スペイン国内(バルセロナ他)で3つのテロ事件が相次ぐ!車の暴走や銃撃戦などで100人以上が死傷!ISによる組織的犯行との報道

Pocket

どんなにゅーす?

スペインで3つの無差別テロ事件が相次ぎ、100人以上の死傷者が発生している。

・特に、バルセロナの中心部で起こった車の暴走を伴ったテロ事件では、多くの観光客がテロに巻き込まれ、13人が死亡。以前の欧州で発生したテロと同じくIS(イスラム国)の犯行であるとの報道が出てきている。

スポンサーリンク

スペインテロ 3つの事件…組織的犯行か

今回のテロは3つの事件が関係している可能性があり、異様な広がりを見せている。バルセロナでは観光客が集まる広場周辺や目ぬき通りに車が突っ込み13人が死亡、100人以上がケガをした。実行犯は逃走した。

銃撃戦となったのは2つ目の事件。バルセロナでのテロと同じ日、南に100キロにある町カンブリスで起きた。ここでも通りの人混みに車が突っ込み、その後、実行犯と警察との銃撃戦で5人の容疑者が殺害された。

3つ目は、前日別の町で民家が爆発し、何者かが爆発物を作っている最中だったと伝えられている。警察はこれら3つの事件がすべて関連しているとみているということで、組織的に多発テロを計画していた可能性が出ている。

警察はこれまでに事件に関係して3人を逮捕したが、実行犯かどうかもわからない。殺害した5人の容疑者も含め全容解明を図りたい考え。一方で、過激派組織「イスラム国」系の通信社は戦闘員の犯行だと伝えている。

【日テレNEWS24 2017.8.18.】

スポンサーリンク

またしても、何の罪もない一般の人々が大勢亡くなる無差別テロが起こってしまったわ。
しかも、スペイン国内で3つのテロが相次いでいて、現地の人々を恐怖に陥れている状況よ。

欧州各国のうち、イギリスフランスドイツやベルギーなどでは何度かテロが起こっていたものの、以前よりスペインでは長らく大きなテロが起こっていなかっただけに、現地の人々も大きな衝撃を受けているみたいだ。

近年ISは徐々に勢力を弱めているとの報道も出ていたけど、やはり今でも組織的にテロを起こしている実情が明らかになったし、3カ所で同時多発的に引き起こされた可能性があることから、どうも嫌な感じがするね…。

イスラム系のテロ組織が世界中で暴れれば暴れるほど、キリスト教VSイスラム教の(虚偽の)構図が強固に形作られ、行き着く先は第三次世界大戦だし、北朝鮮情勢も緊迫した状況になっていることからも、今現在戦争ビジネス勢力は虎視眈々と次の戦争を企てていることを感じさせる。

おそらくイスラム国が壊滅したとしても、好戦的で過激な思想を持つ(米・イスラエルの)ネオコンが軍事利権を握っている限り、新たな手口で世界に恐怖を焚き付けていくことになるだろうし、個人的にはこのスペイン・テロは新たな局面に入り始めたような気もしており、どうも嫌な予感がしているよ。

犯人は逃走中の上に、17歳の少年が暴走した車に乗り込んでいた可能性も報じられているだけに、今後の続報も気になるところだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket