【興味深い】街宣右翼団体「草莽崛起の会」のメンバー全員の免許を取り消し!街宣車での「共同危険行為」適用は全国初!

Pocket

どんなにゅーす?

・2015年に鳩山由紀夫元総理の車を取り囲むなどの妨害行為をしたことなどで知られる、街宣右翼団体「草莽崛起(そうもうくっき)の会」のメンバー全員が、免許取り消し処分される見通しであることが分かった。

「草莽崛起の会」とは、吉田松陰や長州の幕末藩士らを称える目的で立ち上げられた街宣右翼団体で、チャンネル桜や「頑張れ日本 全国行動委員会」などとの関係もささやかれている。

スポンサーリンク

右翼街宣で免許取り消しへ

街宣車などで信号無視を繰り返したとして、警視庁公安部が昨年5月に道交法違反(共同危険行為)容疑で書類送検した右翼団体「草莽崛起の会」の男性構成員20人について、全員の免許が取り消される見通しとなったことが3日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、暴走族対策に適用することの多い共同危険行為の規定を、右翼団体の街宣車を使った活動に適用し、免許取り消し処分になれば全国で初めて。

20人は栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川の1都4県の40~50代で、東京区検は2日、全員を起訴猶予処分にした。いずれも大筋で容疑を認めているという。

【ロイター 2017.3.3.】

↓鳩山総理の車を取り囲んだ際にも2人が逮捕。

スポンサーリンク

↓長州クーデター勢力の中心人物、吉田松陰が唱えたといわれる「草莽崛起」。チャンネル桜などのその他の安倍応援団体もこのスローガンを多く使用している。
1

出典:日本文化チャンネル桜

2

出典:頑張れ日本!全国行動委員会
スポンサーリンク

長州礼賛勢力がバッシングを受けている中での異例の免許取り消し処分!この妙なタイミングの一致の背景とは?

せなちゃん素ssaa街宣右翼団体の「草莽崛起の会」が異例のメンバー全員の免許取り消し処分になったんですって。
このニュース「単独」ではそこまでインパクトないかもだけど、長州礼賛勢力の日本会議が激震に揺れているタイミングでのこの異例の処分を見ると、ついつい、色々勘ぐりたくなってきちゃうのよねぇ。

管理人安倍総理や安倍政権の閣僚たちも含めて、彼らに見事なまでに共通しているのは、幕末の長州クーデター勢力の中心人物、吉田松陰が掲げた「草莽崛起」というスローガンや、江戸幕府を倒した長州への異常なまでの礼賛思想、そしてロスチャイルドら欧米軍産勢力の後ろ盾の中で長州が絶対的な権限を握った明治政府や後に続く大日本帝国への憧憬と復興だ。

日本で右翼と呼ばれる人々は、奇妙なまでにこの明治にこだわり、それ以前の(欧米のスパイ勢力を締め出すために)鎖国をしていた江戸幕府を称える人間はほとんどいないという点で妙に共通しており、こういう点からボクは、これらは全て、ロスチャイルドやロックフェラーをはじめとした欧米軍産勢力がバックについており、さらに言えば、長州の下級武士のルーツである朝鮮と彼らに侵食していたシオニスト・ユダヤ勢力がその原点にあるものと考えている。

安倍総理の祖父の岸信介やCIAによって作られた朝鮮カルト宗教の統一教会も、これら暴力団や街宣右翼などとも密接に結びついており、ここに生長の家やその他多数の信仰宗教が合体して作られている日本会議を中心に、田母神氏や百田氏や櫻井よしこ氏らの言論人や、さらにはアパやチャンネル桜や在特会など、相当に巨大な長州礼賛ネットワークを日本国内に築いており、これが特に近年、長州ルーツの安倍政権の権力アップとともにより力を増し、メディア界にまでかなり進出してきた状況だった。

この「草莽崛起の会」もその長州礼賛ネットワークの一部だと考えられ、鳩山氏の車を妨害するなど、過激な実行部隊として活動してきたものの、なぜかこのタイミングで「全国初」という、メンバー全員の免許取り消し処分と相成ったということだ。

 

この突然の安倍政権(長州勢力)の激震の背景にトランプ政権?

せなちゃん素ssaa日本のメディアの最上級のタブーだった日本会議が、当たり前のように連日メディアで報じられるようになったのも本当に不思議だし、急遽企画された赤坂飯店もほとんど効き目もなくここまで安倍政権に不都合な報道が収まらないのは、相当に強い力が掛かり始めた以外に考えられないわ。

管理人ボクは最初は、トランプに徹底的に擦り寄ろうとしていた安倍政権に怒った、ソロスなどのグローバリスト側が今回の安倍バッシングの黒幕と見ていたんだけど、日本会議までもがここまで針のむしろにされ始めたのを見て、もしかしてトランプ側の勢力が関係しているのかなという気がしてきたよ。

トランプはかねてより、第三次世界大戦を経て、急進的なグローバリズムとともに新世界秩序を計画していたロスチャイルドに徹底的にケンカを売っており、TPP脱退を合図に、次々と連中のグローバリズム(新世界秩序)計画を邪魔するような政策をやり始めようとしている
そして、トランプはロスチャイルドの国際金融資本だけでなく、これらと密接に繋がるネオコン軍産に対しても本格的にメスを入れようとしており、その関係で、かつてのネオコン系のジャパンハンドラーであるアーミテージやナイ、グリーンも全て排除され、すでに失脚している。

ボクは、日本会議や長州礼賛のカルト宗教勢力も、これらネオコンの産物であると見ているので、そう考えると、トランプ一派が日本からネオコン勢力を一掃するために、日本会議にメスを入れ始めた可能性はあるかもしれない。

とにかく、ここまで急激に流れが変わるというのは、相当強い力がかかっていることは間違いなく、突然に今まで無敵状態だった長州カルト勢力が突如攻撃を受け始めてきたのは中々興味深い動きであるといえるかもしれないね。

せなちゃん素ssaaこの異常な長州(明治)賛辞勢力こそが日本を一番ダメにした元凶だと思うし、日本会議やその周辺のカルト勢力がもろとも潰れるのだとしたら、これ自体はかなり歓迎すべきことだわ。

一体誰がこの動きを主導しているのかはまだよく分からないけど、今後より注意深く政情をウォッチしていく必要がありそうね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket