暴言の常連、自民党大西英男議員が「がん患者は働かなければいい」発言で謝罪&釈明!「患者の皆さまの気持ちを傷つけた」

Pocket

どんなにゅーす?

・過去に数々の問題発言を繰り返してきた自民党・大西英男衆院議員が、「がん患者は働かなければいい」との問題発言について謝罪・釈明した。

・大西議員は、受動喫煙対策について話し合われた自民党の厚生労働部会において、「がん患者は働かなければいいのではないか?」などとヤジを飛ばしていたことが判明。国民から多くの批判が出てきたことから、「がん患者や元患者の皆様の気持ちを傷つけたことを深くおわびしたい」と謝罪した。

スポンサーリンク

「がん患者は働かなければいい」と大西英男議員 東京16区選出のヤジ、放言の常連

受動喫煙対策を話し合う自民党の会合で、三原じゅん子参院議員の発言に、「がん患者は働かなければいい」とヤジを飛ばしたのが、度々放言で物議を醸している大西英男衆議院議員だったことが昨日(2017年5月21日)わかった。サンデーステーションが音声を入手したが、大西議員は「意味が違う」と否定している。

この会合は、先週15日の自民党厚生労働部会。参院議員の三原じゅん子氏が、受動喫煙対策は厳しくすべきだとの意見を述べ、「(がん患者は)自分の命がかかって治療している中で、喫煙されているところで働くことの苦しさはどういうものか……」といったとき、男の声で、「がん患者は働かなければいい」とヤジが飛んだ。

三原氏は、「働かなければいいという、そんな話ありますか」と怒った。「がん患者はそういう権利がないんですか?」と畳みかけると、男の声は「そういうことを言ってないでしょ、何も」といっていた。

【J-CASTニュース 2017.5.22.】

大西議員 がん患者「働かなくていい」発言 謝罪し釈明

自民党の大西英男衆議院議員は、党本部で、記者団に対し、先週、党内で受動喫煙対策を議論した際、がん患者について、「働かなくていいのではないか」と発言したことを認め、「患者や元患者の気持ちを傷つけた」として、謝罪しました。
そのうえで、大西議員は、「喫煙可能な店で働かなくてもいいのではないかという趣旨だった」と釈明しました。

【NHK NEWS WEB 2017.5.22.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大西議員の過去の反知性発言→「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」「マスコミ懲らしめるには広告収入をなくすのが一番」「巫女さんのくせになんだと思ったが、夜の札幌で説得しようと思った」

出典:YouTube

過去にも数々の下品で国民をバカにしきった発言を繰り返してきた、自民党の大西英男議員が、またも問題発言で謝罪したようだ。
今回は、職場の受動喫煙対策について話し合っていた場で、「がん患者は働かなくていいのではないか?」と放言。
がんに苦しんでいる人たちによる団体などから多くの抗議が寄せられたことから、この発言を謝罪したものの、「喫煙可能な職場で働かなくてもいいのでは?という意味だった」として、発言そのものの撤回はしていないみたいだね。
(ちなみに、大西議員は自民党の「たばこ議連」に所属しているようなので、タバコ業界から献金をもらっている可能性があるかもしれないね。)

またまた安倍政権の自民党議員がありえないような問題発言をしたのねっ!
しかも、過去にもこんなにたくさんの信じられない暴言を繰り返してきたのに、どうして今でものうのうと議員を続けられているのよ!?

ほんとに以前の発言を見ても、目を覆いたくなるくらいに酷いレベルのものが並んでいるね

ちなみに、この大西議員も、(安倍政権の他の多くの政治家と同様に)バリバリの日本会議議員で、神道政治連盟にも所属しているカルト宗教とズブズブの議員だよ。

国会答弁での不規則発言
2014年4月の衆議院総務委員会において、上西小百合の質問中に「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」と野次を飛ばす。当初は朝日新聞や共同通信の取材に対して「記憶がない」と述べていた[20][21]が、後に撤回してヤジを飛ばしたことを認め、上西に謝罪した[22][23]。なお、大西は都議会議員の頃から頻繁に野次を飛ばす「ヤジ将軍」として有名だった[24]。

北海道での発言
2016年3月24日、衆議院北海道第5区補欠選挙の応援で現地入りした際、神社の巫女から「自民党はあんまり好きじゃない」と言われた出来事を細田派の派閥会合で紹介し、「巫女のくせに何だと思った」と発言した上に、「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」「私は神社関係を中心に回ったが、私の世話を焼いた巫女さんが20歳くらいだった。投票が初めてだということだから、ひとつ口説いてやろうと思った」などと述べた[25]。

【ウィキペディア(大西英男)】

過去の発言を見てみても、公僕であるはずの自分自身が「特権階級」だと思い込んでいる上に、ガンに苦しんでいる社会弱者すらも、徹底的に見下している姿勢をお持ちみたいだけど、ここまで絶望的に勘違いしている「反知性議員」を当選させてしまう日本の現状は、かなり深刻といわざるを得ない。
しかも、この大西議員は2012年の安倍政権が政権を取った衆院選挙で初当選した議員のようで、まだ国政のキャリアはかなり少ないようだ。

そんな中で、ここまで傲慢の限りを尽くし、問題行為が絶えないのは、まさしく呆れて物も言えないし、次の選挙では絶対に当選させてはならない議員だと思うよ。

暴言の常連やら変態スケベ議員やら薬物疑惑議員やら、自民も維新もどうしてこうも揃いも揃って、反知性の下品な議員に埋め尽くされているのよぉ!!
これだけの事実だけを見ても、日本の政治は完全に終わりかけているわっ!

だからこそ、日本全体の知性や教養を底上げして、「反知性議員」をこの世から完全になくすことが喫緊の急務なんだよ。

今の国会議員は、安倍政権の自民や維新を中心に、民主主義や法治国家、立憲主義の原則すらも知らずに、ただアメリカ様に媚びていれば自分の権力が安泰だと思い込んでいるような、保身と私腹を肥やすことしか頭にない、究極の反知性&売国議員に溢れ返っているので、ボクたちがもっと率先して賢くなることで、こうした頭の悪い議員を一掃するようにどんどん行動を起こしていくことが大切なんだ。

ほんとにその通りね…。
この現状を変えていくのは結構難しそうだけど、私も常に謙虚な姿勢を忘れずに、もっとたくさん勉強して、日本を少しでもいい方向に変えられるように頑張っていこうと思うわ!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket