森友疑獄で虚偽答弁連発の佐川理財局長が、噂通りに国税庁長官に大出世!安倍総理からの「ご褒美」&キーマン迫田氏を隠す狙いも?

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権は、森友疑獄で財務省内の不可解な国有地取引の実態を隠し、虚偽の国会答弁を続けていた佐川理財局長を国税庁長官に大きく昇格させる人事を決定した。

・佐川氏は、安倍総理や昭恵夫人、財務省など、国側の数々の疑惑を必死に隠す答弁を続けていたことから、「論功行賞人事」との指摘も相次いでいるだけでなく、国有地売却のキーマンと言われてきた、当時の理財局長の迫田国税庁長官を隠す目的もあるのではとの声も出ている。

スポンサーリンク

佐川理財局長が国税庁長官に 「森友」問題で適正と答弁

政府は二十八日、迫田英典国税庁長官(57)が退き、後任に財務省の佐川宣寿理財局長(59)を充てる人事を固めた。財務事務次官への昇格が固まっている福田淳一主計局長(57)の後任には岡本薫明官房長(56)を起用する。国際部門トップの浅川雅嗣財務官(59)は留任し、三年目に入る。来週にも発令する。
佐川氏は、大阪府豊中市の国有地が大阪市の学校法人「森友学園」に格安で売却された問題を巡り、たびたび国会で答弁に立ち、適正な価格で売却したと説明していた。

【東京新聞 2017.6.29.】

森友問題の“論功行賞” 佐川理財局長が国税庁長官に昇格

森友学園問題で“有名人”になった財務省の佐川宣寿理財局長(59)が順当に出世だ。

政府は28日、迫田英典国税庁長官(57)が退き、後任に佐川氏を充てる人事を固めた。国税庁長官は次官級。来週にも発令される。

佐川氏は森友問題でたびたび国会答弁に立ち、野党の厳しい追及にも「すべての資料を破棄した」と繰り返して、逃げ回ってきた。次官級への昇格は安倍首相を助けた“論功行賞”の意味合いもありそうだ。

【日刊ゲンダイ 2017.6.29.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(安倍政権を守るために)国民に嘘をつき続け、書類の隠蔽&破棄に多大な貢献を果たした佐川理財局長が、国税庁長官の大出世の”ご褒美”!

↓この国では、安倍政権を守るために嘘をつき続ける人間「のみ」が、選ばれし”特権階級”を手にすることが出来るのだ!

キイイーーッ!なんなのよぉー、このふざけた人事はぁ!!
森友疑獄であそこまで嘘をつき続けたあの佐川局長が国税庁長官に大出世ですってぇ!?

安倍政権は、一体どこまで私たち国民を愚弄すれば気が済むのよぉ!!

この前も、「腐った組織や腐った国家では、腐った人間のみが出世できる」って言っただろ?
まさしくこれも、「それ」を地で行くような人事だね。

佐川氏は、安倍政権を守るために、ひたすら国民を欺くための見え透いた嘘をつき続け、さらには、こうした時間稼ぎをしている間に、これまでの財務省内にあったPCを全て処分・破棄することで、森友関連の証拠を完全に国から消し去るために大きな役割を果たした人物だ。

こうした、なりふり構わぬ「国民への裏切り」と「騙し行為」が安倍政権から高評価を受けたことが予想されるし、安倍政権からの大きな”ご褒美”として、異例の大出世を遂げる高待遇が用意されたことは想像に難くないだろう。

普通の「まともな国家」であれば、国会で大噓をつき続けた佐川氏はとっくに財務省をクビになって、さらには国の疑獄事件を隠蔽しようとした罪で逮捕されていてもおかしくないような状況だし、国民の納税行為を厳しく目を光らせてチェックする国税庁のトップに、重要書類の隠蔽や嘘ばかりをつく人間が就任するという、まさに「この世の終わり」を思わせるようなニュースだね。

一体この国はどこまで腐って堕落していけば気が済むのよぉ!!
こんやヤツが国税庁のトップを務めている国なんかに税金を真面目に納めたって、ロクなことにならないのは目に見えてるじゃないのよ!!

本当であれば、自然発生的に100万人規模のデモが起こっていてもおかしくない事態だと思うんだけど、これでも何とも思わずに、安倍政権からの圧政や税金の取立てにひたすら大人しく耐え続けているのならば、もはや手の施しのようのない、史上最強の愚民であり生粋の奴隷ということになるだろう。

今の安倍政権によって、国民を騙す詐欺師だけが手厚く保護され出世できる”体制”が完全に構築されてしまっているし、もっともっと危機感を持って、国の根幹だけでなく、道徳もモラルも何かも崩壊しきってしまっているこの現状に、ボクたち国民が強く怒っていかないとさすがにダメだと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket