「ランサムウェア」によるサイバー攻撃が世界的に多発!日立製作所や日産英国工場も被害!その他多数のユーザーからも報告が相次ぐ!

Pocket

どんなにゅーす?

・使用中のPCがロックされ、身代金を要求するタイプのコンピューターウィルス「ランサムウェア」によるサイバー攻撃が世界中で多発している。

大手企業など含む世界70カ国以上で被害が報告されており、日本でも日立製作所や日産自動車の英国工場などが被害を受けているとのこと。さらに、把握されていないものを含めると相当数の被害が推測されるという。

スポンサーリンク

日立製作所 サイバー攻撃で社内システム一部に障害

ネットに被害情報相次ぐ

インターネット上では、今回のサイバー攻撃の被害が各国で表面化した13日以降、職場などでの被害を訴える書き込みが相次いでいます。

このうち短文投稿サイトの「ツイッター」では、日立製作所とそのグループ会社をめぐり、「商品発注システムがニュースでやってたサイバー攻撃を受けてダウンしている模様」とか、「日立がサイバー攻撃を受けているようで電話FAXも全滅」といった書き込みのほか、日立製作所が運営する病院の名前を挙げて「サイバー攻撃にあったそうです!」と伝えるものもあります。こうした情報は日立製作所でも把握していて、現在、グループ会社なども含めた詳しい被害の状況を調べているということです。

このほかインターネット上では、企業名は分かりませんが、「5時起きで出勤したのに、ウイルス感染で社内システムが使えない状態」とか、「噂のランサムウェアに我が社もやられたらしい」など平日を迎えた15日朝から被害を訴える書き込みが相次いでいます。

【NHK NEWS WEB 2017.5.15.】

日産英工場にも被害…サイバー攻撃100か国に

英BBCなどは、英米露など約100か国・地域で約7万5000件の被害が出たと伝え、日産自動車の英工場にも影響が及んだ。オランダ・ハーグの欧州警察機構(ユーロポール)は13日、「攻撃は前例を見ない水準だ」とする声明を発表し、国際協力を呼びかけた。

~省略~

英国のラッド内相によると、全国民が無料で診療を受けられる国民保健サービス(NHS)を提供する248団体のうち、48団体でコンピューターが使えなくなった。同団体が運営する病院で診療や手術を相次いで中止。13日午後4時(日本時間14日午前0時)時点で6団体が復旧していない。

【読売新聞 2017.5.15.】

スポンサーリンク

現在、世界中でランサムウェアによる大規模なサイバー攻撃が相次いでいるようです。
日本でも大手では日立製作所や日産自動車の英国工場などで被害が発生している他、その他多くの中小企業のオフィスや個人ユーザーの間などでも被害が発生している可能性があるとのことです。

うむ。ツイッターでもこの件に関して様々なツイートが大量に投稿されている感じだね。

 

ちなみに、ランサムウェアとは、少し前からちまたでも頻繁に注意喚起されてきたウィルスで、簡単に言うと下記のようなものだ。

「ランサムウェア(Ransomware)」とは?

ランサムウェアとは、感染したPCをロックしたり、ファイルを暗号化したりすることによって使用不能にしたのち、元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求する不正プログラムです。身代金要求型不正プログラムとも呼ばれます。

脅威内容

スパムメールや、改ざんした正規サイトから、脆弱性を攻撃する不正サイトへ誘導され、ランサムウェアに感染
ランサムウェアが活動開始すると、感染PCの特定機能を無効化し操作不能にする、もしくは、データファイルを暗号化し利用不能にする、などの活動が行われる
PCを感染前の状態に戻すことと引き換えに金銭の支払いを要求する画面が表示される

影響と被害

感染PCの有効な操作ができなくなる
感染PC内のファイルやネットワーク共有上のファイルが暗号化され、利用できなくなる(ランサムウェアの駆除を行っても暗号化されたまま残る)
要求された「身代金」を支払うことによる金銭的な被害

【Trend Micro】

↓ランサムウェアに感染した際のPC画面の一例。

出典:YouTube

 

米NSAが作成したハッキングツールをベースにウィルスを作成か?

一部報道によると、アメリカ国家安全保障局(NSA)が作成したハッキングツールの一部がこのウィルスに流用されているとの情報が出てきていますね。

今回は何者の仕業によるものかは、分かっていない。FOXニュースによると、攻撃に使用されたソフトウエアには、アメリカ国家安全保障局(NSA)から流出したとみられるハッキングツールが含まれていた。

【ハフィントンポスト 2017.5.13.】

うむ。アメリカは世界中のあらゆるコンピューターを覗き見したり、乗っ取る技術を本格的に研究してきており、すでに、(Vault7スノーデン文書などによって)全世界のPCの利用者の動向を自由に収集できたり、電子メールや通話の内容も全て傍受できる技術を確立していると言われているけど…今回の一件の背景を聞くと、世界にある種の危機感を醸成するための「自作自演」や「実験」などの可能性も疑いたくなってきてしまうね。

いずれにしても、このサイバー攻撃を仕掛けている大元は不明「シャドー・ブローカーズ」というハッカー集団によるものでは?との情報も)とのことだけど、ボクたちが出来ることとしては、ウィルスソフトを最新のものにしておくこと、(海外アダルトサイトなどの)怪しげなウェブサイトは見ないこと、スパムメールなどの覚えのないメールの添付ファイルを開かないこと、などが挙げられるかと思う。

そして、万一感染してしまった際には、(さらなる感染を防ぐために)すぐにインターネットから切断すること、それから、あらかじめPCの内容をこまめにバックアップを取っておくことも大切かと思うよ。

どうも今回の騒動は不明な点が多いですが、私たちも日頃から頻繁にインターネットを使用しているPCユーザーとして、日頃よりしっかりと防御策を講じておくことが大切ですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket