(東京五輪も酷いけど)リオ五輪もかなりグダグダな件!国内暴動&ジカ熱で中止or延期案も!

Pocket

↓東京のみならず、リオ五輪も中止の危機!?

引用:NAVERまとめ
スポンサーリンク

専門家150人がリオ五輪の中止また延期をWHOに提言

リオ五輪、開催地変更か延期を ジカ熱で専門家150人が公開書簡

ジカウイスルへの懸念からリオデジャネイロ五輪の開催地変更か延期を求めて世界各国の医師や科学者、研究者ら150人が署名した世界保健機関(WHO)に宛ての公開書簡が27日、公開された。

米国、英国、カナダ、ノルウェー、フィリピン、日本、ブラジル、南アフリカ、トルコ、レバノンなどの専門家らが署名したこの公開書簡は、ブラジルでジカウイルスの影響を2番目に強く受けているリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)での五輪開催は「無責任」で「非倫理的」だと述べている。

【AFP2016.5.28.】

_1461695595.81599_970ssおやおや、東京五輪だけじゃなく、リオ五輪の開催も色々と危ぶまれ始めてきたみたいだぞ!

最大の理由は、上の記事にも書かれているように「ジカ熱」であるようだ。
ちなみに、ジカ熱というのはヤブ蚊を媒介とする感染症で、一時期日本でも話題になったデング熱にも似ていて、38度以上の発熱や発疹や関節炎などの症状が見られるものの、デング熱よりも一般的には症状は軽いとのことだ。

ジカウイルス感染症とは(国立感染症研究所)

ただ、このジカ熱でやっかいなのは、妊娠している女性に感染した場合、胎児が頭が異常に小さくなって、頭や脳の機能が止まってしまうという「小頭症」に罹ってしまう可能性が高まり、これがかなり怖いということみたいだ。

「ジカ熱」について知っておくべきこと。赤ちゃんの「小頭症」が急増(ハフィントンポスト)

小頭症の発生原因は今までよく分かっていなかったみたいだけど、近年のジカ熱が流行しているブラジル国内で小頭症に罹った状態で生まれてくる赤ちゃんが急増していることから、ジカ熱が原因の一つになっているとする見方が多いようだね。

みはるちゃん驚きssな・・・なんだかブラジル国内は、かなり大変なことになってるみたいですねぇ。こんなんでオリンピックを開催して大丈夫なんでしょうかぁ?

_1461695595.81599_970ssブラジル国内の問題はこれだけではない。

最近入ってくるニュースでは、ブラジル国内の治安が非常に悪いということだ。
強盗や窃盗なんかは日常茶飯事で、やはり世界的にも無防備な日本人観光客が狙い撃ちされるケースも多いみたいだ。

外務省の情報によると、「ブラジリア連邦区、サンパウロ州大サンパウロ圏及びカンピーナス市、リオデジャネイロ州大リオ圏、アマゾナス州大マナウス圏、パラー州大ベレン圏、ペルナンブコ州大レシフェ圏、バイア州大サルバドール圏、エスピリトサント州大ビトリア圏、パラナ州大クリチバ圏及びリオグランデドスル州ポルトアレグレ市は「十分注意してください」」となっています。

【【ブラジル】治安は大丈夫?旅行する時に気をつけるべき6つのこと】

おまけに近年は政府に対する不満から、反政府の暴動なんかが起こることも多いみたいだから、普段から治安のいい場所に慣れている日本人は特に注意するべきだと思う。

みはるちゃんかなり困りssaなんか、東京だけじゃなく、リオ五輪も色々問題山積なんですねぇ…。治安の悪さに加えて、ジカ熱もとってもこわいですぅ。

_1461695595.81599_970ssこんな専門家達からの提言に対して、WHOは「問題ない」との見解を出していて、新たな大きな問題が発覚しない限り、今のところ強引にリオ五輪は開催される見通しみたいだ。
なんせ、色々な部分でかなりお金と労力を掛けて準備を進めてきちゃったから、よほどのことがない限り、「後には引けない」ということだろう。

その点で、まだ開催まで時間がある東京は、逆に中止になる可能性は結構あると思うよ。
そもそも、ここまで仰々しい準備と規模とお金、そしてなにより、裏で「一部の上級貴族」が美味しい蜜をたっぷりと吸っている「オリンピックのありかた」について、世界の人々が真剣に考える時期に差し掛かっているのかもしれないね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket