共産・志位委員長、小池氏から外された民進議員と共闘姿勢か!「『安保法廃止』の大義に立って行動する人であれば共闘を追求したい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月29日、共産党の志位委員長が、小池都知事の希望の党への合流の流れから抜けた民進党議員と共闘を続ける意向を示した。

・その上で、前原代表が未来の党に合流する動きに対し、「民進党は安全保障関連法にあれだけ反対して、ともに戦った。その後も『憲法違反で廃止すべきだ』と主張しており、法律を容認する希望の党との合流は大きな政治的変節だ」怒りを露わにした。

スポンサーリンク

共産 志位委員長 安保法廃止求める民進出身者と連携も

共産党の志位委員長は、横浜市で記者団に対し、民進党が希望の党に事実上合流する方針を決めたことについて、「大きな政治的変節だ」と批判する一方、希望の党から立候補せず、安全保障関連法の廃止を訴える民進党出身の候補者とは連携を模索したいという考えを示しました。
この中で、共産党の志位委員長は、民進党が希望の党に事実上合流する方針を決めたことについて、「民進党は安全保障関連法にあれだけ反対して、ともに戦った。その後も『憲法違反で廃止すべきだ』と主張しており、法律を容認する希望の党との合流は大きな政治的変節だ」と批判しました。

一方で志位氏は「民進党出身者でも共闘の原点である『安保法制の廃止』という大義に立って行動する人であれば共闘を追求していきたい」と述べ、希望の党から立候補せず安全保障関連法の廃止を訴える民進党出身の候補者とは連携を模索したいという考えを示しました。

【NHK NEWS WEB 2017.9.29.】

スポンサーリンク

このまま行くと、野党間で「小池勢力」「反小池勢力」で二つに大きく分断する可能性も!かつての「維新の台頭」と似たよう流れに…

共産党の志位委員長はこのように語り、共産党を完全に「置き去りにした状態」で小池さんの未来の党との合流を進める前原さんに強い怒りを示した上で、小池さんに反発して合流を拒否した民進議員や小池さんにはじかれた民進議員らと共闘路線を続ける姿勢を示しました。

まあ、このまま行くと、最終的にはこうしたまとまり(安倍政権・野党側の小池勢力・野党側の反小池勢力)で落ち着いていくことになるのかな。
確かに、共産党が言っていることはぐうの音も出ないほどに正論で、ボクも「全くその通り」としか言い様がないんだけど…その結果、かつての維新が台頭していた頃のように、これで野党側が大きく票が分断されていく可能性が出てきたのがちょっと痛いところだね。

今からでも小池氏に袖にされ続けている前原氏が激怒して「合流は完全に白紙だ!」とちゃぶ台をひっくり返し、小池氏がしゃしゃり出る前の共闘状態に戻れれば形としては一番いいんだけど、そうなる可能性は圧倒的に低いだろうし、まあ、これで安倍政権としては自民党が下野する危険は低下した感じがするね。

こうなると、小池氏が勝利するのかどうかは、「いかに野党勢力を自分の側に取り込めるかどうか」という一点に集約されることが考えられ、最終的には考えを軟化させて「穏健派」を装い始める可能性もありそうだ。

そして、政権交代が難しい状況になってきた場合は、自身の衆院選出馬も取りやめる可能性もありそうです。
現在も小池さんはその辺を見極めている状況で、だからこそ、様々な顔を見せた上でそれぞれの出方をうかがっていることが考えられます。

反小池の民進議員と共産(社民も?)を中心とした共闘が出来た場合、政権交代と言うよりも「反グローバリズムの”真性野党議員”の数を増やす目的」の選挙になるというのが現実的な状況であり、「いかにして安倍政権に加えて小池勢力を落選させるか?」という、非常に難しい戦いを強いられることになりそうだ。
場合によっては、小池一派&反小池の野党側共々が総倒れになる危険性もあり、安倍政権の大勝利もあり得ることを覚悟した上で戦わなければならないだろう。

こういう風に考えると、なんだか、結局はグローバリストの思い通りの展開になってきているような気もしなくもないけど、最終的には(かつてにも経験したような)こういう構図になる可能性があるね。

あとは小沢さんと小池新党との交渉の結果と、小池さんがどこまで「触手」を広げるか、という部分が選挙情勢を方向付けるポイントになりそうですね。
どちらにしても、なかなか難しい展開になってきているのは確かかと思いますが、引き続き今後の流れをよく観ていこうかと思います。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket