民進・小西洋之議員による名誉毀損裁判、産経新聞の阿比留瑠比氏の全面敗訴が確定!最高裁「内容が真実との証明はない」

Pocket

どんなにゅーす?

・民進党の小西洋之議員が、産経新聞政治部の阿比留瑠比・編集委員兼論説委員に対して名誉毀損で訴えていた裁判について、2017年4月4日、最高裁が小西議員の訴えを認め、産経・阿比留氏に110万円の損害賠償を命じた

・阿比留氏は自身のフェイスブックに「某氏は官僚時代、1週間無断欠席し、大幅遅刻の重役出勤だった」との記事を載せたことに対し、小西議員が「事実と異なる内容で名誉毀損にあたる」として訴えており、阿比留氏の上告を最高裁が棄却したことで阿比留氏の全面敗訴が確定した。

スポンサーリンク

↓「デマ新聞」としての地位を確立しつつある産経新聞が、またも裁判所によってデマ認定される。

出典:産経新聞社

産経編集委員、名誉棄損で敗訴確定 小西参院議員めぐるFB投稿で

民進党の小西洋之参院議員が、フェイスブックの投稿で名誉を傷つけられたとして、産経新聞政治部の阿比留瑠比編集委員兼論説委員に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)が阿比留氏の上告を退ける決定を2017年4月4日付で出した。5日に小西氏が最高裁の「調書(決定)」をツイッターで公開した。昨16年12月に110万円の支払いを命じた2審東京高裁の判決が確定した。

阿比留氏は自身のフェイスブックに15年4月、ある人物が官僚時代に無断欠勤をしていた、などとする内容を投稿。2審判決は、内容から小西氏だと分かるとしたうえで、真実とは認められないと判断した。

【J-CASTニュース 2017.4.6.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍総理を守るためならデマでも何でもお構いなし!安倍総理と腹心の友・産経阿比留氏のデマがまた一つ明らかに

↓阿比留氏の力作”最強総理はこうして誕生した!”「総理の誕生」

出典:Amazon

辻元議員に関するデマ記事でも批判が殺到した産経新聞だけど、また一つ、産経の悪質デマが確定したみたいね!

この阿比留っていう産経新聞の論説委員、とにかく安倍総理を持ち上げるためならデマでも何でも駆使して、対抗勢力を貶めることに全力をかけるようなとんでもない記者みたいね!

ウィキペディアにも書かれているけど、上杉隆氏も批判しているように、彼はむしろメディアの記者というよりも、「安倍政権をペンの力で支える政治運動家」といえるような存在であり、実質的に安倍政権のメディア部門の「エージェント」と言ってもいいような存在だろう。
(もちろん、田崎史郎氏らと同様に安倍寿司友の重要メンバーの一人だ。)

それだけに、安倍総理を批判している民進党などの対抗勢力に対する敵対心と誹謗中傷は相当なもので、今回の小西氏に対する一件も、自民党議員から聞いた話(伝聞)だけを頼りに小西議員に対する悪評を平然と公に出しており、当然のごとく、裁判所も「ただの伝聞でこれを裏付ける資料もない」とのことで彼の主張を退ける決定を出した。

つまり、安倍政権や自民党清和会に甘い裁判所でも、何の取材や裏づけもないままにデマや流言までも次々と記事にしてしまう産経新聞と「仲間」だと思われるのを心底嫌がっているということだろう。

まさに産経新聞は「デマを書くのが仕事」みたいな新聞社ってことね!

ここまでくれば確信犯的にデマを書いているとしか思えないし、こんな新聞社って、ほとんど安倍政権のスパイ組織で犯罪集団みたいなものじゃないかしら!

他の新聞社でもデマを流してしまう事例はしばしばあるけど、この産経新聞はもはや意図的にこれをやっている時点で別格の悪質さといえる。

阿比留氏が大好きな安倍総理本人も、この前「産経新聞が報じている」とした上で「辻元デマ」を国会で平気で垂れ流していたけど…もはや産経がソースという時点でデマであることをまず疑ってかかった方がいいのかもしれないね。
(うちのサイトも、今後はネタ目的以外では産経新聞のソースは一切使用しない方がいいかも。)

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket