【ヤバイ】ついに安倍政権による共謀罪の参院強行採決がカウントダウン!野党も警戒を強め、国会はかつてないほどに緊迫!

Pocket

どんなにゅーす?

・国会の閉会が迫ってきた中、いよいよ安倍政権による共謀罪の参議院での強行採決の可能性が高まっている

公明党の秋野公造委員長が、安倍政権の意向に従い、職権で13日の参院法務委員会で共謀罪審議を行なうことを決定。野党は同日の強行採決を警戒し、金田法務大臣の問責決議案を提出することを検討。採決を阻止するために策を練っている状況とのこと。

スポンサーリンク

「共謀罪」採決で神経戦=13日の審議、職権決定-参院法務委

「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、参院法務委員会は12日の理事会で、既に合意していた13日午前の参考人質疑に続き、同日午後に法案審議を行うことを秋野公造委員長(公明)の職権で決めた。与党が同日中の採決を否定していないため、野党は警戒を強めており、金田勝年法相の問責決議案を提出して阻止する構えだ。
与党は「共謀罪」法案の成立を確実にするため、18日までの会期を延長する方針。ただ、学校法人「加計学園」問題の追及を回避する思惑から、10日間程度にとどめたい考えだ。野党が法相問責案や内閣不信任決議案を提出すれば速やかに否決して延長幅を見極める意向で、法案採決をにらんで与野党攻防は神経戦の様相を呈している。
12日の理事会に先立ち、自民、民進両党は国会内で参院国対委員長が会談。民進党の榛葉賀津也氏は、13日の法案審議に応じる条件として、同日中の採決は行わないと約束するよう求めたが、自民党の松山政司氏は「確約できない」と拒否した。

【時事通信 2017.6.12.】

スポンサーリンク

 

ついに日本の憲政史上最悪ともいえる、安倍政権による稀代の悪法の「強行採決」がカウントダウン!

すでに本日となりましたが、いよいよ、安倍政権による共謀罪の強行採決のカウントダウンが始まりました
予測としては、6月13日に法務委員会で強行採決が行なわれ、加計学園疑獄の再調査の結果が発表される見通しの週末辺りに参院本会議で再び強行採決が行なわれ、いよいよ共謀罪が完全に可決・成立されてしまう恐れが高まっています。

いやあ、ついにここまで来てしまったし、国会はここから、かつてないほどの緊迫した状況になっていきそうだ。

気になるのは、加計学園疑獄をリークしたと言われる、自民党の一部の保守本流勢力の動きで、彼らは、安倍政権の暴走を止め、世論を味方につけた上で党内での権力闘争に打ち勝つ目的でこの件をリークしたように思えるんだけど、すでにその内情が明らかになってきている中、彼らも大人しく共謀罪に賛成票を投じるのだろうか?

彼らは、わざわざ野党に”武器”を授ける形で今国会を混乱させる目的で、この疑獄をメディアにリークし、実際にマスコミも(彼らの意向どおりに)安倍政権の足を引っ張るような報道を一定程度していたけど…これでそのまま大人しく賛成票を投じれば、それこそ、加計疑獄のリークは全くの無駄な行為だったどころか、(ここまで反乱しておいて)自分自身の首を絞めるような動きにも繋がるような気がするんだけど、果たしてどうなるんだろうね。

見たところ、公明党も完全に安倍一派の”操り人形”として強行採決を後押ししているように見えるけど、このまま何の波乱や番狂わせもなく共謀罪が通ってしまうのか
それとも、何か大きな波乱や番狂わせが起こるのか?

どちらにしても、維新を含む安倍一派が強大な勢力を誇っている中、事態は非常にヤバい状況だけど、どうにかして、ボクたちも出来る限りのことをやりつつ、強行採決を阻止するために手を尽くしていくこととしよう

はい!
私も、微力ではありますが、何とか国民全体の強い反対の動きを拡大していけるように、やれるだけのことをやっていこうと思います!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket