民進党・蓮舫代表が辞意を表明!都議選敗北の引責で!野田幹事長の辞任だけでは党内部の批判を抑えられず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年7月27日午後、民進党の蓮舫代表が代表を辞任する意向を発表した。

・都議選敗北の責任論が噴出する中、野田幹事長を辞任させることなどで党内の批判を沈静化させようとしたものの、党内の混乱は収まらず自身の辞任を持って挙党態勢を整える他なくなった模様。

スポンサーリンク

民進の蓮舫代表が辞意表明 後任、前原氏や枝野氏ら軸か

民進党の蓮舫代表は27日、臨時役員会を開き、代表を辞任する意向を表明した。都議選で惨敗を喫し、野田佳彦幹事長の交代を含む執行部人事を行う意向だったが、批判がおさまらず、辞任は避けられないと判断したものとみられる。

昨年9月に代表に就任した蓮舫氏は、10月の衆院2補選で大敗。「提案路線」を掲げ、原発稼働を2030年にゼロにするとの目標表明を主導したが、党内外の反発を受けて断念した。都議選は地元でもあり、求心力回復の試金石だったものの、公認候補の離党が相次ぎ、安倍政権批判の受け皿ともなり得なかった。

【朝日新聞 2017.7.27.】

出典:Twitter(@renho_sha)
スポンサーリンク

スポンサーリンク

現時点で新代表として枝野氏や前原氏の名前が浮上

蓮舫代表が民進党の代表を辞任することを発表しましたね。
こうした動きを見る限り、民進党は解党せずにそのまま残り、新たな代表を据えることで再生を図っていくことになりそうです。

うーむ。代表を辞めるなら、もっと都議選敗北直後に野田氏とともにスパッと辞任すべきだったように思うけど、変にズルズル残っていたせいで、二重国籍問題やらなにやら、さらなる混乱と党に対するネガティブイメージをますます振りまいてしまっており、明らかに辞め時を誤ってしまった感はあるね。
まあ、ボクも蓮舫氏の政治手腕については懐疑的に見ていたクチだったので、この辞任自体は悪くない気はしているよ。

しかし、ここまで来れば思い切って「創造的破壊」を行ない、かなり大胆に野党再編を行なわない限り、野党の再結束は中々難しいと考えていたので、民進党がそのまま残り、「何とか再建を図る」という手は果たしてどうなんだろうか
現時点で挙がっている名前としては、枝野氏と前原氏の2名だけど、とにかくも前原氏だけは勘弁してもらいたいところだ。

前原氏は民主党政権当時の「党内分裂」に大きく寄与した議員ですからね。
最近になって、前回の「失敗」を認めて、野党共闘を前向きに考えているような様子を見せていますが、今ひとつ信用できない部分がありますね。

当時の小沢&鳩山による(強かった頃の)民主党を崩壊に導いたのは、既得権を持つゼネコンやグローバリストと繋がる財界、ネオコンと繋がる軍産、日本を傀儡として操っている米CIA、これらにおもねるマスコミの力などが大きかったと考えているけど、これに加えて、民主党の中にこれらの勢力と繋がる「スパイ議員」が内部から破壊工作を行ない、小沢氏と鳩山氏を民主党から追い出し、失脚を強く後押しした痕跡が見られる。

前原氏と言えば、その筆頭とも言えるような議員だし、こうした”前科”がある以上、いくらしおらしく振舞っても、個人的には危険すぎてとても代表を任せられる気にはならない
その点で行くと、枝野氏の方が、労組とのつながりや表現規制反対など、市民派のイメージを比較的前面に出しやすく、自民系との対立軸を作りやすいのと、知性派で弁が立つ面もある(安倍総理がもっとも苦手なタイプ)ので、前原氏に比べるとかなりマシな感じはする。

それか、思い切って若手に新代表を任せていくのも、党のイメージを刷新していく上ではいいのかもしれないね。

他には、山尾さんや玉木さんなどの名前が出てきているみたいですね。
今ひとつ、強いリーダーシップを持っているキャラが立つ議員が中々見当たらない状況ですが、今後の民進党の新代表選出の動きについて、よく見ていこうと思います。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket