韓国パク・クネ元大統領が逮捕!サムスングループからの43億円相当の収賄や機密文書流出の疑いで!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月31日の未明、史上初めて罷免により失脚した韓国パク・クネ元大統領が逮捕された

・パク容疑者はサムスングループの実質的なトップであるイ・ジェヨン被告から43億円相当の賄賂を受け取った疑いや、自身が心酔していたチェ・スンシル被告に機密文書を流出させた疑いが持たれており、検察側の「証拠隠滅や逃亡の恐れがある」との主張をソウル中央地裁が認めたために、逮捕に踏み切ったという。

スポンサーリンク

韓国の朴槿恵前大統領を逮捕 収賄や機密文書流出容疑

韓国検察は31日未明、前大統領の朴槿恵(パククネ)容疑者(65)を収賄や職権乱用などの疑いで逮捕した。朴容疑者の支援者のチェ・スンシル被告(60)の国政介入疑惑に端を発した一連の事件は、国会の弾劾(だんがい)訴追による初めての大統領罷免(ひめん)を経て、逮捕に発展した。

韓国で大統領経験者が退任後に逮捕されたのは、1995年に内乱罪や不正蓄財などに問われた盧泰愚(ノテウ)氏と全斗煥(チョンドゥファン)氏以来、22年ぶり3人目。

ソウル中央地裁は30日午前10時半から、朴容疑者に対する逮捕状の審査を行った。同日夜まで朴容疑者に対する審問を開き、31日午前3時すぎに逮捕状を発付した。主要な嫌疑が相当程度立証され、証拠隠滅の恐れがあるとの検察側の主張を受け入れ、逮捕の必要性や相当性が認められるとした。

検察の逮捕状請求書によると、容疑はチェ被告と共謀したとされる事件の13件。サムスングループの事実上の経営トップでサムスン電子副会長の李在鎔(イジェヨン)被告(48)らから約束分も含む総額433億ウォン(約43億円)の賄賂を受け取ったり、チェ被告に大統領府の機密文書を流出させたりした疑い。

【朝日新聞 2017.3.31.】

最長20日 朴前大統領、独房に勾留される

友人の崔順実被告による国政介入事件で韓国の検察は、31日未明、朴槿恵前大統領を収賄などの容疑で逮捕し、朴容疑者の身柄はソウル近郊の拘置所に移された。

逮捕された朴前大統領は、31日午前4時40分ごろ、ソウル拘置所に入った。警察が歩道を封鎖するなど、警戒態勢が続いている。

~省略~

韓国メディアによると、朴容疑者は拘置所に入った後、身体検査を受け、他の容疑者と同じ服に着替えた後、独房に勾留されたという。検察は最長20日間、朴容疑者を勾留して取り調べを行った後、起訴するかどうかを判断するが、すでに崔被告らが起訴されており、朴容疑者の起訴も避けられないものとみられる。

【日テレNEWS24 2017.3.31.】

スポンサーリンク

パク元大統領の逮捕劇にも、なぜかあまりセンセーショナルに報じなくなった日本マスコミの「事情」

日本以上に長期間激しい混乱が続いている韓国では、ついに元大統領のパククネさんが逮捕される事態にまで発展しました

面白いことに、森友疑獄が勃発する前は、安倍政権の悪政隠しの目的の元にしきりにパククネ問題をワイドショーなんかがこぞって大騒ぎしていた感があったけど、なぜか、最近はあまりこの件を報じなくなった感じだし、今回の逮捕劇についてもあんまりセンセーショナルに報じていない感じがするね。

これというのも、恐らく韓国トップの不祥事や政権内の腐敗と安倍政権の森友疑獄とを日本の視聴者が比較したり結び付けてしまうのを嫌がっているんだろうし、現在ではメディア全体で籠池氏のネガティブ報道を徹底的に繰り返すことで、籠池一家に全ての罪を覆い被せることで、この疑獄を闇に葬り去ろうという政権側の思惑による「世論工作」が大々的に展開されている状況だと言えるだろう。

韓国を見ていると、日本よりもよほど検察や警察が機能している感じがしますし、権力層にも容赦せずに調査や逮捕に踏み込んでいる様子が見られますね。
こういうのを見ても、日本の警察や検察、司法がいかに権力側に取り込まれてしまっているのかを感じてしまいます。

日本もせめて韓国くらいの三権分立が機能していれば、とっくに何度も逮捕されているような大物政治家が何人もいる感じだからね。

森友問題(加計問題も)の政治家への口利き疑惑についても、いまだに検察が動こうとしないのもかなり不可解だし、こういうニュースを聞いても、日本がいかに民主主義とは程遠い現状に置かれてしまっているかを感じてしまうね。

韓国では、この疑惑について数十万人規模のデモに発展するなどして、多くの国民が政治に強い興味を持った上で自己主張をしている感じだし、こういう国民による政治に対する関心や姿勢が検察の調査を後押している部分はあるかと思う。

どうか日本ももう少し、国民自身が政治に参加する能動的な意識を持つようになり、社会や政治の不条理やおかしいと思ったことについて、しっかりと自己主張できるような国民性が育っていって欲しいものだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket