【またも…】埼玉県草加市旭町で男女の高校生が刺され、西山康介さん(16)が死亡!高校1年の少年を殺人容疑で逮捕!恋愛に関するトラブルか

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月3日午後11時40分頃、埼玉県草加市旭町の2階建てアパートで、男女の高校生が刃物で刺される事件が発生し、西山康介さん(16)が死亡女子高生は重傷だという。

・警察は、現場から逃走し、自宅マンションにいた15歳の男子高校生を逮捕刺された2人は交際しており、2人を刺した男子高校生は以前に女子高生と交際していたとみられる。

スポンサーリンク

埼玉・草加市 16歳の少年少女死傷、“交際トラブル”か

3日午後11時40分ごろ、草加市の2階建てアパートで通報を受けた警察官らがアパートに住む16歳の県立高校の女子生徒と交際相手で別の県立高校に通う16歳の西山康介さんが胸などを刺されているのを見つけました。2人は病院に運ばれましたが、西山さんはまもなく死亡が確認され、女子生徒は重傷です。

「男の子は酸素マスクして、意識がなくて心肺蘇生をされていた」(近所に住む人)

「アパートからふらふらって出てきて、ふらふらしながら駐車場を通ってどっか行っちゃいました」(近くにいた人)

警察は、現場から立ち去った県立高校1年で、15歳の少年が2人を刃物で刺したとして、三郷市の自宅マンションで身柄を確保し、殺人などの疑いで逮捕しました。少年は以前、女子生徒と交際していたとみられるということです。取り調べに対し少年は「二人を殺そうと思って刺したことに間違いない」と容疑を認めているということで、警察は交際をめぐるトラブルがあったとみて捜査しています。

亡くなった西山さんの母親は「いまだに信じられません今は何も考えることもできません」とコメントを出しました。

【TBS News 2017.9.4.】

スポンサーリンク

また、高校生による衝撃的な殺人事件が起きてしまいましたねぇ…。
二人を刺した少年も「二人を殺そうと思って刺したことに間違いない」と警察に話しているようですぅ。

まったく、交際トラブルによる高校生や10代の若者たちの殺人事件が本当に多いね…。
ネット上でも散見されるけど、なにかのきっかけで思想や感情がすぐに両極端に振り切れてしまい、感情のコントロールが出来なくなってしまっている人が増えているように感じるのと、自己防衛本能が欠如してしまっていることで、自らの身を滅ぼしてでも他に対する攻撃を優先してしまったり、多角的な思考力が持てなくなってしまっている若者が増えているのかもしれないね。

人の命を簡単に奪ってしまう若者も、自らの命を簡単に絶ってしまう若者も、ある意味では共通した部分があり、どちらも、生命の尊さやかけがえのなさを心から感じることが出来なってしまっていることが考えられるし、今現在自らが生きていることに対するありがたみや感謝の思いを全く持てなくなってしまっているのかもしれない。

これも、今の日本社会に蔓延している閉塞感や活気のなさ、若い人たちが将来に希望が持てないこと、命の大事さを子供に理解させる教育が欠けていることなどが、何らかの影響を及ぼしているのかもしれないね。

昔から若い人たち同士のケンカや暴力事件などは多くあったみたいですけど、ここまで明確な殺意が伴った殺人事件はあんまりなかったみたいですねぇ。
交際のもつれだけで殺人まで犯してしまうなんて、普通じゃ考えられませんですし、ちょっとしたことですぐに絶望感に支配されてしまったり、自暴自棄になってしまう人が増えてしまっているのかもしれませんねぇ。

そうだね、最近若い人たちに関する悲しいニュースが多いけど、これもついつい色々と考えてしまうようなニュースだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket