【最悪】森友疑獄の虚偽答弁で栄転した佐川国税庁長官、前代未聞の就任会見取りやめが決定!国税庁「諸般の事情による」

Pocket

どんなにゅーす?

・森友疑獄で書類の隠蔽と虚偽答弁を繰り返したことで国税庁長官に出世した佐川国税庁長官が、歴代長官がずっと行なってきた就任会見を行なわないことが正式決定した。

就任会見の取りやめは前代未聞で、重大な疑惑をかかえている佐川氏が表に出てこようとしないことに、ネット上では強い怒りの声が殺到している。

スポンサーリンク

佐川国税庁長官は就任会見を行わず

財務省の理財局長だった佐川宣寿氏は、先月5日、国税庁長官に就任しましたが、就任から1か月が過ぎても会見を開かず、国税庁は8日、会見を行わないことを決めました。

国税庁によりますと、把握している範囲では、平成14年以降の歴代の長官は就任の会見を開き、抱負を述べるとともに今後の方針などを説明してきました。就任の会見を行わない異例の対応について、国税庁は「諸般の事情による」として詳しくは説明していません。

一方で、佐川長官はコメントを発表し、「適正・公平な課税・徴収の実現を図ることが重要だと考えており、職責の重大さを感じている」などとしています。

【NHK NEWS WEB 2017.8.8.】

森友追及恐れ 佐川国税庁長官が前代未聞「就任会見」拒否

8日、国税庁は「諸般の事情」を理由に会見を開かないことを国税庁記者クラブに伝え、代わりに佐川長官の「適正・公平な課税・徴収の実現を図ることが重要だと考えており、職責の重大さを感じている」とのコメントを発表した。国税庁長官が就任会見を拒否してコソコソ隠れているなんて前代未聞。例によって、ノラリクラリはぐらかしていれば、いずれホトボリが冷めると思っているらしい。

コメントのペーパーを渡され、黙って「ハイハイ」と従う記者クラブもだらしがない。一体何のための記者クラブなのか。今からでも遅くはない。記者はスクラムを組んで「ふざけんな。納税者をなめとんのか」と長官室に突撃するべきだ。

【日刊ゲンダイ 2017.8.9.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いつまでたっても開かれなかった佐川長官の就任会見中止が正式決定!「もう税金払わない」「ふざけるな」など、国民からの怒りの声が次々噴出!

いつまでたっても開かれる気配がなかった佐川長官の就任会見だけど、ついに正式に中止が決まったのねっ!
森友疑獄の虚偽答弁が完全にバレたかと思ったら今度は完全に雲隠れって…一体どこまでこの男は卑劣で卑怯なのよっ!!

昭恵夫人山口敬之氏に続いて、今度は佐川氏も雲隠れとは…安倍総理のお友達たちは、嘘や犯罪がバレそうになると、みんな揃って姿を隠しちゃうんだね。
おまけに、佐川氏は「適正・公平な課税・徴収の実現を図ることが重要だと考えており、職責の重大さを感じている」などと影からしれっとこんなコメントを発しているみたいだけど、自らが会見を開けないほどにやましいことがアリアリなのなら、「もう税金払わない!」と国民からの怒りの苦情が殺到するのも当然だろう。
ネット上でも日を追うごとに佐川氏への怒りの声が噴出してきており、このような佐川氏の罷免を求める署名運動も盛り上がってきているようだ。

佐川氏は、まさに絵に描いたような忖度官僚であり、今回のような美味しいポストをもらいたくて、虚偽答弁や重要書類の隠蔽・破棄に全力を尽くしたのだろうけど、このような、人の道に背いた反社会的で国民を裏切るような行動を繰り返して、欲しかったポストを手に入れたとしても、結局はこのような事態になってしまうのは自明の理だ。

佐川氏は美味しいポストを手に入れたのと引き換えに、相当にかけがえのない大きなものを自ら捨ててしまったし、こうしたことを理解できなかった彼に対しては、怒りを通り越して半ば憐れみすら感じてしまうね。
とにかく、子供たちや若い人たちは、絶対にこのような大人になってはいけないし、このような風潮が蔓延する社会に染まってしまってもいけない
なんというか、非常に嘆かわしい世の中だけど…こういう時こそ自分自信をしっかりと持って、人として恥ずかしくない生き方をしていきたいものだね。

確かに、こんな連中の精神に染まっちゃったら人としておしまいだし、こんな連中がトップに立つ世の中にも流されないようにしたいわっ
今も懸命に現在の政治に怒りの声を上げている人がたくさんいるし、私もこれからもおかしいと思ったことに対して全力で声を上げ続けていくわっ!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket