【日本のマスコミ…】真珠湾訪問、吉田茂首相以外にも鳩山一郎、岸信介両首相も訪問していたことが発覚!

Pocket

どんなにゅーす?

「現職総理初」と報じられた安倍総理の真珠湾訪問だったが、すでに分かっている吉田茂氏以外にも鳩山一郎氏、岸信介氏も真珠湾に訪問していたことが分かったと、静岡新聞が報じている。

スポンサーリンク

真珠湾訪問、過去に3首相 51年吉田氏、56年鳩山一氏、57年岸氏 ハワイ報知社報道

今月26、27日(現地時間)に予定される安倍晋三首相の米ハワイ・真珠湾訪問を巡り、静岡新聞社の関連会社のハワイ報知社が、現地22日付ハワイ報知で、実際は鳩山一郎首相と岸信介首相も真珠湾を訪問していることが60年前の記事から分かったと報じた。吉田茂首相も1951年に真珠湾に面した米太平洋艦隊司令部を訪れていたことを、政府が16日に記者会見で明らかにした。当初、今回が現職首相として初の真珠湾訪問とされていたが、既に3人の首相が真珠湾を訪問していたことになる。

ハワイ報知によると、鳩山首相は56年10月、モスクワでの日ソ交渉を終えた帰途、同29日に真珠湾を訪問した。翌30日付「布哇(ハワイ)報知」は、「鳩山首相きのう真珠湾を訪問」の見出しで記事と写真を掲載しているという。

岸首相は57年6月、アイゼンハワー大統領との会談で訪米した際、同28日に真珠湾を訪れた。翌29日付「ハワイ報知」英語版のほか、他紙もその様子を伝えているという。

22日付ハワイ報知には「鳩山、岸両首相とも『礼砲の歓迎』と『儀仗兵の閲兵』が行われており公式の訪問と見られる」との見解も掲載。真珠湾攻撃から75年の節目の慰霊訪問が、記憶に埋もれたかつての真珠湾訪問にも脚光を当てている。

【Yahoo!ニュース(静岡新聞)2016.12.24.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「現職総理初」と銘打ち、センセーションぶりをアピールしたものの、すでに3首相が訪問済み!実際には4人目だった安倍総理

真珠湾イメージ(ウィキペディア)

出典:ウィキペディア

あおいちゃん驚きssaえええ!?
安倍総理の真珠湾訪問、すでに、以前に吉田首相が訪問していたことが分かって、大手マスコミが伝えた「現職総理初」は間違っていたことが分かっているけど、それどころじゃなくって、さらに2人の総理が訪問していたって!

・・・ってことは、すでに3人の総理が真珠湾を訪問していて、安倍総理は4人目になるってことよね!

管理人「現職総理初!」と銘打って、いかに真珠湾の訪問が画期的なことなのかを大手マスコミがアピールしまくっていたけど、これが本当なら、実際には全然大したことはなかったってことになるね。

さすが、この前も安倍総理と高級しゃぶしゃぶ店で美味しい夕飯をご馳走になった日本の大手マスコミだけあって、呆れるほどのクオリティの低さがますます浮き彫りになったといえるだろう。

いやむしろ、官邸から「”現職初”をことさら強調するように!」と裏で指令が出て、仰せのままにこれを宣伝しまくったということなのかな。
とにかくも、日本のマスコミがいかに信頼するに値しない、ウソや誤報、隠蔽、捏造が絶えない「安倍礼賛機関」であるのかが、ますます明らかになったね。

 

国内経済のみならず、外交も大失敗続き、苦し紛れに無理やりぶち上げた「真珠湾訪問」でもインチキが露呈!もはや死に体同然の安倍政権

あおいちゃんむっssaつまりは、真珠湾訪問もセンセーショナルでも何でもないことが分かったんだから、そもそもこのパフォーマンスをやる意味もよく分からなくなってくるわね。
こんな支持率を上げるためのパフォーマンスに腐心する暇があったら、国民の貧困問題や、少子高齢化問題、景気対策、被災地支援とか、急いで真剣に取り組むべきことがたくさんあると思うんだけど…。

管理人TPPやカジノ法案や年金カット法案、白紙領収書問題、日露首脳会談の失敗、トランプ会談によるオバマの激怒、経済の悪化などなど、国民の不満が徐々に積もり始めてきているのを受けて、なんとか支持率を上げるパフォーマンス目的でぶち上げられたのが、この真珠湾訪問だからね。

おまけに、事実を捻じ曲げた上で、子分のマスコミを利用しての宣伝活動だけに血道を上げている時点で、この政権のインチキさと、実体の無さが浮き彫りになっているね。
つまり安倍政権は、見た目だけを豪勢に着飾っただけで中身は全く空っぽの、「虚構政権」だということだ。

日本国民みんなが、「日本を取り戻す」と言いつつ「日本を徹底的に破壊」し続けている、安倍政権の「詐欺的な本性」に気がつき、一日も早くこの「虚構政権」を終了させるべく、然るべき行動を起こして欲しいと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA