【オバマ大暴走】米、ロシアからの「サイバー攻撃」を理由に駐米ロシア外交官35人に退去命令!プーチン「我々は対抗措置はとらない」

Pocket

どんなにゅーす?

・米オバマ政権は、「(ヒラリーが落選するように)ロシアがサイバー攻撃を行なっていた」との理由で、その報復措置として、アメリカに駐留しているロシアの外交官35人を国外退去するように命令を出した。

・当初ロシアも、ラブロフ外相が駐ロシアの米外交官35人を国外退去させる構えを見せていたものの、プーチン大統領がこれを却下。その後「この件に対しては報復措置は行なわない」ことを強調し、ロシアはアメリカの暴走をなだめ、世界大戦への緊張状態を緩和させるように努めている。

スポンサーリンク

“サイバー攻撃” 米オバマ政権 ロシアへの報復措置 発表

この問題はアメリカでことし6月、民主党のコンピューターがサイバー攻撃を受けて党幹部のメールが流出したもので、アメリカ政府は10月、大統領選挙に影響を及ぼそうとしたロシア政府の仕業だと発表しました。

これについてアメリカのオバマ政権は29日、報復措置を発表し、サイバー攻撃などに関わっていたとしてロシアの2つの情報機関と情報機関の幹部4人、それにサイバー攻撃を支援した3つの企業に対して制裁を科すと発表しました。

さらに、ロシアでアメリカの外交官に対する警察などによる嫌がらせが急増していることへの対抗措置として、アメリカに駐在するロシア大使館の外交官などロシア政府の当局者35人に対し、72時間以内に国外に退去するよう命じました。

オバマ政権は今月に入ってシリアやウクライナの情勢をめぐってロシアに対する制裁措置を相次いで打ち出しており、今回の報復措置の発表でオバマ政権とプーチン政権の関係が一段と悪化するのは避けられない見通しです。

【NHK NEWS WEB 2016.12.31.】

米外交官を追放せず=次期政権の出方待つ―ロ大統領

【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は30日、米国の対ロ制裁措置にもかかわらず、米外交官を追放しないと発表した。

大統領は声明で「報復する権利を留保する」と述べ、来月発足するトランプ次期米政権の出方を見守る考えを示した。

プーチン大統領は「米外交官のために問題をつくり出すことはしない。われわれは誰も追放しない」と強調。「ロシアにいる米外交官の子供全員を新年にクレムリン(大統領府)に招待する」と表明した。

ラブロフ外相はこれより先、米国への対抗措置として、米外交官35人を追放する構えを示したが、プーチン大統領はこの方針を取らなかった。

【Yahoo!ニュース(時事通信)2016.12.31. 】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ついに凶暴すぎる「本性」を全開にしてきたオバマ!「ロシア関与の根拠なし」と言われているサイバー攻撃をネタに、全面戦争突入間近の状態に

出典:Twitter

せなちゃん口開きssaレームダックのオバマさんが、最後の最後でいよいよその凶暴な「本性」を全開にしてきたわ!
ロシアのサイバー攻撃に関しては、CIAがこれを主張しているものの、いまだにその明確な証拠は出ていない状態で、アメリカ政府の中でもこの説を否定的に見ている人もいる状態みたいね。

こんな状態で、一方的にここまで強烈過ぎる攻撃を仕掛けてきた時点で、アメリカはロシアに全面戦争を焚き付けているのと同じよっ。

米国家情報長官、ロシアのハッカー攻撃を主張のCIAを支持せず

米国国家情報長官は、米大統領選でトランプ氏に加担するためにロシアがハッカー攻撃を行ったとする中央情報局(CIA)の主張に不支持を示した。ロイター通信が米国の3人の役人の消息筋の情報として報じた。

これより前、米国のマスコミには「ロシアのハッカー」がトランプ氏の勝利を死守しようとサイバー攻撃を行ったという記事が多数掲載されていた。その際、記事は情報源としてCIA内の消息筋を挙げている。 ロイター通信の消息筋の一人の話では、米国国家情報長官はロシアのハッカーがサイバー攻撃を行ったというCIAの分析を論破してはいないものの、攻撃がトランプ氏を支持する目的で行われたことを示す明確な証拠が欠如しているとして、CIAの出した帰結に不支持を示した。

【Sputnik 2016.12.13.】

管理人この前のトルコでのロシア大使暗殺ロシア軍機の謎の墜落から、かなりやばい雰囲気を感じていたけど、これだけにも飽き足らず、ついにここまでオバマが本気で「暴走モード」に入ってきたね。

オバマはさらにこれだけではなく、イスラエルのパレスチナでのユダヤ人入植活動を非難する決議案を(影で)主導し、イスラエルを激怒させる行動もとっており、これもイスラエルを暴走させ、核戦争を誘発させる危険を大きく増幅させるものだ。

最近のオバマの行動は、どう見ても第三次世界大戦を引き起こすためにあちこちで火を放っているようにしか見えず、(ネオコン戦争屋の意向に従い)レームダック状態の中、世界を一気にカオスに引き込むような狂気じみた行動に走りまくっている

この動きは非常に危険であり、何とかこのアメリカの暴走を止めない限り、第三次世界大戦もいよいよ現実化してきてしまう様相だ。

 

プーチンはオバマの暴走をなだめ、第三次世界大戦の泥沼に進まないよう、必死に事態の収束を図っている

せなちゃん素ssaa今の時点でロシアが強硬的な手段に出れば、冗談ではなく米露全面戦争になる局面まで来ているけど、プーチンさんはここまでオバマさんにやられまくっているのに、とにかく大人の対応に徹して、「報復措置は行なわない」ことを強調して、事態の収束を図っているわ。

この構図はどう見ても、アメリカ側が一方的にロシアを挑発し、痛めつけまくっている状態で、本当なら国際社会はアメリカを徹底非難しなければいけない状況なのに、いまだに日本や西側メディアは、いかにも「ロシアが元凶」みたいな扱い方で、アメリカを批判するような報道がほとんど皆無なのは完全に異常事態よっ。

管理人シリア停戦から今までのアメリカ側の行ないは、どこをどうみても暴虐の限りを尽くしていて、一方的にロシア側がそれを甘んじて受けている状態だよね。

ロシア大使が暗殺された時点でかなり緊張がピークに達していたし、この時点でロシアは報復措置に出てもおかしくない状態だったけど…これでもロシアが静かに耐えているもんだから、お次はロシア軍機を墜落させ(?)、それでも我慢しているので、今度はロシア大使を国外退去という…(この記事でも書いたけど)こういうのを見ても、オバマがいかに粘着質で恐ろしい本性を持つ人間かがよく分かるだろう。

ちなみに、トランプは今回のプーチンの大人の対応を賞賛しており、彼が大統領になれば、恐らくこうしたロシアへの執拗な嫌がらせはひとまずは収まるように思えるけど…とにかくも、この件を見ていると、いかに西側メディアがデタラメばかりを書いているのかよく分かるし、特に米露問題に関しては、絶対にこうしたメディアの報道や論調を鵜呑みにしないように気をつけよう

(この件に関しては、様々な海外メディアを参照する必要があり、なかなか詳しい実情を伝えるのに手間がかかってしまう状況だ。)

せなちゃん素ssaaとにかく、世界が戦争に巻き込まれてしまうかどうかは、プーチンさんの対応一つにかかってきている状況ってことね。

トランプさんが一体どのような采配を振るうのかはよく分からないけど、とにかく、(親イスラエルの姿勢を示している彼が)イスラエルが暴走向かうのを沈静化させ、ロシアと協力関係を築くことで、少しでも全面戦争の危機が遠のくのことを祈るばかりだわ…。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA