【は?】自民・下村博文元文科相232万円分の領収書無しに収支報告!資金管理団体「領収書を紛失した」


どんなにゅーす?

・自民党の下村博文元文科相が代表を務める選挙区支部と資金管理団体において、昨年計上した書籍や飲み物などの支出において、合計232万円分の領収書を添付していなかったことが判明。

・政治資金規正法では1万円を超える支出の場合には領収書を添付することが定められているものの、下村氏側は「領収書を紛失した」として、領収書を出さずに選挙管理委員会に届け出たという。

スポンサーリンク

自民下村氏 230万余を報告書に領収書添付せず記載

下村元文部科学大臣が代表を務める「自由民主党東京都第十一選挙区支部」と資金管理団体の「博文会」では書籍代として支出した25万9200円をはじめ、商品代として10万1000円、飲み物代として5万8200円など、合わせて232万円余りの支出について、収支報告書に領収書を添付せずに記載していました。

政治資金規正法では、国会議員の関係する政治団体などは、1万円を超える支出は具体的な使いみちを明らかにする必要がありますが、選挙区支部や博文会は、「領収書を紛失した」として東京都選挙管理委員会に届け出たということです。

選挙管理委員会では「紛失した場合の手続きとしては問題はないが、総額が高額なだけに、本当に使われたのか、疑念を生じさせないためにも適正に処理してほしい」としています。

【NHK NEWS WEB 2016.11.24.】

スポンサーリンク

 

安倍総理と蜜月の真っ黒な元文科大臣が、また…

りのちゃん驚きssa暴力団がらみの政治とカネの問題など、様々な疑惑が渦巻く下村元文科相に、新たな問題が発覚です。

232万円分の領収書を紛失とは、ちょっと信じられないような話なのですが…。

管理人全く、下村氏の資金管理団体は一体どうなっているのか?
230万円以上の領収書を丸々紛失なんて、普通の企業じゃ考えられない話だし、この言い分が通ってしまう政治の世界もちょっと信じがたいものがあるね。

選管側も「紛失した場合の手続きとしては問題ない」なんて言っているけど、これをそのまま信じてOKしてしまうのはどう考えてもおかしいのではないだろうか
これじゃあ、白紙領収書と同じで、嘘の支出をでっち上げて「領収書をなくした」といえば通用してしまうわけだから、今までも同様の手口で裏金などを作っている例があるのではないのだろうか?

今回の件について、下村氏は詳しく説明する必要があるのではと思うよ。

りのちゃん怒りssaまったく、安倍政権は「絶対安泰」の状況に、ますます気が緩みっぱなしの状況のようです。
このようなケースを見ても、今まで以上に国民が厳しく政権を監視していく必要がありそうですね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA