ディズニーの恐ろしすぎる「闇」!東京大空襲を促すプロパガンダ映画に、正力松太郎との原発協力!


どんなにゅーす?

・リテラが、ディズニーの恐ろしい「裏の顔」を詳しく紹介。

・ディズニーが1943年に制作したアニメ映画「空軍力の勝利(Victory Through Air Power)」の中では、東京大空襲の必要性を説き、日本の街が火の海にされているシーンが盛り込まれていることを解説。

・さらに、ディズニーは「わが友原子力(Our Friend the Atom)」という映画も制作。原発の素晴らしさを訴えながら、日本の「原子力の父」正力松太郎とも協力し、日本での同映画の放映を通じて、日本の原発政策を促したという。

スポンサーリンク

ディズニーが「東京大空襲」をけしかけていた! 戦後は原発の旗振り役に…日本に災厄もたらすディズニーの黒い顔

そんな日本でも大人気のディズニーだが、実はかつて、日本人の大量殺戮を煽る映画をつくっていたのをご存知だろうか。

その作品とは第二次大戦中の1943年にアメリカで公開された『空軍力による勝利(原題:Victory Through Air Power)』。日本ではソフト化されておらず、知る人ぞ知るこの作品を、映画評論家の町山智浩氏が新著『最も危険なアメリカ映画』(集英社インターナショナル)で紹介し話題となっている。

~省略~

そして、第二幕に入ると、この映画の原作本『空軍力による勝利』の著者アレクサンダー・P・デ・セヴァルスキー氏が登場。彼は、日本は南太平洋の島々に基地をもっているが、いくらそれらを叩いてもそのたびに自国の兵隊に死傷者が出るばかりでいっこうに本体は叩けないと現在の戦況の問題点を説明する。そして、航空機で日本の本土を攻撃するべきだと、戦略爆撃の必要性を強く主張するのだ。

そして映画のラストは、アニメーションで日本の都市に大量の爆弾が投下され街が燃え盛る様子が生々しく描かれた後、星条旗がたなびくカットで幕を下ろす。

米空軍による日本本土への戦略爆撃、空襲が本格化するのは、この映画公開の翌年、1944年からである。この日本本土空襲は200以上の都市で行われ、軍事施設だけでなく、多くの一般市民が被災。東京大空襲では11万人、合計では30万人以上が死亡したといわれている。

~省略~

しかも、ディズニーが日本に大きな災厄を与えたのは、戦争中だけではなかった。東日本壊滅寸前の事態を引き起こした原子力発電所を日本が導入することになった経緯にも、ディズニーは深く関わっている。

1950年代、米国政府はアメリカ製の原発を同盟国に導入させようと、さまざまなルート、方法を使って各国に売り込みを行っていた。その先兵となっていたのが、ウォルト・ディズニーとディズニー本社だった。ディズニーはプロパガンダのために、実写とアニメを組み合わせた『わが友原子力(原題:Our Friend the Atom)』なる映画を製作しているが、この映画は、アラジンの魔法のランプのアニメーションなどを用いつつ、使い道さえ誤らなければ原子力は、人類にとても大きな力をもたらしてくれる「友」であるとメッセージを送るもので、ウォルト本人もホスト役として出演していた。

~省略~

ちなみに、日本でこの映画の公開に尽力したのが、初代原子力委員長で「原発の父」ともいいわれる正力松太郎率いる読売グループだった。有馬哲夫氏の著書『原発・正力・CIA』(新潮新書)によると、正力は当時、CIA の意向を受けて、原発を日本に建設させるために、さまざまな工作を行っており、そのひとつが、ディズニーの『わが友原子力』の系列の日本テレビでの放映だったという。

【リテラ2016.11.5.】

スポンサーリンク

↓問題のディズニー映画「空軍力による勝利」の一部(カラーリメイク版?)

↓「空軍力による勝利」の全編

↓「わが友原子力」

にゃこちゃん驚きssaディ、ディズニーって、昔はこんなに怖い映画を作ってたのかにゃ!?
「空軍力の勝利」なんか、日本が完全に火の海にされちゃってるにゃ~!!

管理人「空軍力の勝利」は、ディズニー自身が、かなり本腰を入れて制作した映画みたいで、「ナチス・ドイツや日本を倒すにはどのような戦略を取ればいいのか?」といったことを熱を込めながら解説。
特に、日本を徹底的に米国民に敵視させる意図があったようで、最後のクライマックスでは、米軍機が落とした大量の爆弾によって日本の街が徹底的に焼き尽くされる様子が丁寧なアニメーションで表現されている。

さらには、日本を邪悪な大ダコアメリカを勇敢な鷹に見立てて描いており、鷹が大ダコをやっつけると、最後にアメリカの星条旗がたなびくシーンはとても印象的だ。

ちなみに、この映画が上映された翌年から日本への空襲が本格化し、合計30万人以上の日本人がアメリカの空襲で亡くなったということだ。

スポンサーリンク

ディズニーが戦争賛辞&優生学思想の悪魔崇拝者(イルミナティ)であったことを示唆する貴重な資料

管理人映画「わが友原子力」では、原発の素晴らしさをディズニー本人も登場しながら作品中で解いており、日本テレビ&読売新聞の当時の社長であり、「原子力の父」でもあったCIAエージェント、正力松太郎と協力しながら、この作品を通じて日本に原発を根付かせる活動に尽力したという。

ボクは、アメリカが日本にここまで原発を大量に作らせたのは、日本各地に「テロの標的」を生成させる目的があったものと見ているけど、ディズニーは、ここでも日本と日本人の生命を脅威に晒す活動に積極的に参加したということだ。

こうした思想や活動は、この記事で紹介したトルーマン大統領とも共通するものがあり、ディズニーも、日本人を「黄色い猿」として”搾取する対象”として見ていただけでなく、大量に殺戮することに関しても、なんの躊躇も持っていなかったことを示唆しているといえる。

つまり、前から言われていた通り、やはりディズニーもフリーメイソン(イルミナティ)の一員であり、悪魔崇拝者だった可能性が高いということだ。

にゃこちゃん怒り心頭ssaそ、そんなの酷すぎるにゃ~~!!

こんなにも日本人をバカにしまくってたくせに、ちゃっかり日本にディズニーランドなんか作っちゃうしっ、おまけに大勢の日本人がディズニーをありがたがって、みんな「夢の国」でディズニーに心酔しきっちゃってるにゃ~!!

管理人これこそが、CIAが日本にもたらした究極の「愚民化政策」ってことだね。

ディズニーの至るところに「悪魔のシンボル」が組み込まれているみたいだし、こんなものは出来る限りボクたちは触れるもんじゃないんだけど…残念ながら、連中の思惑通りに、みんなまんまとはまりこんじゃっているからね。

 

まとめ

にゃこちゃん困りssaこの映画を観て、ディズニーの恐ろしさがとっても良く分かったにゃ。
「甘い世界」でにゃこたちを呼び寄せて、知らない間に変な思想を埋め込みに来るんだにゃ。

ハロウィーンの悪魔崇拝の記事でも出てきたけど、やっぱりディズニーはかなりヤバイにゃ

管理人しかし、日本のメディア界でもディズニーの権力は絶対的なのに、よくぞリテラはこんなすごい記事を出してきたね
さすがは、リテラといったところだ。

どうか、こうした記事を通じて、少しでも日本のみんなが深い「愚民化洗脳」から目覚めて欲しいところだよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA