【衝撃事故】東京港区六本木のマンション、足場を解体中に鉄パイプが落下し通行人に突き刺さる!77歳の男性が死亡


妻の目の前で男性が…現場に悲鳴が響きわたる

スポンサーリンク

六本木で鉄パイプが通行人に突き刺さり死亡
1

警視庁などによると14日午前10時前、港区六本木のマンションで足場の解体作業中、10階部分から鉄パイプが落下した。鉄パイプは長さ約1.9メートルで、マンションの前の六本木通りを歩いていた通行人の男性の頭の右側に突き刺さったという。

目撃者「男性が倒れていて血だらけだった」

【東洋経済ONLINE(日テレNEWS24)2016.10.14.】

管理人何とも痛ましい悲劇の事故が起こってしまった

報道によると、14日の午前中、東京・港区六本木の改修中のマンションの現場で、作業用の足場を解体している作業中に、10階部分からおよそ1.9メートルの鉄パイプが落下
これが、ちょうどすぐ下を奥さんとともに歩いていた男性(77)に直撃。
鉄パイプは男性の頭部の右側に突き刺さり、そのまま貫通。すぐに病院に搬送されたものの、死亡が確認されたとのことだ。

目撃者の話によると、現場には倒れた男性の大量の血が道路上に流れ出し、横にいた奥さんの悲痛な叫びが響きわたっていたという。

 

落下物防止用の設備が設置されていたものの、一部取り付けられていない箇所が

あおいちゃんかなり困りssaそんな、、、なんて痛ましい事故なの…!?
重大な事故に繋がる可能性がある分、こういう作業は絶対にミスが起きないように万全の対策をした上でやらなければいけないはずなのに…。

管理人確かに、わざとじゃないとはいえ、絶対にあってはいけない事故だね。

現場の足場には、落下物を受け止めるための設備が取り付けられていたんだけど、一部の範囲でこれが取り付けれておらず、男性はちょうどこのエリアで倒れていたということなので、ここにさえ落下物防止設備が設置されていれば防げた悲劇かもしれない。

警察は業務上過失致死の疑いも含めて調べを進めるみたいだけど、二度とこういう痛ましい事故が起こらないように、事故防止を徹底的に行なってほしいものだ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA