【驚き】産経新聞がピースボートに関するデマ記事を謝罪!ネット上に流布した情報だけで記事化したことを認める!

Pocket

異例の「謝罪劇」も、読者に対する直接の謝罪は行わず…

スポンサーリンク

ピースボート災害ボランティアセンターへの回答書

6月16日に産経ニュースで報じた「TBS番組『街の声』の20代女性がピースボートスタッフに酷似していた?! 『さくらじゃないか』との声続出」の記事に関して、貴団体の抗議に回答いたします。

当該記事は6月16日にインターネット上で話題になっていた事象を記事化したものです。ご指摘通り、記事化する際、TBSおよびテレビ朝日に取材するだけでなく、貴団体にも取材すべきだったにもかかわらず、これを怠っておりました。

貴団体およびスタッフに多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

取り急ぎ、当該記事は産経ニュースおよび関連サイトから削除しました。代わって貴団体の抗議文を掲載しております。この回答文も全文を産経ニュースに掲載いたします。

【産経新聞2016.6.17.】

管理人改めて事の顛末を書いていくと、

一部の(ネトウヨ系)ネット民が、TBSで放送された街頭インタビューで映った、次の都知事として「民進党の蓮舫氏がいい」と答えていた女性が、(彼らが敵視している)NGO団体ピースボートのスタッフだと勘違いし、「やらせ」だとして騒ぎ出す。

→このデマがネット上で拡散し、産経新聞がこの情報を真に受けて記事化

→(当該女性が熊本でボランティア活動中であることから)ピースボート側が事実無根のデマだとして、産経新聞に抗議

→産経新聞が記事を削除し、ピースボートから寄せられた抗議文を掲載(謝罪などは一切なし)

→後になって産経新聞がピースボートに対する謝罪文を掲載

詳しくはこちらの記事を参照

・・・とまあ、ざっくり言うと、こういうことだ。

あおいちゃんキレ1ssa批判が殺到したからか分からないけど、後になって産経新聞が謝罪をしたみたいね。

でもこれ、よく見たらピースボートの人たちに対する謝罪じゃない。
報道機関として、デマを大々的に報道したんだから、私達一般の人たちにも謝罪すべきだと思うんだけど・・・これ、どうなっているのよ?

管理人そして、何ともお粗末なのは、産経さんはピースボートにもTBSにも一切取材せずに、ネットに流布していた情報だけで記事にしてしまっていたことだね。

うちらみたいな弱小の情報サイトや2ちゃんねるまとめサイトならまだしも、産経新聞は曲がりなりにも公共性のある企業報道機関だ。
前から産経に関しては、(あまりに購読者が減っているせいで)まともな現地取材もほとんどしないで、大多数がネットの情報だけで記事化しているのでは?という噂が出ていたけど、これは本当だったということを、本人たちが見事に認めてしまったね。

ロシア政府からも不名誉な「お墨付き」をもらったし、ここまで落ちぶれてしまったのなら、本人達の”名誉”のためにも、もはや廃業した方がいいかもしれないね。
未だに、残念な思考回路を持つ一部の人たちからは支持をされているみたいだけど、「彼ら」しかお客さんがいないのなら、もうこの先の未来はないと思うぞ。

にゃこちゃんハイテンションssaこの前の「小沢氏、『新潟が北陸最大の県』と発言する致命的なミスを犯す」の記事もそうだけど、産経さんってほんとにメチャクチャ過ぎてほんとに面白い新聞社だにゃ!

今後は、2ちゃんねるのまとめサイトとして再出発すればいいと思うにゃ!

管理人なんせまとめサイトでさえも、この話題は自重した所があるくらいみたいだからね。

フジテレビの舛添さんや家族への常軌を逸した取材の件もそうだけど、ここまでメディアの知性の劣化が激しいと、日本の国そのものの質が心配になってきてしまうなあ。
冗談抜きで、こんなマスコミの”負の影響力”から脱して、ボクたちそれぞれが自分の力だけで情報を得て、取捨選択していかなければいけない時代になっているのかもしれないね…。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA