【ほ~】爆笑問題太田光がサンジャポで日本会議について言及!「この団体が一体どういう風に日本をしようとしているのか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月19日に放送されたTBS系「サンデージャポン」の中で爆笑問題の太田光が日本会議について言及する場面があった。

・スタジオ内では、森友事件を積極的に追っている作家の菅野完氏を批判するような意見が飛び交っていた中、太田光はこれらとは違う視点でコメント。「この人の目的は政治家の関与とかよりずっと先にある」と口を開き、「いわゆる『日本会議』っていう政治団体が、どういう風に日本の戦後をしようとしているのか」「この人(菅野氏)も別の立場で、日本の戦後をどう捉えるかが最終的な目標としてある」などと菅野氏や日本会議について踏み込んだコメントをしたことで、スタジオ中が沈黙する事態になった。

スポンサーリンク

太田光の発言にスタジオ静まる「いわゆる『日本会議』っていう政治団体が」

スタジオでは、菅野氏について懐疑的な意見も飛び交う中、太田が「この人の目的は政治家の関与とかよりずっと先にある」と発言したのだ。続けて、「いわゆる『日本会議』っていう政治団体が、どういう風に日本の戦後をしようとしているのか」「この人(菅野氏)も別の立場で、日本の戦後をどう捉えるかが最終的な目標としてある」と推測すると、スタジオが一気に静まり返る。

さらに太田は、今回の問題について「政治と金」の問題で終わらせずに、“戦後の日本”について考えるチャンスとして捉えるべきだと主張。そして議論は、論客が激しい討論を繰り広げる「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)のような場所ではなく、ワイドショーレベルで皆で話し合った方がいいのではないかと提言していた。

太田の主張でスタジオが静まる中、デーブ・スペクターは「今までそれ(日本会議)は触れられなかった」「日本会議の議論はさておいて、言葉や表現ですらしなかった。そういう意味では良い進歩だと思う」と話し、一定の理解を示したのだった。

【livedoorNEWS(トピックニュース) 2017.3.19.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

爆笑太田が久々にタブーに切り込む発言を行ないスタジオが凍りつく!日本会議が「触れてはいけない存在」であることを改めて証明することに

出典:カミヤンのぶろぐ

安倍政権になってから「悪い意味」で空気を読んで、政治的に自由な発言を封じちゃってる印象があった太田さんが、ほんとに久々に、スタジオが凍りつくほどの一線を越えた発言をしたみたいね。

やっぱり大手メディアでは、「日本会議」について語ったり論じることは、絶対にやってはいけないほどの最上級のタブーなのは確かみたいね。

うちのサイトでも、こうした大手メディアの論調と完全に同化するように、菅野氏に対する悪口雑言や人格攻撃、信憑性が損なわれるような印象操作目的のコメントが次々入るようになって来ていて、どうやら、籠池氏が安倍政権に反旗を翻すきっかけになっただけでなく、日本会議について長年詳しい研究や取材を重ねてきた菅野氏に対して、とにかく彼を業界から消し去ろうと日本全体で激しい工作活動が展開され始めたと見てよさそうだ。

やはりサンジャポの番組内でも、森友事件の本質から完全に目を逸らさせた上で、菅野氏をバッシングする空気をスタジオ全体に作り出していたみたいだけど、その中で太田氏がいい意味でその空気を打ち破り、日本会議というものの「入り口の入り口」を語ったみたいだね。

たったこれだけのコメントだけでスタジオが固まってしまうというのも驚きだし、(CIAのスパイとして強く疑われている)デーブ氏が何とか”あからさま”な空気を緩和させようと太田氏に(一見して)理解を示すようなコメントを発したみたいだけど、これを見ても、メディア界では日本会議について語るのはかなりの「タブー」であることが分かるね。

日本会議の正体を日本国民が真に理解しない限り、私は、この日本が大日本帝国の再来みたいな社会に変わっていってしまうのは避けられないことだと思っているわ。

それくらいに、(ある意味オウムと同じくらいか、それ以上に)日本会議は危険な団体だと思うの。

オウムの場合も、ああいう風になってしまった「背景」「真の理由」も、いまだに今一つ謎のままになってしまっているけど、オウムが(安倍総理の祖父が設立にかかわったといわれる)統一教会とも関係があった(統一教会の元幹部がオウムにいたと言われる)という意味でも、日本会議もオウムとも完全に無関係ではないと思っているし、(日本会議と深く関わる政治家やこれに参加する数多くの新興宗教団体など全て含めて)これらはいずれも、IS(イスラム国)などと同じく、海の向こうのネオコン軍産複合体が作り出した、「日本を戦争のできる国に作り変え、いつでも戦争を起こす状態」を醸成させるために生成した”エージェント組織”だと考えている。

この記事でも、メディアが不自然なほどに触れたがらない日本会議について詳しく書いたけど、やはり、日本の大手マスメディアそのものがシオニストによるネオコン軍産複合体の一部であるからこそ、日本会議について詳しく報じることを避け、多くの国民がその実態を知ることをとにかく避けようとしているのだと思う。

この森友スキャンダルによって、日本会議についてもかつてよりはいくらか報じられるようにはなったものの、やはり今回の森友事件の本質や、あのような不可解すぎる出来事が起こった背景について正確に伝えようとするメディアは、ごく一部を除いてほとんどないし、インターネットでも、テレビ・新聞と同じく、この問題の本質を逸らそうとする動きが目立ち、なおかつこの問題をより詳しく暴露しようとし始めた当事者の籠池氏や、彼に協力する菅野氏などの悪評を徹底的に広めて、日本会議と安倍政権を全力で守ろうとする工作が大々的に展開され始めてきた。

まさに、日本会議こそが、安倍政権と密着しながら、日本の国そのものを大々的に作り変えようとしている「心臓部」と言ってもいい組織だし、様々な宗教を使いながら、国民の思想を巧みに操作・マインドコントロールし、軍産の利益のために戦争を引き起こす「目的」で活動しているという意味で、海外のISなどのイスラム系テロ組織やフリーメイソンなどともとてもそっくりな手法を使っていることがよく分かる。

太田光氏などのテレビタレントが日本会議について言及できるのは、ここまでが限界かもしれないけど、最近すっかり権力に篭絡されている感のあった彼にしてはかなり頑張った発言だと思うし、ボクたち国民は、このようなメディアやネット工作員たちによるミスリードや工作活動に騙されず、問題の本質をもっと深く理解し、なおかつ大局的な視点で見ていくことが重要だと思っているよ。

窮地の籠池さんを助けようと、田母神さんやデヴィ夫人なんかが救済のための運動を始めたとのニュースも聞いたけど、こうなった今はどうしているのかしらね?

どっちにしても、安倍政権と日本会議本体を守るための、メディア&ネット工作員による最近の籠池叩き&菅野叩きはとっても分かりやすくて笑っちゃうけど、この森友問題がメディアが表面的に報じているような単純で浅い問題では全くないことは確かねっ。

どうやら、デヴィ夫人については、この書き込みを見る限り、今でも安倍総理らを強く批判して、籠池氏を守る方向で動いているみたいだね。

日本会議の内部でもかなりの分裂が起こっている様子だし、事態はますます混迷化しつつある様子だけど、今後の展開を注意深く見ていくとしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket