下村博文都連会長が週刊文春の「加計学園から200万円の闇献金」報道に大激怒!流出元は都民ファーストから立候補の平慶翔氏!?

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年6月29日、自民党の下村博文都連会長が記者会見を開き、週刊文春で報道された「加計学園から200万円の闇献金授受疑惑」について、全面否定をした。

・下村氏は、「収支報告書に記載すべきもの」と報じられた文春の内容について、「学園関係者が学園以外の企業や個人からパーティー券を買い集め、それを持参したもの」と説明し、「報告書に記載する必要がなければ、学園関係者からは直接寄付もパーティー券も買ってもらったことはない」と報道を否定。

・さらに、事務所の内部資料を元秘書の平慶翔氏が流出させた可能性が高いとした上で、「選挙妨害だ。すぐに警察か検察に告訴することを検討している」などと、文春を名誉毀損で訴える意向があることを述べた。

スポンサーリンク

下村氏
加計献金否定「11カ所から」室長がまとめ持参

自民党の下村博文幹事長代行(党東京都連会長)は29日午前、党本部で記者会見し、学校法人「加計学園」が、下村氏の後援会の政治資金パーティー券計200万円分を購入していたとする「週刊文春」の記事について、学園関係者が学園以外の計11の個人・企業の購入代金を取りまとめ、下村事務所に持参したものだったと説明した。

一方、加計学園からの購入費が政治資金収支報告書に記載されていなかったとする同誌の指摘には「(学園から)政治寄付もパーティー券の購入をしてもらったこともない」と否定した。

下村氏は会見でパーティー券について「2013年と14年に学園の秘書室長が、計11の個人・企業から預かってきた100万円の現金を事務所に持参したので、(11個人・企業あての)領収書を渡した」と説明。秘書室長が取りまとめた理由は「事務所の日報には、(学園関係者が)学園以外の個人などにお願いしたと書かれている。パーティーに協力しようという中で、知り合いに声をかけたと理解している」と語った。

一方、11者の中に学園関係者が含まれるかは「聞いていないが、調べてみたい」と否定せず、加計孝太郎・同学園理事長については「(購入者に)入っていないと聞いている」と述べた。

さらに事務所の内部文書を元秘書が持ち出した可能性が高いと指摘。「全く事実に反する記事が(都議選の)大事な時期に掲載され、選挙妨害と受け止めざるを得ない。警察か検察に告訴すべく相談している」と語った。

【毎日新聞 2017.6.29.】

↓テレビでも闇献金疑惑報道を放送。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

下村氏が週刊文春の報道を全面否定した上で、都民ファーストの会から立候補中の平慶翔元秘書の上申書を提示、横領の被害に遭った過去などを暴露!

↓下村氏の会見。11分50秒くらいから元秘書(平慶翔氏)の横領の過去などに言及。

↓平慶翔氏のツイッターより。

出典:Twitter(@tairakeishou)

下村博文議員が、週刊文春で報じられた加計学園から200万円の闇献金を受け取っていた疑惑について、強く全面否定をしつつ、思いもよらない”反撃”を開始しております。

まず、下村氏は加計からの200万円の違法献金疑惑については、彼が言うには、学園の秘書室長が、11もの企業や個人から20万円以下の献金やパーティー券を集めてきて、計100万円分を2回、現金で渡してきたので、それぞれの領収書を作成し、この室長に渡したものであると主張。
よって、それぞれが20万円以上に達していないために、収支報告に記載する義務はなく、問題はないと言っている感じだ。

まず、これらの話が本当かどうかをしっかりと調査していく必要があるかと思うけど(本当だとしても、意図的に20万円以下に抑えて2回に分けている部分で、脱法行為との指摘が出る可能性もあるだろうし、モラル的にどうかという部分はあるだろう)、これだけにとどまらず、下村氏が反撃の「爆弾」として、週刊文春に対する提訴だけでなく、この情報を文春に提供したとされる「元秘書」に対する怒りをぶちまけたことが話題になっているね。

それが、都民ファーストの会から立候補している平慶翔さんですね。

平慶翔(29)氏は、タレントの平愛梨の弟で、以前は芸能界で俳優などをやっていた元芸能人であり、ウィキによると、大学卒業後、下村氏の公設第一秘書として事務所に務めていたとのこと。
現在は、小池都知事率いる都民ファーストの会から都議選に立候補しており、まさしく選挙活動の真っ只中の人物だ。

下村氏によると、この平氏が秘書を務めていた頃に事務所の金を横領したと主張しており、これらが原因となってその後退職。

つまり、下村氏は、平氏が(都民ファーストを勝利に導くために)自分のガセのスキャンダルを文春に提供し、不当なやり方で自民党の選挙を妨害していると主張しているわけだ。

まったく、何がなんだか分からなくなってきましたね…。
ネット上では自民党支持者たちによって、「小池都知事が自民を陥れる謀略を仕掛けた」などと大騒ぎになっていますし。

ボク自身は、小池勢力が勝とうと自民党が勝とうと、その日本国内の方向性(偽装保守勢力主体によるグローバリズムと、国際金融資本勢力への国富の流出や貧富の拡大)はあまり変わらないと見ているけど、この中において、小池勢力と自民党との間で激しい主導権争いが起こっていると見るのがいいかもしれないね。

この醜い争いの末、都議選ではどちらが勝つのかはまだ分からないけど、下村氏の件については、まず彼が主張していることが本当なのかどうかをしっかりと調査する必要があるのと、国民は一歩距離を置いて、この「情報戦」の渦に巻き込まれないようにすることが大切かもしれない。

少なくとも、ここまで騒ぎが大きくなっている以上、平氏は何らかの説明をすることが必要なんじゃないかな

この週刊文春の報道が最終的にどちらに転んでいくのか、全く分かりませんし、つまりは(”両建て主義”の支配層にとっては)どちらに転んでもいいということかもしれません。
やはり、都民ファーストは胡散臭い部分がありますし、願わくば別の野党が勢力を伸ばすことが最も望ましいことなのですが…。

選挙情勢の報道によると、残念ながら今のところそういう展開はなさそうな感じだね。
国民のことはそっちのけで、権力層同士によるあらゆるかく乱工作や情報戦が飛び交っている感じけど、とにかく、残り数日の選挙戦とマスコミの動きを注意深く見守っていくとしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket