【拍手!】そもそも総研が「シリア攻撃」の件でタブーに踏み込む!「アサドは本当に化学兵器を使ったのか?」「湾岸戦争時にもヤラセや嘘」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月13に放送されたテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の「そもそも総研」にて、アメリカによるシリア攻撃に関する疑義を特集した。

・番組内では、「アサド政権が化学兵器を使った」と主張している米国政府や欧米メディアの報道を疑問視。過去の湾岸戦争やイラク戦争時などにおける数々のヤラセや嘘などを紹介し、「戦争を仕掛ける側の政府発表を鵜呑みにするべきではない」との内容を放送した。

スポンサーリンク

↓とても貴重な放送は1時間6分40秒くらい~。

出典:YouTube
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネオコン戦争屋による嘘とヤラセによる「戦争の歴史」を紹介!この時代にこの内容を放送しきった玉川徹氏に拍手!

私もこの「そもそも総研」の特集観たけど、「こんなの放送していいの?」っていうくらいに凄い内容だったわよ!!

しかも、前に管理人さんに教えてもらった湾岸戦争のきっかけになった「偽の看護婦の涙の証言」「油まみれの海鳥」のことも放送してたのよっ!

ウフフ…久々に大手メディアの渾身の特集を見たような気がするわね。
久々の登場でこんなに攻めちゃった玉川さん、とっても素敵よ♪

↓当サイトでも何度も紹介してきた、戦争屋勢力の広告代理店が行なった、ニセモノ看護婦のヤラセ証言キャンペーン。

本当に、ここまで全世界で大々的に展開されている「悪のアサドを”正義の(ヤラセの)戦争”で倒そうキャンペーン」待ったをかけるような内容を放送してくれるなんて…、
ボクもここまで、既得権勢力に全力で抗った内容を放送してくれたことに、最大級の賛辞を送りたいと思うよ。

この番組が放送していることは全くの正論で、そもそもシリア内戦で勝利宣言をしているアサドが、自身が優位に事を進めているこんなタイミングで、「自滅行為」ともいえるような、こんな馬鹿げたことをやることはまず考えられないのは当然のことだ。
そして、怪しい現地の民間団体の報告や西側マスコミの第一報から驚くような速さでシリア攻撃に至っているトランプ政権についても、かなり不可解な部分が多くあるのも確かだ。

この番組が言っているように、過去にもアメリカを筆頭としたネオコン軍産勢力が、戦争に突入させるために数々の嘘やヤラセを行なってきた事実について、絶対に無視することは出来ないし、常に疑いの目を持ちながら、こうしたマスコミ報道や戦争を仕掛けている側の発表を受け止めるべきだ。

毎度毎度こうした報道やヤラセに騙されてしまう人が多いことが、マスメディアの歪んだ報道や戦争ビジネスに拍車をかけていることは間違いないことだし、だからこそ、世界から戦争の連鎖を減らし、少しでも断ち切っていくためにも、こういう視点や考え方をより多くの庶民が持っていく必要があるんだよ。

私もこのサイトで勉強するようになってからは、こうした「カラクリ」「仕掛け」もよく知ることが出来たけど、まだまだ戦争屋勢力と繋がっている大手マスコミの報道をそのまま信じちゃう人が多いものね。

ほんとに、こうしたことを教えてくれる番組はとっても貴重だし、こういう番組をたくさん放送してくれるよう、どんどん応援していくのがいいと思うわ!

こうした裏側の仕組みを突き詰めていくと、あの9.11もネオコンの自作自演のヤラセだったってことに必然的に辿り着いちゃうけど、その「直前」にまで踏み込んでいたこの特集はとってもGJだったわ♪
ますます玉川さんのファンになっちゃったし、この調子でこれからも勇敢にどんどん攻め続けて欲しいわねっ

今後、彼もますますメディアでの立ち位置が危うくなってくるかもしれないけど、ボクたちが何とか精一杯支援することで、この先もボクたち庶民にとって有益な特集を放送し続けていって欲しいものだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket