【え?】菅官房長官が読売新聞の北方領土2島返還方針を完全否定!「全くの事実無根、明確に断言する!」


読売新聞朝刊の報道を菅氏が完全否定!

出典:ウィキペディア
スポンサーリンク

北方領土、2島返還が最低限…対露交渉で条件

政府は、ロシアとの北方領土問題の交渉で、歯舞群島、色丹島の2島引き渡しを最低条件とする方針を固めた。

平和条約締結の際、択捉、国後両島を含めた「4島の帰属」問題の解決を前提としない方向で検討している。安倍首相は11月にペルー、12月には地元・山口県でロシアのプーチン大統領と会談する。こうした方針でトップ交渉に臨み、領土問題を含む平和条約締結に道筋をつけたい考えだ。

複数の政府関係者が明らかにした。択捉、国後については日本に帰属するとの立場を堅持する。その上で、平和条約締結後の継続協議とし、自由訪問や共同経済活動などを行いながら、最終的な返還につなげる案などが浮上している。

【Yahoo!ニュース(読売新聞)2016.9.23.】

菅義偉官房長官「そのような事実全くないと断言」 北方領土交渉で4島帰属前提にしないとの報道否定

菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、ロシアとの平和条約締結交渉で、政府が歯舞群島、色丹島の2島返還を“最低条件”とするとの方針を固め、条約締結の際には国後島、択捉島を含む4島の帰属を北方領土問題解決の前提にしない方向で検討しているとの23日付読売新聞朝刊の報道について「そうした事実は全くない。明確に断言しておく」と否定した。

菅氏は北方領土問題に対する政府見解について「4島の帰属問題を解決し、平和条約を締結していく。この基本方針のもと、粘り強く交渉を進める方針であることは全く微動だにしていない」と改めて強調した。

【msn(産経新聞)2016.9.23.】

りのちゃん驚きssaえっ、菅官房長官が今日の読売新聞で報道された報道を完全否定ですかっ!
一体これはどういうことなんでしょうか?

管理人こりゃまた、なんとも奇妙な事態が起こっているね。
(ていうか、こんな風に安倍政権がマスコミの報道を「デマだ!」と完全否定するのって、何度目だっけ…)

読売新聞が完全なデマを流すのも少し考えづらい気もするし、恐らく政府関係者の誰かが、こうした内部の秘密情報をリークしたと見るのがいいのかな。
ネット上では「交渉前に手の内を明かすヤツがいるか!」「いきなりロシア側に全譲歩するとは!」などと怒りの声も見受けられるけど、確かに、これらは一理あると思う。

これ(2島の返還方針)が本当であれば、今までの交渉方針から一気に譲歩に向かい、完全にロシア側の意向に従う形で決着することになるし、一部の人たちから「弱腰外交」と批判されても仕方ないようにも思えるね。
恐らく、事前にこうした情報が出てしまうのは安倍政権にとっても計算外で、慌てて世間の批判の声を打ち消す形で菅氏は否定しているのかもしれないな。

このような状況をロシア側がどう見るか、この先どのような形で北方領土交渉が進んでいくのかも、注意深く見ていくのがいいかもしれないね。
(ここまで否定した状況で2島返還で決着したら、かなり格好悪い状況に…)

りのちゃん困り2ssa政府内で一体何が起こっているのか、よく把握できませんが…今後の推移を見守っていこうかと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA