リンさん遺体遺棄容疑の渋谷恭正容疑者、保護者会会長として遺族への募金呼びかけ!インフルエンザを理由にお別れ会を欠席も!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月14日、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体を遺棄した容疑で逮捕された渋谷恭正容疑者(46)について、保護者会の会長として、リンさんの遺族を支援するために募金の呼びかけをしていたことが分かったという。

・さらに、リンさんのお別れ会を「子供がインフルエンザにかかった」ことを理由に欠席しており、「自分が疑われている」と周囲に漏らしていたとのこと。

スポンサーリンク

逮捕の男 リンさん家族への募金呼びかけも

渋谷容疑者には、リンさんと同じ小学校に通う2人の子どもがいて、保護者の会の会長をつとめていたほか、「見守り隊」として登校中の児童を見守る活動をしていた。

近所の人「普段、お子さんの送り迎えとか塾とか、お休みのときは遊びに連れて行くとかしてすごい子煩悩」「見守り隊とかも学校からいわれているわけじゃないけど危ないんでやってるとおっしゃってた」

小学校の保護者は、渋谷容疑者とリンさんとは面識があった可能性もあると話す。

渋谷容疑者を知る保護者「毎朝自分の子ども送ってくの学校に。だからリンさんのこと知っているはず。リンさんもその人のこと知ってるはず」

事件後、年度が変わっても渋谷容疑者は自ら希望して保護者の会の会長を続けたといい、自らリンさんの家族への募金を呼びかけていた。一方で、周辺には「自分が疑われている」などともらしていた。

【日テレNEWS24 2017.4.14.】

千葉女児殺害、近所の46歳を遺棄容疑で逮捕
入学式では保護者代表としてあいさつ

近隣住民によると、渋谷容疑者は、六実第二小に通う子供が2人おり、保護者会「二小会」の会長を務めている。3月31日、学校関係者や子供たちが参加して行われたリンさんのお別れ会は「子供がインフルエンザにかかった」として欠席し、4月11日の入学式では保護者代表としてあいさつしたという。

捜査関係者によると、日頃から児童の登下校の見守り活動をしており、遺体が発見された後も、通学路に立って活動していたという。

リンさんは六実第二小の修了式だった3月24日午前8時頃、登校のため1人で自宅を出たのを最後に行方がわからなくなった。同26日朝、自宅から北東に約12キロ離れた我孫子市の橋の下で、衣類を身に着けていない状態で死亡しているのが見つかった。

【東洋経済オンライン(読売新聞) 2017.4.14.】

リンちゃん殺害事件が、まさか、こんな展開になってしまうなんて…!!

この渋谷容疑者、遺族の方たちへの募金まで呼びかけた上に、つい逮捕される直前まで、平然と「保護者会の会長」として子供たちを守る活動を毎日やっていたなんて、これは一体どうなっているのよっ…!?

しかも、渋谷容疑者本人にも2人の子供がいて、共にリンさんと同じ小学校に通っているとのことだし、自らが希望して新学期以降も保護者会の会長を継続していく見通しだったというからね。

その犯行内容も、首を絞めて殺した上に、全裸の遺体を河原に遺棄するという、非常に悪質かつ歪んだ性的志向を感じさせるものだし、この渋谷容疑者の普段の評判や活動を比べても、この二つの要素がまったくと言っていいほどに合致しないね。

容疑者本人は警察の取り調べに対して、現在黙秘しているみたいだけど、いまだにボクも少し信じられないような思いだよ。

恐らく今後さらに詳しい情報が出てくるかと思うけど、これは容疑者の家族や子供たちも大変な事態になってしまったね…。

私もちょっとなんてコメントしていいのか分からないけど…かなり予想外の事態になってしまっていることだけは確かね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket