りゅうちぇるは、実は誰よりもたくましくブレない信念と男気の持ち主だった!?権力の犬たちに抗い多様性の大事さ主張!

Pocket

どんなにゅーす?

・タレントのりゅうちぇるが、昨今のテレビ界に蔓延するヘイトや権力追随主義、弱者軽視、民族差別の風潮に抗い、孤軍奮闘で自分自身の主張を続けていることをリテラが報じている。

スポンサーリンク

りゅうちぇるの激論番組での意見が真っ当すぎる! 空気を読んだ保守的主張だらけの中で多様性を肯定し続ける勇気

カジノについても「ずっと怖いイメージ」と反対を主張。共演していたカジノ推進派の堀江貴文がカジノの誘致先として「沖縄推し」と発言すると、沖縄出身のりゅうちぇるはすぐさま「なんでよー!」と不満そうに抵抗。ホリエモンが沖縄にカジノができるメリットを語るも、「つくるとしたら、無人島、日本の無人島。本当に何かがあったときのこと考えても、何も迷惑をかけない。何もなかったところにポンと建てて、みんなが週末お休みをもらって船とかで行けるような距離感がいいな」と沖縄にカジノはいらないとブレることなく主張した。
外国人労働者がテーマの回で「日本的な職業は日本人がやるべき!」というアジェンダにも、坂上やブラマヨ吉田が「賛成」を主張するなか、りゅうちぇるはやはり「反対」。「なんか、普通にここにある中華料理店とかイタリア料理店も全然日本人がやってるし、普通においしいし。だから、そういうの(日本的な職業は日本人がやるべきというような考えは)古いと思う」とフラットに意見した。
この真っ当さ。しかしこうした差別や排除を拒否する、ごくごく当たり前の意見が、批判されるのがいまの世の中だ。当然ながら、りゅうちぇるも「お花畑」「甘い」「バカが思いつきで言ってるだけ」などと批判、炎上にさらされている。

【リテラ 2017.2.5.】

スポンサーリンク

権力に条件反射的に迎合し、カネや保身にほだされる”腑抜け”芸能人に溢れた芸能界の中で孤軍奮闘し続けるりゅうちぇる

りゅうちぇるイメージ

出典:J-CASTニュース

えええ!?
りゅうちぇるって、実はこんなにしっかりした自己主張をする男気溢れる人だったのぉ!?

なんていうか、これは私も完全に見直しちゃったわぁ!

管理人彼は沖縄生まれのアメリカ人とのクオーターみたいだけど、ボクもまさか、りゅうちぇるがこんなにしっかりした信念とぶれない精神を持った人物だとは思わなかった

リテラの記事の全文を読めば詳細が分かると思うけど、りゅうちぇるは、(安倍政権に迎合して)多くの出演者が賛成していたカジノに対しても反対を貫きいじめの実名報道に関しても、スタジオの圧倒的な「賛成」の空気の中で反対を唱え、竹島問題についても、韓国を厳しく非難する雰囲気が支配している中で「日韓半分こ論」を主張したということだ。

これら全ての意見に対して賛成するか反対するかは別にして、特に「日韓半分こ論」なんて、ここまで徹底的に韓国ヘイトがネットでもメディアでも蔓延している中、なかなか言えるものじゃあない
多くのバッシングが襲ってくるのも覚悟した上で、堂々とこれらを主張するのは本当に大したものだし、こうした主張を見ていても、とにかく彼が(最近の日本人が忘れがちな)平和や融和を大事にしている優しい心を持った人物であることが伝わってくるね。

それでいて、すでに大量に届いている非難の声を受けても一切ぶれずに、自分の意見を恐れずに発し続けているのも素晴らしい
こういう精神こそ、今の日本人が最も忘れてしまっている部分であり、それを思い出させてくれるような彼の存在はとても貴重だね。

スポンサーリンク

ただ権力や上層部に迎合するだけの芸能界では、必然的にコンテンツの質は低下し、それに触れる国民の意識レベルや感性も必然的に劣化していく

管理人こんな確固たる信念を持ち、あらゆる批判や自らの地位が脅かされることも恐れずに、自己表現活動に徹する彼に対して、最近の他の芸能人たちはどうだろう
ここでは個人名は挙げないけど、自らの保身と金儲けのために(悪い意味で)空気を読み、最近では政権賛辞が最も(上層部から)重宝される方向性だと分かるやいなや、すぐに政権におべんちゃらを使ったり、さらには民族ヘイトのネット世論に迎合する者も出てくる始末だ。
おまけに、心の中では色々と思うことはあっても、自らの現在の地位を失うことが怖くて、一切口をつぐんでしまう者もおり、これが本来の「自己表現の場所」であるはずの芸能界をものすごくつまらないものにしてしまっているように感じる。

ただ表面的なギャグや笑いを取るための漫才やコントばかりでは、まるで面白くもないし、ただ愛や恋や友情やきれいごとだけしか表現できない音楽業界だって、楽曲全体の重みや価値が著しく下がっているように感じるし、こんな、何の奥行きも幅もない卑小な表現作品やコンテンツを日常的に浴びていれば、やがて国民も薄っぺらいだけの存在に成り代わり、思考停止の極地に陥り、やがては個性も思考も何もない完全なる「ロボット人間」に変えられてしまうだろう。

だからこそ、こうした壮大な世論誘導が行なわれている真っ只中、それにされるがままに大衆の意識が津波のように一方向に向かいつつある中で、りゅうちぇるのようなこれを防波堤のように止めようとする存在はとても貴重であり、ボクたちは、巨大な資本勢力のされるがままのロボットに成り変わらないためにも、こうした全く違った見方からの声や主張には特に耳を傾けなればならないのではないか。

彼の他には石田純一氏などが厳しいしがらみの中頑張っているように見えるし、彼らの孤軍奮闘の頑張りに刺激を受けて、勇気を持って彼と同じように違った視点から自己主張を行なう芸能人がもっともっと出てくればいいんだけど…今後もりゅうちぇるのことはボクも応援していこうと思うよ。

そうね!
私も、最近は特に、権力に完全に飼われた”社畜芸能人”みたいな人ばっかりな中で、りゅうちぇるがこんなに突き抜けた生き方をしているカッコいい人だったなんて思わなかったし、これからは精一杯彼のことを応援していこうと思うわ!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket