謎の全国的なインターネット接続障害、原因は米グーグルの通信装置の誤操作だったことが判明!同社が謝罪!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年8月25日に、全国の幅広いウェブサービスにおいて大規模な接続障害が発生した件について、米グーグル社の通信装置の誤操作だったことが判明

・これを受けてグーグル社が正式に謝罪「ネットワークの誤設定により障害が発生し、8分以内に正しい情報に修正した。ご不便、ご心配をおかけしたことをおわびする」とのコメント発表した。

スポンサーリンク

グーグルが謝罪 大規模ネット障害、装置の誤操作が原因

通信障害は25日午後0時22分ごろ、国内最大手のネット接続サービスでNTTコミュニケーションズが提供する「OCN」に接続できなくなり、KDDIでもほぼ同時刻から接続が不安定になるなどした。

いずれも同日午後1時までには復旧したが、楽天証券やフリマアプリの「メルカリ」、通信アプリの「LINE」など大手ネットサービスが数時間にわたりつながりにくくなった。

通信事業者の調査で、障害発生の直前にグーグル社が発信したネット回線の接続経路に関する情報に、誤操作により間違った内容が含まれていたことが原因とわかった。グーグル社は「ネットワークの誤設定により障害が発生し、8分以内に正しい情報に修正した。ご不便、ご心配をおかけしたことをおわびする」としている。

【朝日新聞 2017.8.26.】

スポンサーリンク

改めて、グーグルが世界のネット社会の頂点に立っている実情を認識させられるニュース

先日25日に国内で起こった大規模なネット障害ですが、なんと原因はグーグルによる人為的ミスだったとのことです。
同社はこの事実を認め、正式に謝罪のコメントを発表しています。

原因が分かったこと自体は良かったけど、想像以上に、アメリカの一企業であるグーグルが世界的にインターネットを牛耳っている実態が明らかになったね。
これは改めて考えてみると結構恐ろしい事態であり、今やインターネットがないと主要な経済活動が成り立たないほどのネット依存社会の中で、この一つの民間企業が世界の経済活動を「一極支配」していると言ってもいいような状況だ。

これは言ってみれば、民間の巨大資本が世界を徹底支配する「グローバリズム」と同じような構図ですし、実質ネット上だけにおいては、すでにこの状態が出来上がってしまっているといっても過言ではないですね。

今のところはネット上でも自由な発言が許されている状態だけど、今の状況は、すでにグーグルの意思一つで、ネット社会をいかようにも変えてしまうことが出来る環境下にあると言っても過言ではない。

事実、現在のウェブサイト運営においても、グーグルが独自に査定している検索順位が「全て」と言っていい状況で、グーグルから高評価をもらうためだけに、莫大なお金をかけてSEO対策を行なっているサイトもあるくらいだ。

ボクは、パソコンのOSにおいても、実質的にマイクロソフトとアップルという2大米企業がほとんど世界中のシェアを独占している現状にも強い疑問を感じてきたけど、ネット社会ではすでに巨大な資本勢力が世界市民を支配している実情があるということをボクたちもある程度認識しておくのがいいかもしれないね。

こうしたインターネットやOSと同じような状況が、さまざまな業界に波及していくことが、まさしく世界支配層が目指しているグローバリズム(新世界秩序)ということですね。

すでにネット界ではシステムが完成していると言われているけど、こうした事態は、ボクたち世界市民のあらゆるプライバシーや個人データが抜き取られ、1%の巨大資本による「超・監視社会」をもたらし、最終的には究極の「奴隷洗脳社会」を生み出すことに繋がっていく

今回のニュースは、改めて、日本中のインターネットが完全に「制御できない勢力」にコントロールされている実情を認識させてくれたし、個人的には色々な意味で怖さや危うさを感じてしまったね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket