発煙装置を投入したのだ。当たり前の帰結として、引火した。

ここで「火が付いてしまった」と正直に申告してくれれば、まだ良かったかもしれない。だが、作業員らは当時家にいた夫婦らに火災発生を知らせず、「水を使いたい」とだけ申し出たという。

自分たちだけで消火しようと試みたようだが、火はみるみるうちに広がっていく。そのうち、爆発音がとどろいた。

夫婦らもようやく火災に気づいたが、時すでに遅し。一緒にいた孫娘と命からがら、逃げ出すので精いっぱいだった。貴重品や位牌(いはい)、思い出の品など何一つ持ち出すことができなかったという。

【産経新聞 2016.5.19.】

スズメバチ駆除で自宅焼失… 業者に約4700万円を支払い命令 作業員2人とは和解 大阪地裁

スズメバチ駆除を依頼した業者の過失により、自宅が炎上・焼失したとして、京都府の夫婦らが大阪市の駆除業者「ハチオブミッション8」の当時の作業員2人と運営会社に損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(森田浩美裁判長)が同社に約4700万円の支払いを命じる判決を言い渡していたことが5日、分かった。作業員2人とは判決前に和解が成立した。

【産経新聞 2017.1.5.】

スポンサーリンク

 

にゃこちゃん驚きssaにゃあああ~~っ!!

スズメバチしゃんに巣を作られちゃって、ペットのワンちゃんも刺されて死んじゃったのに、おまけに蜂の巣駆除を業者に頼んだら家まで全部燃やされちゃうなんて…こんなニュース今まで聞いたこともないにゃあ!!

管理人まったく、ここまで徹底的にツイていないケースもなかなかないね。
しかも、この業者の名前があまりにインパクトがありすぎてまいったよ。(ネットのみんなも真っ先にこのネーミングに反応した模様…)

なんとか損害賠償を勝ち取ったのはこの夫婦にとっては良かったけど、果たしてこれがきちんと支払われるのか…ちょっとこれが心配だね…。

ちなみに、蜂の巣駆除にちなんだ火災はこれ以外にもあったようで、2008年の9月に新潟県小千谷市の寺の副住職が、スズメバチの巣を焼き払おうとしてハチの逆襲にあい、火がついた棒をそのまま放置して逃走
住職も大ケガを負った上にこれが寺に引火して全焼したという騒動があったようだ。

出典:痛いニュース

にゃこちゃん驚きssa世の中、想像もしないようなビックリニュースが絶えないにゃあ!
蜂の巣駆除業者しゃんも、これからはかなり慎重に選んだほうが良さそうだにゃ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket